適切なタイミングに適切なスキルで対応する。ディメンション ウォーカーはどんなキャラクター? Arad is my life

適切なタイミングに適切なスキルで対応する。ディメンション ウォーカーはどんなキャラクター? 











-----

出典:http://df.gamechosun.co.kr/board/view.php?bid=report&num=2420310&page=10

714061_1467884556.jpg


ディメンション ウォーカーは次元の奇異な力を扱うメイジです。そのためか基本的にスキルを無差別乱射と爆撃する基本的な男メイジとは違って特殊な資源を活用した慎重なスキル使用が必要なクラスでしょう。

初めてプレイするならディメンション ウォーカーのプレイ方式が理解がうまくいかなくて難解だと考えるほどの部分が多く見えるが、DNFを長くプレイされたとしたら特異なシステムのキャラクター多数を集合させておいたようだという感じがすることもできます。


いったいディメンション ウォーカーはどんなキャラクターなのか話しましょうか


※本内容はファースト サーバー基準でありライブ サーバーに実際の適用時、変動点がありえます。


■ディメンション ウォーカーとは?


次元エネルギーを活用する次元系列のスキルと異界の存在を使い魔で働かせる乖離系列のスキルを複合的に使います。


次元系列は直接的に攻撃をする種類のスキルなのです。スキルを的中させて溜まった境界歪曲ゲージの副産物である次元石でスキルを強化させることができます。この次元石を消耗して1回に限りスキルを強化させるのは男喧嘩屋と似ています。


一方乖離系列のスキルの特徴はニアリー、ディメンション ホロー、パラサイトなど乖離の存在を働かせるということなのです。境界歪曲ゲージや連携スキルに影響を与えない独自路線を乗っているということが目につきます。


特に使い魔であるニアリーは召喚以後ではずっと個別の行動して特定命令を下すことで特別なキャスティングや発動モーションを必要としません。 すなわち、次元系列のスキルをチャネリングしている途中、乖離の存在に命令を入れて柔軟な状況対処が可能だということでしょう。 独立オブジェクトであるが増加追加ダメージの効果を受ける点まで含めばこれは死霊術師の'ニコラス'ととても似ています。


使うスキルのエフェクトで見ては闇属性であるが実際には攻撃属性が別に定められなくて武器属性に応じてくることになります。


使う防具は布、推薦武器はほうきです。だが魔道学者とは違ってほうきを入ることができなくて使用不可能なスキルが存在するというペナルティが別になくてオプションだけ良いなら何の武器でも使用できます。



▲ディメンション ウォーカー グランディーネ発電所マスター プレイ動画


■ディメンション ウォーカーのスキル


潔癖症


ほうきの着用が可能になって、ほうき着用時キャスティング速度と的中率が上がります。 あって悪いことはないオプションだが反対にほうきを着用しないと問題が生じはしない平凡なパッシブです。


ドグマ デバイス


独立攻撃力と魔法クリティカル確率、MP最大値を増やしてHP最大値を削るパッシブ スキルです。


妄想の火炎


鬼雪火を魔法固定ダメージに変えて防御力/魔法防御力上昇値を増加させます。


乖離:ディメンション ホロー


習得時、ディメンション ウォーカーの足元に怪生物体が現れます。習得効果はスキル被害量増加でありクローリング ミストでこのスキル被害量をもっと増やすことができます。


オーバーセンス


通常攻撃が独立攻撃力の影響を受ける魔法ダメージに変換されて次元系スキルを的中させれば境界歪曲ゲージが上がることになります。境界歪曲ゲージは一定数値以上満ちれば振動数が刻まれて1次覚醒以後には1ゲージ当たり最大3個振動数を刻むことができるようになります。満杯になったゲージは次元石に変換されて後述するスキルで次元系スキルを強化するのに使います。


史上境界の彼方


オーバーセンスで集まった次元石を消耗して次元系列のスキルを1回に限り強化させます。最も似ているのは1回性バフ スキルである男喧嘩屋の'強化投擲'なのです。他のスキル発動中、あらかじめ装填できるという点まで全く同じです。


運命歪曲


先に述べた振動個数が3個に増えることになって個数によりクリティカル被害量と確率が増加します。ただしゲージの特性上ずっとエネルギーを供給しなければ削られていくのでスキルを引き続きよく合わせるのが重要です。


768415_1467883717.jpg

境界妄想


レベル当たりスキル攻撃力が2%ずつ増える良いバフスキルです。他の付加効果はないがこのバフもやはりスイッチングが可能で最大レベル到達および特別なアイテムで強化するのに良いです。


マキシマム レベルである30に到達したら50%のスキル攻撃力が増加するのなのです。


(栄光の)イシュタルのシルキーヤーン ローブ、海神の呪いを受けた下着、栄光のヴァルカン シルキーヤーン4セット オロバスのシルキーヤーン4セットが境界妄想レベリングに入る主な装備です。


武器側には特に連携オプションを大きく強化させる場合がなくてレリック武器のような装備を着用してレベリングに力を与えられれば良いです。特に未完成インフィニティ ピアスは唯一2レベル以上バフ レベリングが可能な装備としてディメンション ウォーカーのスキルが独立攻撃にだけ影響を受けるおかげで主な武器にも十分に使えます。


644462_1467883520.jpg

次元:アクシデント


自身が見つめる方向に空中に箱を生成して落とす攻撃をします。 一定確率で爆発型箱が生成されたりもして強化スキル使用時、アクシデント箱が落下する地点で敵対的な対象を引き寄せる効果ができます。


859944_1467883546.jpg

次元:シルエット


自身の分身を射出させる攻撃をします。 突進方向をある程度y軸で指定できるし強化スキル使用時、射程距離が短くなる代わりに敵を集めて倒して爆発するように変更されます。


775155_1467883712.jpg

次元:ディメンションリーフ


発動時、見つめる方向の後方にテレポートをしながら逃げる位置に爆発を残します。特別な生存技や防御技がないディメンション ウォーカーの唯一の生存技であり被撃途中にも次元石が1個以上あるなら即時発動できます。


344836_1467883755.jpg

次元:次元光


扇形の短い範囲に光線を乱射して攻撃します。強化スキル使用時、レーザーを発射します。この場合、射程距離が非常に長いおかげで安全にディーリングができます。


831228_1467883763.jpg

次元:カレイドスコープ


特定した敵、あるいは正面の最も近い敵に突撃して連打攻撃をします。強化スキル使用時、攻撃力が軽く低くなるが分身が代わりに攻撃するので発動直後自由行動が可能で他のスキルを追加で連結できます。


461214_1467883809.jpg

次元:時空爆雷


前方に爆発する球体を作り出します。3回にかけて爆発する性質を有していて強化スキル使用時、爆発するがさらに長い間の時間がかかるがさらに強くて広い爆弾を作ることができます。


したがってあらかじめ強化された時空爆雷を植えておいてアクシデント、次元回廊、シック・イット等で位置を調整する連係で短所を克服するのが良いです。


760944_1467883786.jpg

次元:次元回廊


発動者を中心に円形の次元場を生成して次元場に触れた敵に歪曲場がひっつきます。 この状態でもう一度スキルを発動したら自身の前方に投げ不可や建物型を除いたすべての敵対的対象をキレイに集めます。


強化スキル使用時、束縛が付与されて安定的に集敵後、後続攻撃に入れるし歪曲場が触れた敵に次元系列のスキル攻撃時ゲージ需給量が増える効果があります。


914730_1467883823.jpg

次元:ポジトロン ブレスト


発動者を含んだ3方向に一点で粒子砲を発射します。 強力なスキルだが的中させるためにはある程度対象と近接する必要があります。


ただし強化スキル使用時、直接粒子砲をチャネリング形式で撃たないで次元の亀裂をもう一つ生成して代理発射をさせます。


768881_1467883835.jpg

次元:パラダイム デトネーション


特殊な条件があってこそ発動できるスキルでクローリング ミストに当たって標識ができた敵がなければなりません。発動時標識ができた敵の頭上に次元崩壊を起こして多段ヒット被害とともに爆発被害をもたらせます。


強化スキル使用時攻撃を受けた敵を強制硬直させる効果があるのでいくら遠い距離で安定的に硬直を入れたりパターン キャンセルを遂行できます。


305669_1467883850.jpg
乖離:禁断のニアリー


異界の存在ニアリーを呼び出して使い魔で働かせるスキルです。敵を捜し出すと同時に即戦闘に突入してダメージ増加、追加ダメージなどの効果を全部適用受ける特異な独立オブジェクトです。


ニアリーの攻撃に当たった敵は魔法防御力が減るデバフがかかって特定スキルを使ってニアリーに直接命令を下すことができるなど多才多能な召喚獣でしょう


ティータイム


ニアリーを攻撃不可状態にさせます。該当スキルの持続時間ニアリーの体力とディメンション ウォーカーのマナが回復してティータイム途中にもニアリーにスキル命令だけをおりるのは可能です。


474589_1467883772.jpg

乖離:クローリング ミスト


ディメンション ホローを霧に変えて地面を乗って進ませます。一番最初に当たった敵にひっついて標識を残すことになってニアリーはこの標識がある敵を最優先的に追いかけることになります。


またディメンション ホローのスキル ダメージ追加増加効果や特定スキルの発動および誘導に使われるのでクローリング ミストは目標にする対象に必ず当てなければなりません。


669878_1467883865.jpg

乖離:ハーレークイン


ニアリーが前方に短い距離をダッシュして敵とあったりディメンション ホローの標識が残った敵に瞬間移動してあえばムチで乱打します。クールタイムが微妙に長いが次元系列スキル発動中にも発動が可能でディールロスが少ないという長所があります。


749306_1467883942.jpg

乖離:パラサイト スワーム


背中に異界の虫を作り出して発射します。 虫は食らったら爆発後、持続被害を残して鈍化をかけてHPを回復します。


虫は貫通属性がないので多数の敵を相手にする時は遮られることが常で、効率が大いによい方ではないが1,2匹の大型モンスターを相手にする時は非常に強力なスキルに変貌します。


451492_1467883965.jpg711174_1467883952.jpg

乖離:形容できない恐怖


ディメンション ウォーカーの1次覚醒スキルで次元の亀裂を開いて異界の存在を呼ぶスキルです。呼び出した異界の存在は触手で容赦なく敵を叩いて爆発後、消えます。


141320_1467883879.jpg

乖離:シック・イット


70帯スキルでニアリーを自身の背中に呼び出した後、前方に長くムチをのびて大きいダメージとともにホールディングをかけてしまいます。


縛られたモンスターが別に集められはしないが本来の位置に正確に縛られるので先にホールディングで使ったりモンスターを飛ばしてしまうローグ、男グラと同じ職業群の補助で使うのに良いです。ニコラスの噴気暗勁波と類似のポジションだが飛ばしてしまわないという点で優位にあります。


■その他特異点


キャラクターの公開までしても異空間魔法を使うキャラだと考えたユーザーが多かったが実際には予想とは違った奇妙なキャラクターで出てきました。


ひとまずスキルを効果的に使うためにはモンスターとニアリーの位置をよく考慮して他のスキルを合わせないで溜めた強化位置を適材適所に注ぎ込まなければならない臨機応変型キャラクターなのです。


このような種類のキャラクターがいつものように手と頭脳をフル稼働する余力になるなら思ったよりははるかに強力なキャラクターと評価される可能性が高いです。


その他にもサブカルチャーに関心があった方々なら、乖離系列スキルの原点がラブクラフトのクトゥルー神話という点を上げて2次覚醒スキルを推測する面白味も享受できることだと見ています。



関連記事
( 2017/02/17 14:21 )