魔界を征服するために覚醒した!男メイジ新規3職業2次覚醒体験記 Arad is my life

魔界を征服するために覚醒した!男メイジ新規3職業2次覚醒体験記  











-----

出典:http://df.gamechosun.co.kr/board/view.php?bid=report&num=2517648&page=8


8月16日新地域公開、最高レベル拡張、90レベル エピックなどの大型の便りと共に男メイジ新規3職業の2次覚醒がファースト サーバーに追加されました。


その名前は最初公開したようにアイオロス(スイフト マスター),ヴァンパイア ロード(ブラッド メイジ),アセンション(ディメンション ウォーカー)です。


果たしてこれらはどんな多彩なスキルで武装して魔界入場を準備したでしょうか? 直接プレイしてみました。


※本記事の内容はファースト サーバー基準としてライブ サーバーに実適用時、変動がありえます。




677131_1471424619.jpg
アイオロス


-セカンド ウィンド


ウォーロード(バンガード)の2次覚醒パッシブである魔槍覚醒と同じ追加ダメージ パッシブです。アイテムなどの追加ダメージ オプションと共に作動する点は同一でレベル当たり効率も2%で同じです。


だが、1レベルの追加ダメージ比率数値が24%でバンガードの魔槍覚醒より何と6%も高くて最終的にはカンストレベル基準として34%という高い追加ダメージを期待できる重宝したパッシブです。


897399_1471424924.png
34%追加ダメージ数値は非常に正直だ。


-スパイラル プレス


凝縮された小さい風球体を直線方向に投擲するスキルで風球体に的中した敵やオブジェクトがあるならその位置ですぐに突撃して巨大な風球体の形状で敵を攻撃します。


小さい風球体には打撃判定と硬直があるが、ダメージを与えなくて実際に被害をもたらせるのは巨大な風球体に変わった後からです。合計12回の多段ヒット攻撃後、爆発を起こしてダメージを与えるが、巨大な風球体に変わった後からは無敵判定なので状況によって非常に便利に使えます。


スキル発動中にはソニックムーブで強制キャンセルできないが、大真空ではキャンセルするのは可能です。ただし発動中、大真空を使う場合、すぐに最終打爆発だけ起こして多段ヒット被害をそっくり失うことになるので状況につりあうように使った方が良いです。


もしスキルが当たらなくても小さい風球体が爆発して被害を与えることはあるが、その爆発の大きさが非常に小さくて多段ヒット被害量もやはりくれないからできるだけはっきりと合わせることがカギです。


289085_1471424979.png


702833_1471424989.png


262828_1471424999.png
大真空でキャンセルしなければ抜ける。


-バイオラント ストーム


空中に飛び上がって斜めに降り刺す竜巻になって攻撃します。モーションや空中で座標を指定する作動方式がローグの70帯アクティブスキルであるアスラン スパイラルと非常に似ているが。竜巻で敵対象を一点で集める効果があってより一層役立ちます。


空中に跳ね上がる瞬間から無敵判定であるからやはり活用度が高いが、大真空で強制キャンセル時、竜巻を爆発させる攻撃が出て行かない点には注意しなければなりません。


923342_1471425013.png


658307_1471425024.png
準備して、撃ってください!


-ストーム エリミネート


アイオロスの2次覚醒スキルで発動すぐに視野内の敵に強制硬直をかけてしまった後、あっちこっち動いて乱打して一点で集まった敵を手刀で刺した後、抜いて終えます。


これまたローグの2次覚醒スキルであるノヴァ レムナントと非常に類似の感覚で使えて初強制硬直以後で視野内に入ってきた敵でも乱打にかければ例外なしで竜巻の中心に引っ張られて行きます。一部建物型モンスターは吸収できないが範囲内で最も高い等級のモンスターに最後の打撃が入るのではずれることがないということが最も大きい長所です。


発動すぐに無敵判定であり、大真空で強制キャンセルしたら乱打や手刀突きで行動しないためにこれはできるだけ最後の打撃まで入った後、後ディレイをキャンセルする用途で使うのを薦めます。



アイオロス2次覚醒スキル、ストーム エリミネート




970369_1471424664.jpg
ヴァンパイアロード


-トゥルーブラッド


クリティカル被害増幅パッシブです。別途のオプションはかかっていないで純粋にディーリング能力だけを強化する代わりにその増幅率がカンストレベル基準として34%で相当高いです。異見の余地が殆どない立派なパッシブといえます。


346239_1471425043.jpg
シンプルだが強力なパッシブ


-ファントム ベール


コウモリで血気の犬を形成して敵を嚙みちぎって投げるスキルです。ヘルベルズ-ランブルドッグの系統を引継ぐ血犬系列の最後のスキルで最終スキルらしく優れた判定、重宝したホールディング、使えそうであるディール量という三拍子を備えためったに見ないスキルです。


発動時、地表で血犬の形状が敵を食いついて強制硬直状態に陥ってそのまま所定の位置で敵を首を振って地面を叩いて大きい被害を与えるが、この時ヘルベルズを通じて投げ不可判定になった敵や建物型の敵まで安定的に拘束できるという長所が目につきます。


半画面程度、前に射出して遠距離で敵を捕まえてはがすこともあるが、召喚場所と完全に重なっていれば敵を嚙みちぎらないから、嚙みちぎろうとする対象をまともに攻撃するには若干距離をおくのが良いです。


536464_1471425079.jpg


203330_1471425091.jpg
ホールディング能力一つだけは認められなければならない。


-フェイタリティ


発動者を中心に円形の魔法陣を展開して範囲内の敵をヴァンパイア ロードの目の前に引いてきて敵の生気を引き出すスキルです。


生気を引き出す直前、高いレベルの気絶をかけて相当な被害を与える強力なスキルであることに間違いないが、ジャンクスピンのように無条件気絶をかけるスキルではないので危険負担が多少あって、別途の吸収なしに血気を60%消耗する特性のために、ややもするとゲージ管理を下手するとそのまま体力を飛ばすことがあるという点を注意するべきです。


発動ずっとフル ハイパーアーマーなのでキャンセルの脅威はなくて結構恰好良い演出を自慢するスキルです。


961357_1471425107.jpg


854365_1471425113.jpg
心臓を抜くような背筋が寒くなる演出が一品


-ブラッド ストリーム


ヴァンパイア ロードの2次覚醒スキルで画面に見えるすべての敵に強制硬直をかけた後、束縛して血気の流れで作られた空間に閉じ込めて被害を与えるスキルです


被害量がテペスにはおよばなくて縛った敵が軽く宙に浮くなどの問題があるが発動時、無敵判定であり他のスキルと連係してホールディング+ディールを全部つかむことができるスキルといえます。



ヴァンパイアロード2次覚醒スキル、ブラッド ストリーム




529263_1471424692.jpg
アセンション


-SSTH


とても多様な効果を含んでいる2次覚醒パッシブ スキルで一般的に知らされた火力強化とともに、ディメンション ウォーカーのユーティリティや運営難易度を大きく緩和させる役割をしています。


1番目オプションで1次覚醒パッシブである境界歪曲と連動されて波動が刻まれる個数によりスキル攻撃力増加を提供します。


2番目では運営難易度緩和でダンジョン入場時、次元石提供、クローリング ミスト機能強化です。 言葉どおり揺れる激戦地とともにダンジョン初部屋で何のモンスターもない時、ゲージ需給にならなくて無力になるディメンション ウォーカーの短所を補完して、毎射出ごとにHPを消耗して的中させることも難しいクローリング ミストの機能強化で何の資源消耗なしでジャンプと被撃を除いたすべてのモーションでミスト付着が可能になります。


最後はニアリー強化です。召喚物であるニアリーのオブジェクト レベル増加と体力増加、攻撃速度増加でニアリーが一層強化されてサブ ディーリング用で満足するほどの性能を見せます。


285196_1471425128.jpg
ダッシュ途中ミストを付着可能だ。


-次元:シンギュラリティ マニピュレーション


二つの用途のスキルで投げ判定の集敵スキルで活用したり、純粋に範囲超火力を加えるスキルで使うことになります。


通常使用時、前方の敵を集めて捕まえて星を描いて攻撃した後、落下させて、史上境界で強化して使用時、周辺に5個クリスタルを作って爆破させて攻撃します。


注意する点は投げ可能敵が範囲において集敵のために通常を使っても範囲内に建物型があるなら、いきなりクリスタル一つだけ生成するのでまともに使うためには集まっているモンスターとその防御タイプなどをよく把握して適材適所に使ってこそ意味ある。


通常使用時、捕まえている間無敵判定、強化使用時、瞬間ハイパーアーマー判定を保有しています。


597888_1471425152.jpg


227998_1471425140.jpg


884525_1471425176.jpg
このように使おうがあのように使おうが役立つ!


-乖離:彼方の子守唄


ハーレークイン、シック・イットに引き続きニアリーを通じて発動する3番目スキルでミストの付着の有無により広範囲ディール、単一ディールという用途に差を見せます。


通常使用時、ディメンション前方の広い範囲に均等な被害をもたらせる単純な広範囲技で使用できるが、ミスト付着時対象を中心に怪獣が召喚されて対象を相手に大きい被害をあげて周辺の敵を中心に引き寄せる超火力+集敵で使えます。


ニアリーが使うスキルなので他のスキル使用途中、独立的に使用できるという点をよく活用して先ディレイが大きかったり時間差で火力が集中するスキルを連係する時に役立ちます。


948761_1471425192.jpg
奇怪な構造のスキルだが性能はOK。


-次元乖離:禁断の宴会


ディメンションウォーカーとニアリーが力を合わせて使うただ一つだけであるスキルで、ニアリーで敵を一点に集めて地点に空中砲撃を加えます。使用にはニアリー召喚の有無やクローリング ミスト付着の有無を問い詰めなくて手軽に使用できるが、史上境界の彼方で強化する場合を考慮したら、この2種類をあらかじめ準備しておいた方が良いです。


通常使用時、前方の敵を一点に集めて強制硬直と共に大きい被害を与えて、強化使用時、スキル維持時間が長くなって集敵能力が弱まる代わりに途方もない被害を与えることができるようされます。


発動から非常に長い無敵時間を持つが、発動時間があまりにも長くて行動が制約されるので最大限設置しておくことができる時空爆雷、ポジトロンと同じ多くのスキルを設置して終える用途で使うのが効率的です。


推薦連係は(ミスト付着)彼方の子守唄-(次元石)時空爆雷-(次元石)ポジトロン-シック・イット-禁断の宴会の順です。



アセンション2次覚醒スキル、次元乖離:禁断の宴会



関連記事
( 2017/02/17 20:32 )