レイド専用ダンジョン ソリウムマキナ:ルーメン(光のルーク) 攻略と注意点 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

レイド専用ダンジョン ソリウムマキナ:ルーメン(光のルーク) 攻略と注意点 











-----




ソリウムマキナ:ルーメン 動画
https://www.youtube.com/results?sp=CAI%253D&q=%EC%86%94%EB%A6%AC%EC%9B%80+%EB%A7%88%ED%82%A4%EB%82%98+%EB%A3%A8%EB%A9%98


概要


ダンジョンアンドファイターに登場するダンジョン。2016年10月13日アップデートに追加されたルークレイド専用ダンジョンだ。ルーメンとカリゴはダンジョン帰属が適用されるので支援が基本的に不可能で、反対側であるカリゴも同じでルーメンパーティーに参加したら知恵の祭壇と闇の祭壇に行くのが確定する。不滅の闘士は持っているが討伐をできなかった人がいるなら、ルーメンパーティー攻撃隊員で参加して祭壇やカリゴでグダって討伐に失敗した場合だ。

カリゴと比較してスキル反応パターンが闇の封印に比べて対処がとても容易なのでルーメンパーティーは寄生ポジションという認識がある。2/3/3ビルドの攻撃隊なら消滅の聖所をクリアしたために祭壇の難易度も相対的に低くてカリゴパーティーに比べてはっきりと寄生ポジションだが、4/4ビルドの攻撃隊ではほとんどベールのHPが何倍に増えるのを望まないために消滅を捨てて知恵と闇の祭壇のHPが大幅上がってルーメンパーティーを無条件に寄生ポジションだと断定するのは難しい。

2016年10月27日パッチでルーメンダンジョンでも持続的に雑魚モンスターとブドウ弾を生成して、建築物を投げ捨てるパターンが追加されて寄生ポジションだと話できなくなった。追加でシリンダー2個を壊した後、ルークのパターンに遠距離攻撃反射パターンを入れることで遠距離攻撃がメインディーリングスキルの職業群にはより一層緊張が緩むことができなくなった。







ボス-建設者ルーク


光の力を吸収したルークがボスに出てくる。他のパーティーが祭壇を破壊する間、無敵状態であるルークと召喚されるルーク・ボットを相手にする1フェーズ、本格的にルークを相手にする2フェーズに分かれる。

1フェーズはルークがダメージが入らないバリアを広げて冒険家と持ちこたえる形だ。ルークと対面したパーティーはルーク周辺をぐるぐる回ってルークが定期的で生成する雑魚モンスターたちを処理して、ブドウ弾と建築物投げることそして一定周期で生成される十字爆発を避けて持ちこたえれば良い。

そしてこのように持ちこたえたなら'祭壇パーティーがダンジョンをクリアしました'という言葉で、この時ごとに右側にあるシリンダーを一つずつ壊すことができる。参考までに一番目のシリンダーは壊さなければ次祭壇が開かれなくて壊す時はルークにターゲット引かれなかったディーラーが壊すことが得する。バリア一つあたりルークのHPMAXは25%ずつ陥って2個を壊した時、合計50%が削られた96億(ルーメン)103億(カリゴ)となる。

2フェーズは上で述べた状態を持続して耐え忍ぶのに成功して他のパーティーが祭壇を全部クリアしてシリンダー2つをみな破壊した時、ルークが中心にジャンプしてクールタイム初期化バリアパターンを発動するとして始まる。
この時からルーク体周辺にオーラが生成されて多段ヒットを与えてはがしてこそディールタイムが開かれる。まだ確実ではないが現在知らされたことでは追加ダメージ除く450ヒット以上でこそルークに"光が(ルーメン)or闇が(カリゴ)散る"というセリフが浮かび上がってディールタイムを教えるという。そしてディールタイムが終了する時には反対に"光が(ルーメン)or闇が(カリゴ)集まる"というセリフを浮かして教える。

ここで10月27日追加されたパターンでルーメンがカリゴと分かれる点ができるが、スキル封印バリアと遠距離攻撃反射パターンだ。
カリゴではサテライトビームと定期的である十字爆発を起こすが、ルーメンは最も遠く離れたキャラクターに一定スキルを封印させて使用時即死させるスキル封印バリアとルークが"お前らの力が返っていく"というセリフとともに体から神聖な光と同じエフェクトが発生して、遠距離攻撃を反射させる。その上この反射パターンは運が良くなければルークディールタイムと重なる時もあって遠距離キャラは少しわずらわしい。





攻略


入場前に1P位置にクルセイダー、2P位置に遠距離キャラクターあるいはパーティーでディールが一番不足したキャラクターを、そして残ったキャラクターを3P4Pに置けば良い。この時注意する点は遠距離キャラクターだとしてレンジャーやバトルメイジのように近接を中心に戦うキャラクターを置けばターゲットによって雑魚モンスター処理に困難がおきるということだ。

ソリウムマキナ:ルーメンに初入場をしたら揺れる激戦地と同じ初部屋には何のモンスターがない状態で始める。だが次部屋へ渡らなければ力の祭壇が開かれないでホーリーはここで2次覚醒をつけて栄光の祝福を除いたストックを一度溜めたバフを与えた後、ボス部屋へ渡ってルークと遭遇をして持続的にバフを与えなければならない。同じようにディーラーもまた、早くスイッチングをした後次に部屋へ移る準備をする。

次の部屋へ渡れば光の力を吸収して全盛期時代に戻った光のルークが本体にはダメージを受けないようにするバリアをまいて冒険家を迎える。このバリアはいかなる場合にも壊すことができなくて、ひたすら他のパーティーが力の祭壇と光の祭壇をクリアする場合に壊すことができるシリンダー2個を破壊してこそ解ける。したがってルーメンに入場したパーティーは他のパーティーが祭壇を壊す間、最大限ルークから当たらずに持ちこたえなければならない。
だが、これに対し負けないようにルークがじっとしていない。上述したように体が途方もなく丈夫な雑魚モンスターを持続的に召喚して、手からハイパーアーマーも壊して前方に出すレーザーを発射して、建築物とブドウ弾を発射する。

ディーラーは雑魚モンスターを持続的に処理しなければ1匹当たり5ゲージのHPMAXを回復することで煩わしいからその場ですぐ倒すことが得する。この時1Pにいるホーリーオーダーは雑魚モンスターたちを処理するディーラーからブドウ弾誘導をするべきで、ブドウ弾がみなさく烈した後にしばらくディレイごとに持続的にバフを戻さなければならない。特に一番気を遣わなければならないバフ順は保護の兆候、メロディ、フラッシュ、生命の源泉だ。

その他に建築物投擲はターゲッティング形式として当たる時ひどく痛いので、ルーク頭上に斧形の建築物が召喚されることが見えれば雑魚モンスターにしたディールを止めて互いに動きが重ならないように逃げるのがポイントだ。

シリンダーを破壊した後には多段ヒットを入れてディールを入れて一般ルークと似た"光のバリア"パターンを必ず破壊できるように適当にディールをしてバリア破壊のためのスキルを惜しんでディールをしよう。






注意点


ルーメンパーティーは最大限コインを惜しむこと
多分ルーク初心者や攻略熟知が未熟な人々はここで一番悪口をたくさん言われるだろう。別名'コイン泥棒'と呼ばれる存在が、自分のディールだけ信じて申し込んだ人々の大多数がここに属する。
ソリウムマキナ:カリゴ文書を見れば分かるだろうがルークパターンが上向された後にも相変わらずルーメンはカリゴより相対的に容易な方だ。すなわち、ルーク2フェーズはすべてのパーティーがコイン20個を共有することでカリゴパーティーにどの程度のコインを譲り渡すかがクリアに直観的に影響を及ぼすということだ。
いくつかの攻撃隊パーティーはカリゴで15個のコインを使ってクリアする所もあるので、本当に重要な問題であり、時によってはカリゴで戦略的にコインを使えるように助けることである。
追加でこのようにルーメンでコインを惜しんだ後クリアしたら、知恵の祭壇と闇の祭壇が開かれるがここで使うコインも同じように共有されるので、もしボスでないネームドでパーティーメンバーが死んだ場合、コインを使うことよりは再入場をするのが精神健康によい。したがって誰でも初めから最後までコインを惜しむ最高の方法は攻略の完ぺきな熟知が解答ということである。

ルークにも狂暴化パターンがある
時々攻撃隊パーティーで見られる問題点が、一般ルークはあまりにも瞬殺をしているのでいくつかのホールディングキャラが持続的にホールディングをする場合が多い。だが、ルークは狂暴化パターンで暴風式を有している。したがって他のダンジョン狂暴化のように避けることができるだろうという安易な考えは絶対にやめ、ホールディングスキル乱用はしないようにしよう。ルーク狂暴化は無条件マップにどこでも発動される瞬間、すべてのパーティーメンバーを自分の前にホールディングしておいて剣神の暴風式のようにむやみに斬った後、自分の顔で覚醒カットシーンを浮かして最終打を飛ばして全部こなごなにさせるだろう。

気絶スキル禁止
例でブラッドリブンを上げられる。もちろん気絶を込めるとディールタイムが無条件終了するという意でない。気絶にかかる場合、ヒットはなるがダメージが入らない無敵にかかる。
ルークがディールタイムが開かれた後に気絶をかければ気絶かかったルークをパーティーメンバーが知らずにずっと殴る場合ディールは入らないのにヒット数は判定で扱われてディールタイムが終わる。

バトルメイジはルーメンでルークが固まるようにできる
使徒化クエイサーを使う場合、使徒化が終る時までルーメンルークはずっと固まる。カリゴではかからない。

男性レンジャーは剥ぐ時スカッドではがしてはならない
ルークの剥ぐ時スカッドジェノサイドを使えば、はがすこと易しいのでバリアパターン時使う人々が多いが。問題は100パーセントバグがさく烈する。
バグの発生条件はルークがスカッドで剥げる時だ。スカッドで剥げないでヒット数累積になる線で終わればバグはさく烈しないが、450ヒットの最後にスカッドがつけているなら無条件バグがさく烈する。もし同じパーティーにレイヴンがいるなら注意をするようにしよう。もちろんディールタイム時使うのは関係ないから思う存分放ってもかまわない。

シリンダー壊す前ルークを殴るのはむなしい苦労だ
10月ルークパッチ前はシリンダー以前にルークが生成したバリアを殴ればヒット数累積が認められて単打スキルキャラクターもクール初期化バリアを壊すやいなやルークディールタイムを開くのが可能だったが、パッチで詰んだのでルークバリアに粗探しをする時間で、雑魚モンスターでも殺すことにしよう。例外があるならユリスの決心でルークを縛っておくためにルークを直接攻撃する場合。

関連記事
( 2017/02/03 16:47 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。