サブホールディングやパーティーの相乗効果を担当する物理ディーラー!異端審判官 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

サブホールディングやパーティーの相乗効果を担当する物理ディーラー!異端審判官 











-----

出典:http://df.gamechosun.co.kr/board/view.php?bid=report&num=2735276


1月3日女プリーストがファースト サーバーに姿を表わした。DNFフェスティバルで予告したそのまま4個の転職が同時に登場したし全1次覚醒を搭載していた。


果たして男プリーストと似ていながらも他のクルセイダー、異端審判官、巫女、ミストリスはどんな職業であったか?直接プレイしてみた。


※本記事の内容はファースト サーバー基準としてライブ サーバーに実適用時に変動がありえます。


◆異端審判官


613547_1483717573.jpg


異端審判官は物理退魔師の戦闘スタイルインファイターの設定を継承したキャラクターで現在の公開された4人の女プリースト中、唯一の物理攻撃型キャラクターだ。


主な武器はバトルアックス、防具は重甲を使ってすべてのスキルの攻撃力が物理攻撃力に比例する。


特徴では武器に聖火と呼ばれる光属性+火属性の火炎をかけて敵を攻撃できるし聖火に攻撃された敵に持続被害をもたらせてこの持続被害を一度に放って敵を固まるようにさせる焼却状態にさせることもある。


◆スキル


転職時自動で習得する審判官の戦闘術によって異端審判官はバックステップ中基本攻撃、プレゲの火炎瓶、プレゲの精粋を使えるし火属性強化あるいは光属性強化中高い数値の属性に合うように低い数値の属性が上がる補正が入る。


http://i.imgur.com/5VzbH95.gif
▲審判官の戦闘術のおかげで異端審判官は考え以上に軽快に動くことができる。


バトルアックスマスタリーは武器連携パッシブ スキルでレベルが昇る時ごとに攻撃速度、的中率、武器物理攻撃力、防御無視物理攻撃力を引き上げる。


主力バフは狂的な信頼で物理クリティカル確率とクリティカル攻撃力を増やしてくれる。10レベル マスターを基準として物理クリティカル確率は10%、クリティカル攻撃力増加率は40%であり最大20レベル達成時物理クリティカル20%、クリティカル攻撃力増加率60%を確保できる。


768936_1483712843.jpg
▲バフのレベルは25だ。スイッチング装備を求める時参考にしよう。


転職直後習う基本攻撃スキルは断罪のクロスプレゲの火炎瓶だ。断罪のクロスは使用時、斧を振り回して敵を十字形態で斬ってプレゲの火炎瓶は使用時火属性、光属性ダメージをあたえる爆発を起こして被害をこうむった敵に火をつける。


2スキル全6.6秒クールタイムの適当な基本技でありこの中プレゲの火炎瓶は聖火を学習前には敵を焼却状態にさせることができる唯一のスキルなので序盤には有用に使われて後半にますます比重が低くなるようになる。


265340_1483712374.jpg
▲威力も類似してクールタイムも同じだ。低レベル狩り時にはこの二つのスキル中心に戦うようになる。


20レベルで学ぶスキルは懲罰の一撃プレゲの精粋だ。懲罰の一撃は軽く前にジャンプして斧で叩く攻撃をしながら前に走って斧を振り回す時とても軽くモンスターを集める判定がある。ジャンプ中にも発動が可能だが空中発動、地上発動全て前に走るモーションの距離調節が不可能でそれとなく使いにくい部分がある。


456711_1483712540.jpg
▲懲罰の一撃はいっそ距離調節が可能だったら移動スキルで活用できたようで惜しい。


プレゲの精粋はプレゲの火炎瓶や聖火によって火がついた敵に精粋をばらまいたり精粋をあらかじめばら撒いて火炎瓶や聖火で火をつける連係を通じて敵を焼却状態にさせることができる。 焼却状態になった敵は本来聖火によって受けなければならない持続被害を一度に受けてしばらくの間、体が固まってしまってこれを利用して戦闘中間中間で敵の動きを完ぺきに制圧するのが異端審判官の核心プレイだ。


361080_1483712646.jpg
▲単独で使えば大したことのないダメージを自慢するが


http://i.imgur.com/3ugbLz0.gif
▲上のような方法で


http://i.imgur.com/xNveM0L.gif
▲敵を焼却状態に落とすことができる。


聖火は25レベルに習う連係スキル兼バフ スキルだ。発動時、斧に聖火を付けて上げて斬ることを発動して3個の分量の聖火をチャージする。聖火がついた斧では毎攻撃時火属性、光属性被害をもたらせることができるようになって焼却を誘発しかねない持続被害を残す。


スキル攻撃時この聖火が1個ずつ消耗して聖火に投資したスキルレベルの数ぐらいこの持続被害量が増えるようになる。聖火管理が結構難しく見えるが、クールタイムがそんなに長くなくて一部スキルを除けばスキル発動途中聖火を発動してつけられるし1次覚醒時個数制限が増えるので聖火管理問題は1次覚醒以後ある程度解決される。


469402_1483713168.jpg
▲基本攻撃では聖火が消耗しないから安心


30レベルには審判の一撃精粋ばら撒くを習う。審判の一撃は斧を縦で重たく振り回すスキルで若干の先ディレイがあったりするがダメージ範囲全部遵守した攻撃スキルだ。


精粋ばら撒くはプレゲの精粋連携パッシブスキルで前方ボタンを押したままプレゲの精粋を使用時、広い範囲に精粋を散らかすことができるようにさせてくれる。多数の敵に精粋を付けて焼却状態にさせる時役立つ。


402758_1483713237.jpg
▲審判の一撃は若干遅い発動が傷ではあるが豪快な打撃感が一品だ


http://i.imgur.com/lVMWwjO.gif
▲精粋ばら撒くを習えばさらに広い範囲に焼却をかけることができる。


35レベルには即決審判洗礼の炎を習う。即決審判は当たる対象によりスキル使用方式が変わることが特徴だ。一般的には斧で敵を一度刺した後、周辺範囲全体を大きく斬るが焼却されている相手に発動時突き後、斬ってあげて終えるようになる。


洗礼の炎は聖火系列の最後のスキルで空に精粋をばらまいた後これを爆発させるスキルだ。被害量が明確に高かったり別に焼却状態を誘発することはないが、見た目よりは範囲が広くてしばしば使うほどのスキルのうちの一つだ。


582207_1483713363.jpg
▲焼却された敵を攻撃時出てくるフィニッシュは非常に強力だ。


986642_1483713391.jpg
▲前方では攻撃範囲が広くても側後部が脆弱な短所を克服するように助ける。


40、45帯は高潔な激怒斬首を習うことができる。高潔な激怒は乱舞系列の無色スキルで発動直ちに本来の場所で敵を5回斬るようになる。聖火を付ければスキルの被害量が強化されて毎打撃ごとに暗転がかかる演出が追加される。


斬首は異端審判官が半周を回って斧を前方に向かって大きく強力な斬をリリースするスキルだ。非常に強力なスキルだが先ディレイ、後ディレイが結構長くてパーティーメンバーのホールディングがなかったり焼却状態にさせずには的中せずジレンマが起きるスキルだ。できるだけ味方のホールディングを見て使ったり焼却で敵を固めた後使うことにしよう。


http://i.imgur.com/iLkSr07.gif
▲演出のために対応職業群退魔師のスキル逆天の七肇撃が浮かび上がる。


625360_1483717311.jpg
▲斬首はディレイが非常に厄介なので焼却をかけて打つ方が良い。


1次覚醒名はヘルカイト(冷血さ)だ。


覚醒パッシブ異端の烙印は習得時、聖火で誘発する持続被害が異端の烙印に変わることになってこの烙印が押されている敵や焼却状態の敵、焼却が終わった敵に味方があたえる被害量を30%増えるようにする。自身が負わせる被害も当然それだけ増加することになって聖火発動時チャージされる聖火の個数が増えてさらに安定した聖火運用を可能にしてくれる。


515910_1483713809.jpg
▲パーティーメンバーとの相乗効果を考慮したら異端審判官は休まずに攻撃しなければならない。


1次覚醒スキルは火刑だ。斧を非常に大きく振り回して敵を集めた後クロスにぶら下げて火で焼いて浄化するコンセプトのスキルだ。振り回す1回、上から下へ叩きつけてぶら下げる1回、火刑多段ヒット15回でなされていて9レベル基準被害量の合計が13万%が超えて聖火の追加被害や狂的な信頼などの相乗効果を考慮したら期待火力は相当する。



60レベルに学ぶスキルは業火の渦巻きだ。大回転撃のように巨兵をとらえて遠心力で敵を攻撃して連打時、回転数と回転速度が増加してゆっくり移動できるという部分まで同一だ。攻撃に当たった敵を前方に引き込む効果があるがクールタイムは大回転撃より5秒長い25秒だ。


http://i.imgur.com/t9qZxWO.gif


浄化の炎は70レベルに習うことができる。異端の烙印が押されている敵にだけ使用できるスキルで烙印が押されているならば対象がどこにあるのかと関係なく烙印を放って大きい被害を与えることができる。他のスキル発動をキャンセルして発動できるしこの場合、既に発動したスキルは中止されるので注意しなければならない。 刻印が彫られた個体一つ一つに個別作動する構造であり、ただ一回だけだがスプラッシュ被害が入るのでモンスターを追い立てて使うのが良い。


854056_1483714013.jpg


◆総合



▲異端審判官ファーストサーバープレイ動画


DNFフェスティバル公開当時の異端審判官はキャラクターの面白味とは別個で弱点多いという評価を下していた。火遁:紅焔の変更により消えたストック型バフの存在や先ディレイが非常に大きいスキル間のキャンセルが不可能で引き伸ばすディーリング時間など現DNFの主体を逆行するような姿がたくさん見えたためだ。


だからライブ サーバー適用時最も選好度が落ちる職業であることで予測したし、これを意識したのか1次覚醒パッシブで弱点を補完しようとした跡が見える。30%ほどパーティー全体の火力を増やす相乗効果ができた点聖火ストックの管理を容易にさせる部分がそうだ。


基本的にはパーティー最前線で烙印と焼却をばらまきまくってホールディング、ディール増幅、サブディーリングを担当するべきが三種類の性能が皆とても優れなく見える。3秒ホールディングが可能な焼却をするには精粋のクールタイムである11秒ほどを待たなければならなくてディール増幅は裏通り姉弟と似た水準でありディーリングはファーストサーバーという点を考慮してもスキルの係数に比べてとても出てこない。


2次覚醒が出てくることもしない時点で決断をしてはいけないが今までは長所がよくあらわれないキャラクターということができる。


関連記事
( 2017/02/01 17:17 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。