レイド専用ダンジョン ソリウムマキナ:カリゴ(闇のルーク) 攻略 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

レイド専用ダンジョン ソリウムマキナ:カリゴ(闇のルーク) 攻略 











-----






ソリウムマキナ:カリゴ 動画
https://www.youtube.com/results?sp=CAI%253D&q=%EC%86%94%EB%A6%AC%EC%9B%80+%EB%A7%88%ED%82%A4%EB%82%98+%EC%B9%BC%EB%A6%AC%EA%B3%A0


概要


ルークが居住する所で光と闇の力を交互に吸収して全盛期の記憶と肉体に戻している。

ダンジョン アンド ファイターに登場するダンジョン。2016年10月13日アップデートに追加されたルーク レイドの最後を知らせる最終ダンジョンであり、このカリゴをクリアすればアントン心臓部のように、すぐに動画が出てきて討伐報酬を受けるようになる。カリゴとルーメンは全部ダンジョン帰属が適用されるダンジョンなので、カリゴパーティーに参加するなら確定的に力の祭壇と光の祭壇を行くようになる。

闇ルークの特性上、ひとりの行動を無条件封印させるパターンが存在してルーメンに比べて相対的に致死率が高くて、コインと神の加護を強要されるという感じが強くて、力の祭壇と光の祭壇が知恵の祭壇と闇の祭壇より難しいので、2/3/3ビルドの攻撃隊は強いパーティーをカリゴに配分する可能性が高い。





建設者ルーク



闇の力を吸収したルークがボスに出てくる。他のパーティーが祭壇2つを破壊する間無敵状態であるルークと召喚されるルーク・ボットを相手にする1フェーズ、本格的にルークを相手にする2フェーズに分かれる。




攻略


基本的にルークのすべてのパターンはハイパーアーマーを無視して飛ばし判定を持つ。



1フェーズ

1フェーズはレーザーとブドウ弾、+十字爆発連係だけ気を付けて雑魚モンスターを減らすなら大きく難しくない、
熟練した攻撃隊ならHPを常時HPMAX近く維持してコインを一つも使わなくてプレイすることが普遍的だ。


1.雑魚モンスター召喚
ずっと雑魚モンスターを召喚する。雑魚モンスターの体力が相当高いので知恵の祭壇ボスの入場前までスキルを惜しまなく降り注いで溜まらないように管理しよう。
モンスターが一定以上溜まればルークに吸収されてバフがかかるが、下に上で述べたパターンを注意して、体力管理だけなら簡単に処理可能。


2.ブドウ弾
基本的に1pを対象に多数のエネルギー弾を投げる。 (1pが死亡する時には2->3->4->1順で対象が変更される。)
浮き上がり判定がある。 一度当たれば空中に出される以後、地表に設置される陣によって死亡し得るので注意。 X軸に走れば回避可能。


3.槍投げ
ランダムなプレイヤーを対象に槍を投げる、
この槍はルークが直接投げるのではない、ルークの頭と肩の上で生成されて落ちる。
ダメージが大きく痛いことはない。


4.前方衝撃波
前方に衝撃波を飛ばす。
一度当たれば以後にずっと飛んで行って当たることになるのでディールロスが誘発される。前に立っているのをやめよう。


5.十字型爆発
ジャケリネの狂暴化パターンのようにキャラクターを中心に十字路爆発が起きる。
非常に避けるのが難解なパターンだが、自体ダメージは高くない、だが、上に述べたブドウ弾でも、以下で述べたレーザーとともに当たれば死ぬこともある。


6.レーザー
最も遠くいるプレイヤーを対象に黒いサテライトビームを誘導させる。
ビームが過ぎ去った軌跡にはとても痛いダメージをあたえる陣が残るので、可能ならホーリーオーダーがルークから遠く離れて、ブドウ弾と共にレーザーを処理することが望ましい。







2フェーズ

雑魚モンスター召喚を除いた1フェーズのすべてのパターンが持続的に出てきて現在は下方修正され、バリア連携パターンは無難だが一度誤ったら頭を抱えるので可能ならバリアは無条件破ることにしよう。

打撃反射パターンもまた設置しておく多段ヒット スキルを誤って使えば全員即死したり、最小一人以上死ぬ危険があるので注意。

1.バリア
バリアをかける。
時間内にバリアを破ることのできない場合、すべてのパーティーメンバーのクールタイムがリセットされるので惜しみなくディールを注ぎ込もう。主力スキル惜しもうとしたがクリア自体に支障ができることがあるので状況によっては必殺技も惜しんではいけない。


2.個人バリア(監獄)
パーティーメンバー一人を黒い色バリアに閉じ込める。基本的に初めて個人バリアが生成された時には無色スキル3、4個を一度に注いでも壊されないほどの丈夫な防御力と体力を自慢する。閉じ込められた者の足元のキャスティングバーがみな上がった瞬間、個人バリアが次の順序のパーティーメンバーに渡って体力と防御力が大幅低くなって無色スキル1個だけでも壊されるようになる。
すなわち監獄パターン時、ターゲットが引かれたユーザー(死亡がないという仮定の下に1pユーザー)はルークが自身を閉じ込める前に最大限マップの隅に逃げよう。ブドウ弾は射程距離のために到達することもできなくてサテライト レーザーはギリギリ閉じ込められた犠牲者に到達する前ぐらいに監獄が他プレイヤーに移される。それぞれの距離をよく測って死亡なしに破壊をしてみよう。



3.打撃反射
打撃回数だけブドウ弾が出てきて落ちる。
乱射などの多段ヒットありったけの力を込める場合、ありえない程多くのブドウ弾がわっと落ちる姿を見ることができるので注意。ほとんどこのパターンでアポカリプスのディール パターンがなされる場合、パーティーメンバー一人以上がコインを使うことにされるのでホーリー ユーザーは注意しなければならない。




ともに途方もないラグを誘発するので注意。 パッチで生成されるブトウ弾の個数が100個に制限されてこの問題はある程度解決された。

クリア時間がいくらも残っていない場合には途方もない悩みとジレンマに陥るパターン。こうする場合、最大限単打スキル/低打撃回数スキルでルークを攻撃して、ブドウ弾 ターゲットが引かれたユーザーはルークから遠く離れてディーラーにブドウ弾 シャワーが離れていなければならない。忘れないようにしよう。結局はクリアが目的だ。


4.連打
プレイヤーにジャンプしてオラオララッシュを飛ばす。
マテカのパンチ程度、そんなに痛くもないダメージ。この時ディールタイムの場合、必殺技やホールディングスキルで縛っておきやすいタイミング。


5.狂暴化
別名おじいさん暴風式。
一定以上ホールディングあるいはホールディング連係をした場合に発生。表現するなら'食い下がるほど'のホールディング連係。一度当たった時、大きいパンを一つ食べておいて最終打直前にポーション2つを一緒に食らえば生存可能。プリースト、格闘家系列の'ウヨシリーズ'があるなら100%確率で生存できる。





関連記事
( 2017/02/03 17:41 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。