独立オブジェクトキャラクターも増加追加ダメージをする?ファーストサーバー バランス パッチチェック Arad is my life

独立オブジェクトキャラクターも増加追加ダメージをする?ファーストサーバー バランス パッチチェック 











-----

出典:http://df.gamechosun.co.kr/board/view.php?bid=report&num=2601893&page=7

9月20日ファースト サーバーに大規模バランス パッチがありました。主な問題は独立オブジェクト構造改善、全体的なキャラクターの上向き平準化などがあるのです。これによって発生するパワー インフレーションに対してもダンジョンおよびモンスターの難易度を強化して既存と似た水準を維持するというコメントがありました。


全面改変が予告されたスピッドファイアやメカニック、ソードマスターなど一部キャラクターを除いても膨大な分量を自慢する今回のパッチではどのような変化があったか、ライブ サーバー適用以後にはどんな影響を持ってくるのか軽く予想してみました。


[連携告知:9月20日ファースト サーバーアップデート案内1/2]


※本記事の内容はファースト サーバー基準としてライブ サーバーに実適用時、変動がありえます。


■独立オブジェクト構造改善


メカニック、サモナー、死霊術師、カオス、ディメンション ウォーカーは共通点を有しています。まさに独立オブジェクト判定を持つ召喚獣の比重が相当高いという点です。以前まで独立オブジェクト キャラクターに与えられた問題点はダメージ増加、追加ダメージ、クリティカル ダメージ増加などダメージ増加演算に影響を与えるオプションが適用されないでいたという点です。


それで該当キャラクターがスペック アップのために取れる手段は他のキャラクターに比べて制約が大きかったし、これを補完する方法がスキル レベリングを通じて飛躍的に高いオブジェクト レベルで敵を押したり、極端な属性強化、オーラ2重複セッティングをする程度でした。



既存オーラ型アイテムは独立オブジェクト召喚時、1次適用されて召喚された独立オブジェクトに再び適用されていました。


死霊術師やディメンション ウォーカーのように召喚獣であるニコラスとニアリーが増加追加ダメージをすることの影響を受けるなど事例もあるが、初めからこの二つは召喚獣の比重が他独立オブジェクト キャラクターに相対的に低い方に属していました。


だから今回のパッチですべての独立オブジェクトキャラクターが増加追加ダメージをすることを適用されることになれば、キャラクターの上向き有無はさておき、セッティングに多くの変化があると予想しています。



追加ダメージ未適用の問題でカオス専用の別途オプションがあった天叢雲剣は相対的に株価がかかると見られます。


全般的な利便性強化


一部キャラクターはプレイ スタイルに大きい変化があります。女レンジャー、ローグ、喧嘩屋、くノ一,エルブンナイトがこのような部類に属します。



変更されたチェーン パウダーのおかげでスキル配分とビルド組むのにかかるストレスが減ります。


特に、この中でも女レンジャーのチェーン パウダーは上向き幅が非常に大きいスキルです。適用スキルである銃士の舞、移動射撃、ダブル ガンホークを私の時間内に入れることができないという短所を有していたが、無限持続化されて短所を完全に解消できるようになりました。スタンダード プロシージャーなどのスイッチング手段を通じて追加強化が可能になることはおまけでしょう。


ローグと女喧嘩屋、エルブン ナイトの核心バフであるシルバー ストリームと毒門武功、勇気の盾もやはり時間なしでプレイ時間ずっと維持するのが可能になります。


これは連係点数維持力、クリティカル攻撃力増加バフや単独スキル被害量増加、チェーン維持などの多くの部分で利便性を持ってくると予想されています。


926446_1474511347.jpg
毒門武功の無限持続化で快適なプレイが可能になるのか注目されます。


男女喧嘩屋は挑発がオーラ形式に変わって毎度モンスターまん中で挑発をかける必要性がたくさん減ることになって、くノ一は六道輪廻を利用した瞬間超火力に強いが、その他の状況でディーリング能力が低くなった構造を解決するための新規パッシブ スキルを追加してライブ サーバーでは持続ディール能力も向上しそうです。


ひとまず上方修正しかし一部は上限制限


このような調整の他にも多くのキャラクターが大小の上方修正を受けました。もちろん先立って話したようにキャラクターをむやみに上向き平準化するよりは今あるダンジョン難易度調整を考慮してキャラクターの性能を調整することで、ライブ サーバーと大きく異ならなかった難易度を見せます。


ただし、一部キャラクターはその渦中に上方修正を制限受けました。カオスは中級以上の召喚獣個体数を制限するオプションで、特定方法でワイルドダディを量産するのを制限されました。喧嘩屋はホールドボム、クレイジー バルカン、改造型破陣砲:蓮花の状態異常個数制限で最大火力が相当部分減少しました。


832086_1474511940.jpg
今はワイルドダディを6匹ずつ連れて歩くことが見られなくなるかも


エターナルは多くのスキルが上方修正される中でピース オブ アイス、氷流環、アイスオーブ、ジュデッカ ジ エターナルなどが下降されます。パッシブに該当スキルの攻撃力増加率が新しく追加されたり増加するのを考慮してもいくつもならない直接的な数値下方だと目につくのは事実です。


クリエイターも自覚以後のスキルに鉄槌が落ちました。クールタイム減少、初期化アイテムとの相乗効果が行き過ぎるほど強力だったために上級スキル ゲージの総量が減って1ゲージだけでエアボール、氷河時代、リンクの2連射が不可能になります。


キャラクターの装備制限緩和


580557_1474509221.jpg
職業革マスタリーのクリティカル攻撃力増加機能が別途のスキルで分離したローグ


キャラクターの装備着用を大きく制限したいくつかの職業の防具マスタリーがシャドーダンサーのマスタリーのように改善されます。


適用対象はローグ、死霊術師、バガボンドで各職業の防具マスタリーにあったクリティカル攻撃力増加機能が別途のパッシブで移転されて防具に対する制約が消えることになります。


武器マスタリー変化および特定武器攻撃力上向き


624131_1474509978.jpg
かなりの武器マスタリーには攻撃力増加分と同等な水準の防御無視攻撃力が追加されます。


いくつかの固定値の武器攻撃力を追加した武器マスタリーが武器攻撃力の一定比率が増加するように変更されて多くの武器マスタリーに物理/魔法攻撃力増加だけでなく防御無視攻撃力増加機能が搭載されます。


また、ガンナーやシーフのような武器攻撃力自体が他職業群に比べて若干低かった部分も数値上向きを通じて補完されます。


バフ スキルおよびスイッチング装備追加


一部キャラクターはバフ スキルの用途が変更されてスイッチング装備が追加されたりもしました。


女喧嘩屋の毒塗りはスキルの毒攻撃力がすべてのスキルに一括適用されて打撃数が多いスキルが過度に有利でしたが、ファースト サーバーパッチを通じてスキル別に別途の中毒被害量が策定されてスイッチングが既存よりはるかに重要になりました。


また、男喧嘩屋の裏通りの戦い方が投擲スキルと爆破系列のスキルだけでなく全体的なスキル攻撃力強化バフに変貌して男女喧嘩屋全部マッドドッグイオークを共通のスイッチング セットで使うことになります。


595792_1474511129.jpg
単打型だと毒塗り適用に損害をこうむったスキルであるグラウンド キックの毒塗り被害量が大幅上昇しました。


阿修羅の殺意の波動は既存の補助ディーリング+集敵用ユーティリティスキルで全般的スキル被害量を増加させるバフ機能が追加されて肉斬骨断でこれを補助できるようになったし、バトルメイジもやはり新規バフ スキルである戦場の女神の追加とともにアドレナリン ショック6セットに攻撃力増加効果がついてスイッチング装備で使うことができるようになりました。


男グラップラーに続き、女グラップラーのパワーホールドも発動時の能力値に応じてくることになってスイッチングが可能になって男女グラップラー全て、バスター ターン ワンショット6セットがスイッチング用途で使われる予定です。


267643_1474510434.jpg
バフ スイッチング オプションが追加されたセット(アドレナリン、バスターターン、肉斬骨断)


関連記事
( 2017/02/17 22:29 )