悲嘆の塔で100人の選ばれた冒険家を相手せよ!24日ファーストサーバー分析 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

悲嘆の塔で100人の選ばれた冒険家を相手せよ!24日ファーストサーバー分析 











-----

出典:http://df.gamechosun.co.kr/board/view.php?bid=report&num=2754741

24日、ネオプルはダンジョンアンドファイターのテスト サーバーであるファースト サーバーに新規コンテンツ'悲嘆の塔'をアップデートした。


悲嘆の塔は去る11周年記念イベントで言及された特殊ダンジョンで、実際の100人のユーザーを選別して悲嘆の塔APCで作ると言及して話題になったことがある。


実際のファースト サーバーにアップデートされた悲嘆の塔は選別されたユーザーAPCだけでなくレジェンダリー/エピック等級のイヤリングを得ることができるイヤリング壷、新規レジェンダリー イヤリングなど多様な要素でDNFユーザーの注目をひきつけている。


1_20170201144901712.jpg


悲嘆の塔は絶望の塔、死亡の塔と同じように亡者の峡谷で入場できる。 このダンジョンは絶望の塔と同じように100階まで上がるようになるが、色々部分で絶望の塔と違ったルールを有している。


まず悲嘆の塔は90レベルというレベル制限が存在する。 魔界アップデート以後魔界最大レベルに合わせた特殊ダンジョンであるわけだ。


◆悲嘆の塔特徴


悲嘆の塔は亡者の峡谷に他ダンジョンとは違うようにアカウント単位で入場回数に制限がある。このために自身が集中するキャラを選択して着実に回ることが重要だ。代わりに入場回数は自身の冒険団レベルにより流動的に変化する。これはキャラクター量産を通じて無分別に報酬が解けるのを牽制するためと見える。


2_2017020114490331e.jpg
▲すでに悲嘆の塔を1回クリアしたのでアカウント内でただ一つのキャラクターだけが悲嘆の塔を上がることができる。


悲嘆の塔は最高難易度特殊ダンジョンであるだけにいろいろ特殊なルールがある。


一番最初に目につく点はコンティニューが不可能だという点だ。言葉どおり戦闘中死亡時コインを消耗して戦闘を再開できなくなったのだ。クリア失敗時、再挑戦が可能だが再挑戦には後述する入場回数を消耗したり悲嘆の招待状を使わなければならないので慎重なプレイが要求される。


また、クリアに役に立つ一部アイテムとスキルには制約がある。バリアや回復類スキルの数値や持続時間、クールタイムに変更があってスキルのクールタイムを戻すクール初期化アイテムのオプションも作動不能になる。その上抗魔力を要求するので一定水準以上の装備着用は必須だ。



▲悲嘆の塔1階プレイ動画



▲悲嘆の塔2階プレイ動画


◆悲嘆の塔報酬


悲嘆の塔報酬では1階をクリアするたびに1~3個の千年の一歩を支給し、これは千年の歳月という特殊な材料とともに悲嘆の塔報酬を購入するのに使われる


千年の歳月は詳しい情報は明らかにならなかったが悲嘆の塔では50階でエピック壷を取得できると言及したDNFフェスティバルの内容を推察して50階ごとに1ヶずつ獲得可能だと予想される。


3_20170201144904c88.jpg
▲二つの材料を集めて悲嘆の塔エピック壷を狙おう


その他にもNPCシモナを通じて千年の一歩を1個当り100000ゴールドに購入することもできて悲嘆の招待状を1000000ゴールドで2枚ずつ購入することもできる。もしアカウント内色々キャラクターで悲嘆の塔を上がっているならば再挑戦時、一々入場回数を消耗するよりは悲嘆の招待状を使った方が良いものと見られる。


悲嘆の塔報酬壷のレベル制限は80~90で多くの装備が主力で使える水準のレベルであり、その中でもイヤリング壷が多くの人々の注目をあびている。


イヤリング壷ではルーク レイド エピックであるテネブネ・ヌスを除いたレジェンダリー~エピック等級のイヤリングを取得できるし、壷だけで獲得できる3種のレジェンダリー イヤリングが存在する。


4_2017020114490510c.jpg
▲ 1月24日アップデートに追加された3種のレジェンダリー イヤリング


3種の新規イヤリングでは高い能力値と適当な属性強化、すべての攻撃力増加が特徴であるシュベルティ、主能力値はないがダメージ増加とクリティカル ダメージ増加を追加で確保できるキュービック オブ シックステール、高い属性強化と5重複可能な速度バフで速い速度戦が長所であるゴールド ボルテックスがあってこの壷を通じて既存チュルタナイト、 レインボーイヤリングを使った多くの冒険家が多少時間がかかっても良いイヤリングを獲得できるものと見られる。


一方、悲嘆の塔アップデートとともに絶望の塔の改変も進行された。 征服報酬であるエピック武器壷が種類別に細分化されてレベル区間が変わったし入場方式が悲嘆の塔と同一にアカウント単位制限がかかるなど多くの変化がなされた。


関連記事
( 2017/02/01 14:51 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。