悪魔に変身する女プリーストを一つ追加です!ミストリスを事前チェック Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

悪魔に変身する女プリーストを一つ追加です!ミストリスを事前チェック 











-----

出典:http://df.gamechosun.co.kr/board/view.php?bid=report&num=2736514



1月3日女プリーストがファースト サーバーに姿を表わした。DNFフェスティバルで予告したそのまま4個の転職が同時に登場したし全1次覚醒を搭載していた。


果たして男プリーストと似ていながらもクルセイダー、異端審判官、巫女、ミストリスはどんな職業であったか?直接プレイしてみた。


※本記事の内容はファースト サーバー基準としてライブ サーバーに実適用時、変動がありえます。


◆ミストリス


738702_1483981759.jpg


ミストリスは男プリーストのアベンジャーに該当する職業で偽装者に近い悪の力で自身を囮として悪魔を引き出して処断する存在だ。


アベンジャーと同じように鎌と重甲を着用して悪魔の力を一部発現したり悪魔に変身するスキルを保有している。


敵を自身のデバフ領域に引き込んだ後、鎌を利用した戦闘術で敵を制圧して一部スキルは自身にもペナルティを負担するのでこれを補完するスキルをよく活用しなければならない。


◆スキル


転職直後2個のパッシブ スキルを習得できる。罪業に踏み付けられた身体はミストリスの設定で、存在するモンスターを引き込む能力を具体化したスキルで一定範囲内の敵のターゲットを引っ張って敵の的中率と魔法防御力を減少させる。


誘惑効果はつけて消すのが可能だが誘惑効果を消せば敵の魔法防御力と的中率減少、七つの大罪バフ効果も共に消えるので一部区間を除けば常についていなければならない。


874667_1483956360.jpg
▲殺意の波動のようにモンスターのターゲットが自動で引かれる


背負った者の鎌マスタリーはアベンジャーと類似の形態の武器マスタリーだ。魔法攻撃力、魔法防御力、攻撃速度、的中率が増加して鎌を使う一部スキルの後ディレイを他の鎌スキルでキャンセルできるようになる。アベンジャーの鎌マスタリーと比較すると闇属性/光属性抵抗を的中率に変えたわけだ。


498618_1483956366.jpg
▲ 鎌の基本的中率が低いという点を考えれば悪くないオプションだ。


七つの大罪はミストリスの唯一のバフ スキルだ。スキル発動時4個の方向キーでそれぞれ違った罪業を選択できるし、選択した罪業により罪業に踏み付けられた身体範囲内にいる敵に対するデバフや攻撃時追加効果を得て自身にペナルティを負担する。


追加で転職スキル攻撃時、合計7個まで溜まる罪業ストックを得ることになってこの罪業ストックは未転職スキルである重い罪業で消耗できる。もしこのストックをただ1個でも保有しているならば重い罪業は強制硬直をかけてしまって罪業ストックの数により硬直時間が増えるようになる。


369825_1483956369.jpg
▲それぞれ属性抵抗減少、魔法防御力減少、スキル ダメージ増加、追加ダメージを提供する。


ラスト ハンドは転職後、学ぶ基本攻撃スキルでありユーティリティスキルだ。悪魔の形状に変身して爪を長くのびて爪についた敵にすぐに移動して鎌で斬る攻撃を加える。爪につけられた敵に移動する間には無敵であり、基本技としてはクールタイムが結構長い代わりに反対給付で倍率が結構高く策定されている。


ギロチンもラスト ハンドのような基本攻撃スキルだ。鎌で前方をとって対象が投げが可能な敵ならば上に乗ったまま首を斬る攻撃をして投げ不可能な敵ならば斬る攻撃力を加えたまま終える。現在はバグがあるのかすべての敵に投げが入ってパターンを斬ることが可能な状況だ。


ラスト ハンドと似た威力とクールタイムを有しているが意外にからだ側では判定が狭い方でありスキル発動後宙に浮く問題のために後状況が別に良くない。これは後述するプライド アクセルとの連係で克服できる。


プライド アクセルは空中で軽く走った後、近辺をずっととって衝撃波で敵を攻撃するスキルだ。発動中方向キーを利用して落ちる地点を選択できるし空中でも使用が可能な特性のためにギロチン使用後無防備状態で自由落下する時間を減らすことができる。


http://i.imgur.com/Rc2iwKr.gif
▲ギロチン発動後に生じる隙間をプライド アクセルで埋めることができる。


ローリング ラッシュは前方に突進して体を回転させて敵を斬るスキルだ。発動する時、方向キーを押してさらに遠く突進できるし、鎌を褒め称える先ディレイと体を揺り動かす後ディレイがそれぞれ存在する。 空中発動が可能で空中で発動時、先ディレイが大幅減るので後ディレイは背負った者の鎌マスタリーで補完して先ディレイはジャンプあるいはバックステップ発動に減らすのが良い。


328883_1483956383.jpg
▲ただしモンスターを前に飛ばしてしまう部分は問題になることがある。


スロウス ボディーはミストリスの主な生存スキルでありユーティリティスキルだ。発動時悪魔の形状に変わったままひざまずいて座っていることになって、この状態で罪業に踏み付けられた身体範囲内にいるすべての敵を速い速度で引いてきてミストリス前に呼び起こす。


この状態でダメージ減少率を適用されて受ける被害が減って、もう一度スキル キーを押したりZキーを押して突き攻撃を加えることもできる。基本的なダメージ減少率は60%ほどだが入ってくる攻撃を正確なタイミングに防げば被害減少率が95%まで上がる特徴がある。


http://i.imgur.com/YNFE0Jy.gif
▲普通は生存期でなく上のように集敵としても使う可能性が高い。


グリード・ザ・ラーカーは地面を足で叩いて影を植えた後モンスターを攻撃させる。影は触手形態になって一定範囲内の敵を攻撃して範囲内にいる敵は全部多段ヒット被害とともに強制硬直にかかる。


威力も重宝して発動後ディレイも殆どなくて他のスキルでの連係が容易な万能スキルであり、スキル発動中には触手に通してあけられたモンスターを動かさなくさせるのでモンスターをあっちこっち飛ばしてしまう一部スキルの問題点を解決してくれる。


http://i.imgur.com/8JGgW4n.gif
▲発動も速くて後ディレイも殆どない。ミストリスのスキルのうち模範になる友達だ。


サイド マッサカーは本来の場所で猛烈に回転して斬る攻撃を加えた後、鎌で乱舞を加えるスキルだ。スキル発動中xキーとスキル キーを連打して、さらに早く切れるし発動ずっとハイパーアーマーとキャンセルされる危険もない。


スカッド ザ ラスはミストリスの45帯スキルだ。前方に向かって高速移動して通り過ぎた敵に大きい被害を与える。発動時前進キーを入力して移動距離を増やすこともできて速い発動と強力な一撃ダメージのために注目される立派な単打スキルだ。


811258_1483956390.jpg
▲ 45帯スキルのうちでも抜群の速度感、ダメージ、演出を自慢する。


1次覚醒名はシンセイアー(罪を告げる者)だ。


覚醒パッシブ 罪を告げる者はバフスキルである七つの大罪と相互作用するスキルで各罪業のデバフ効果を強化してデバフ効果にかかった敵打撃時物理クリティカル確率とクリティカル攻撃力を増加させるバフを取得する。罪業デバフ発動が基準なので罪業に踏み付けられた身体や七個の大罪がついていなければ使うことはできない。


デバフ効果強化はスキル レベルにともなう差が最初から存在しなくて事実上クリティカル攻撃力増加が主力であるパッシブだが テキストとともに魔法攻撃型キャラクターであるミストリスに物理クリティカルを引き上げるオプションはなんの使い道もない。


物理クリティカル連携オプションがテキストだけでなくオプションまで適用される現象は今後ライブ サーバー適用時修正されると予想される。


741486_1483956394.jpg
▲ファースト サーバー告知には魔法クリティカルと記されているのでライブサーバー適用を待ってみよう


1次覚醒スキルは堕落の七罪宗だ。アベンジャーの悪魔化と同じように悪魔の形状に変身する変身型覚醒スキルであり、変身途中には攻撃速度と移動速度が増加してレベルにより変身中防御力とHP、MP追加回復率を得る。


変身途中には基本攻撃および鎌系列のスキルが変化して一部未転職スキルの使用が封印される。 持続時間が終わったり過度に多い被害をこうむる場合、変身が解除されて変身が解除される前にスキルを再び使えば近くの最も強い敵を追跡して大きい被害をあたえる浄化の花でかばって攻撃する。


持続時間が終わって変身が解けるといって浄化の花が自動的に出て行くのではないから、できるだけ変身が終わる前に浄化の花を使った方が良い。



60レベルで学ぶスキルはエンビアス キスだ。シャドー ダンサーの短剣投擲のように敵に大きい硬直をあたえる投擲物を発射して、投擲物に当たった敵は一定時間同じ敵を攻撃する魅惑状態に突入する。


魅惑状態にかかった敵がいるならば10秒中にスキルを再発動して魅惑にかかった敵に接近してフィニッシュ攻撃を加える。


632678_1483956400.jpg
▲魅惑にかかった敵は10秒間他の敵を攻撃することになって


925396_1483956404.jpg
▲ 10秒内にスキルを再発動させて強力なフィニッシュを食らわせることができる。


グラトニー バーミッツは70レベルで習うことができる。悪魔の形状に変わって前方に向かって敵を吸収する竜巻を生成するが、毎打撃ごとにHPを3%ずつ回復する。最大8回までHP吸収が可能で吸収が終われば吸収したエネルギーを前方に吐き出す攻撃をする。


集敵性能とHP回復量はスキル レベルにともなう差がなくて、単純に集敵と回復技で使うか攻撃スキルで使うかなど用途により投資の有無が分かれるスキルだ。


645207_1483956409.jpg


◆総合



▲ミストリス ファーストサーバープレイ動画


アベンジャーと似ていながらも別のキャラクターを作ろうとする試みは良かった。鎌戦闘術特化というスキル構成は確かに1次覚醒以前にスキル コンセプトがアベンジャーよりは良いという評が多い。


だが、これとは別個で1次覚醒スキルである堕落の七罪宗がアベンジャーとは違い非変身状態での短所を埋める程度で終わったことは惜しい。


プレイ中維持するようになるオーラとバフの効果は強力だが、それだけペナルティ効果も強くて変身を維持してこそ正常なプレイが可能だが堕落した心臓の十字架とともに変身維持時間を増やすアイテムを動員しても本来変身の維持時間を増やす苦痛の喜びと同じスキルが別に存在しない。


すなわち非変身状態ではペナルティをそっくり抱きしめてプレイすることになり、変身状態でも速度増加、防御力増加とともに攻撃連携能力値強化がない。せめて悪魔化のように変身途中スキル ダメージ増加だけあっても今よりはより良い位置づけを構築したと思う。


スキルの性能も若干ねじが陥っているが、これを変身でも簡単に埋めるのが難しくてその変身さえも無限維持にならないという点でライブ サーバー適用時、ある程度修正が必要である。


関連記事
( 2017/02/01 22:25 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。