光の祭壇 攻略 光の偶像ホルス、巨腕の王子ゴルゴタ/鉄腕の女王カルバリ Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

光の祭壇 攻略 光の偶像ホルス、巨腕の王子ゴルゴタ/鉄腕の女王カルバリ 











-----



光の祭壇 動画
https://www.youtube.com/results?search_query=%EB%B9%9B%EC%9D%98+%EC%A0%9C%EB%8B%A8


光の偶像ホルス


bd19868f1a14fa254ee67714cd81a4317e63ea46209d6d422cd76757b9e0d0c6.gif

狂暴化の有無
ある

狂暴化数値上昇条件
ホールディング回数、光属性/闇属性攻撃時ゲージ上昇

狂暴化パターン
広い玉型雷電バリア発動

特異点
-



パターン


狂暴化パターン時、巨大な念障壁を発動し、念障壁外に出て行く時に陣が生成されてダメージが入って、跳ね上がってディールが打ち込まれるので運がないならば地面につくこともできなくてそのままコイン行き。しかし念障壁範囲も広くて内側に入ってくること非常に容易だ。10/13パッチ後で狂暴化途中には無敵状態になったので丁寧に入れば良い。 そして念障壁が消えると同時に槍で刺すが当たれば、封印状態になって何も出来なくてパーティーメンバーが殴ってこそ解ける。だがこのパターンも非常に遅いので避けることも容易だ。



攻略およびヒント

光属性/闇属性攻撃時、狂暴化ゲージが上がって該当属性攻撃を持つユーザーならば狂暴化を見やすいが、10/13パッチ後で狂暴化クールタイムが存在するので攻略に大きな問題はない。狂暴化念障壁が消えた後、瞬間移動して突き攻撃をし、Y軸に被害を与えれば終わり。








巨腕の王子ゴルゴタ/鉄腕の女王カルバリ


0988c90213dc283ccee800e0420e8e3b2d4348776535cc32efd2f4707dab3148.giff3bfe0899d362493cf940a46b41d6ef66c9fbd669506b52a0ca630e46c567923.gif


狂暴化の有無
ある

狂暴化数値上昇条件
ホールディング持続時ゲージ上昇、互いにくっついたまま被撃時ゲージ上昇

狂暴化パターン
ヘル アンド ヘブン

特異点
-




パターン


カルバリとゴルゴタが共に使うパターンもあるが2人のうち1人が違うパターンを発動しているならば関連しない。

乱打
カルバリがプレイヤーにテレポーションをする。 テレポーションした直後、ワン・ツーパンチを飛ばすが、ここに一発でも当たればすぐにゴルゴタも横にテレポーションをしながらカルバリとともに拳乱打する。 ゴルゴタも両サイドで一緒に殴ってダメージが恐ろしく当たるのでカルバリがテレポート後、拳を放つ準備をするならばY軸に移動してカルバリのワン・ツーパンチを当たらないことが重要だ。

大地強打
ゴルゴタが地面を叩いて衝撃波を起こした後、まもなくカルバリも一緒に叩いて衝撃波をおこす。 この時カルバリやゴルゴタの行動を制止できなければ、すぐにもう一度叩くので注意しなければならない。 まるでエネルギー遮断のメルタドロックと同じだがこちらは2人で地面を叩くのでより危険だ。 ただしダメージはパーセントで50%を削るメルタドロックに比べて良心的でジャンプで回避可能なので慣れれば大きな問題はない。

突進
カルバリやゴルゴタが2ガントレットを集めてX軸に長く突進する。発動モーションが長くて2ネームドが視野近くにいれば当たることがないが視野の外にいれば非常に早く突進してくるのでひき逃げ当てられる可能性が多い。

粉砕-カルバリ専用
ガントレットを高く上げて地面を大きく叩く。ダメージは途方もないが打撃範囲が狭いのでとても簡単に避けることができる。

闇の沼-ゴルゴタ専用
ゴルゴタが闇の力を解放して周辺のプレイヤーを引き込む地表を生成後、手をたたいて発動する。吸収力がハンパでなく脱出も難しいがダメージは板金キャラでも死に追い込むほどの無茶苦茶なダメージを引き出す。

正拳
ゴルゴタやカルバリが前方で正拳放つことを突き出すが、続いて前方で即死級の強力な衝撃波が発散される。 広域攻撃で範囲も非常に広い方だ。

光のバリア/闇のバリア
バリアをまいて無敵状態となる。 ゴルゴタとカルバリが互いに重なっている状態でホールディングが持続したら発動。持続時間が長い方ではない。

怒り
バフ。

狂暴化-ヘル アンド ヘブン
狂暴化時横にテレポートをしながら2ガントレットを集めた後、早く突進する。狂暴化パターン発動時バリアが張られてダメージが入らないが、確実に行動妨害や状態異常が付いてくることでもないので避けるには非常に容易だ。ただし曖昧なタイミングで持続的にダメージが入るスキルを使う場合、ディールが漏れる場合があるので狂暴化タイミングを念頭に置いてディールを入れること。




攻略およびヒント


攻撃自体は痛いが、狂暴化を除いた多くのパターンがホールディングでキャンセル可能なのでホールディングスキルを相次いで連係してディーリングを降り注げば良い。ホールディングを無視する上、位相変化とルーレット パターンのロサウラや強制パターンおよびオブジェクトで時間がかかるブッフォンに比較したら非常に容易だ。
関連記事
( 2017/01/27 14:49 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。