波及の聖所 攻略 クワトロマヌスMK-Ⅱ、悲痛のブッフォン Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

波及の聖所 攻略 クワトロマヌスMK-Ⅱ、悲痛のブッフォン 











-----

クワトロ マヌスMark-Ⅱ


狂暴化の有無
ある

狂暴化数値上昇条件
なし

狂暴化パターン
柱召喚




パターン


つかみ
プレイヤーを捕まえてマップ端に投げる。手がいくつか降りてくるが一度にみな捕まれば高いダメージが入ってくる。回避に成功したら手が静かに滞っているが攻撃したらディールが入る。 時々バグで手4個が一度に降りてくる時があって当然ダメージも4倍と捕まれば惨殺されるが、逆に言えばプレイヤーの攻撃も4重複入るので軽く避けて超火力したら拳叩く前に瞬殺が可能だ。

叩きつける
王の書庫クワトロ マヌスのように叩きつけるパターン。衝撃波が発生するのでジャンプして避けなければならない。拳を上から下へ叩きつけて暫くして衝撃波が発生するので上から下へ叩きつけるのを見てジャンプしたら良い。左右一回ずつ出てくる。衝撃波はダウンだけしてダメージは微小で避けられないでも大きな問題はないが、拳に直接叩きつけられたら即死級ダメージを受ける。 叩いた後、他のパターンを使う前までじっとしているのでディールタイムになるがどうせ拳は防御力が極度に高いうえに、特に右側拳をとても殴れば硬直で遅く上がってレーザーも遅く出てきてそれだけ地表一掃を回避する空間が狭くなる。拳殴ってすぐに瞬殺するパーティー火力でないなら適当に殴ること。

地面レーザー
拳を持ち上げて地面から黄色レーザーがわき上がってくる。レーザーは拳位置の最も下段から菱形に広まって魔法陣が見えるので避けにくくなく、普通部屋一番端でも一番上に上がれば避ける。だが、柱が長時間維持されるので大地一掃パターンをかすめて死にやすい。当たれば即死級ダメージを受ける。

地表一掃
地表に矢印表示後その方向に手をぱっとおとして当たったプレイヤーに即死級ダメージを与える。範囲は矢印位置から反対側マップ最後まで。
掃くことの位置はプレイヤーの位置により出てくるのでマップの上にあとで下へ、または反対に移動したら回避できるがy軸判定が見た目より大きく広くて避けてレーザーにかすめることがあって最も難しいパターン。右側の拳が先に上がるだけにレーザーも先に出てきて一掃パターン出てきた時ぐらい消えるのでマップ右側で避けるのがさらに容易だ。 問題は上述した通り拳が硬直を食らえば遅く上がるということだ。回避に自信なければ右側拳は触らないこと。そしてパーティープレイ時みな広まっていれば前兆を見られないで死ぬのが常なので拳に気をとられずに一掃が出てくる時ぐらい全員集まって一度に移動してこそ簡単に回避可能だ。 最初から矢印反対側に行ったり、ガンナーは跳躍ジャンプ空中射撃で避けることもできるが危険が大きい。

柱召喚.
''クワトロ マヌスMark-Ⅱが力を集め始めます。" (警告文)
マップに大きい柱と6個の碑石を召喚する。 碑石は装飾で、大きい柱とガーディアンはHPが存在して攻撃で破壊可能。 ガーディアン トポロジーというAPCが出てきて邪魔するが攻撃力は強いが体力が低いから早く処理可能だ。 破壊される前までは柱上段部にキャスト バーが出現してキャスト バーが満ちるたびに画面中央にチャージ進行率が表示されてこれはそれぞれ25%-50%-75%-100%順でチャージされて各区間ごとに味方をダウンさせる衝撃波が発生する。ジャンプで回避が可能。破壊に失敗したら画面が暗転してプレイヤーが立っている場所にレーザー砲撃が始まる。 一度当たれば瀕死状態に陥るほど威力が強大で、歩いて攻略が可能だけれどあまりにも長時間砲撃があふれて被撃された場所には陣が残ることになってパーティーメンバーが立っている場所ごとに落ちるのでパーティーメンバーどうし動きを団結するわけではないから.... 柱を壊す時間があまりにも簡単なためにわざと見るのではないならば問題ないパターン。柱破壊に成功したらクワトロ マヌスの頭が降りてきて長いディール タイムができる。頭は腕に比べて防御力が低くてダメージがよく打ち込まれるがホールディングスキルが入ればすぐに頭を入るのでホールディングスキルを封印してディールしなければならない。




攻略

クワトロ マヌスMark-Ⅱは上に叙述したパターン順序そのまま繰り返すのでパターンに慣れればそんなに難しくない。だがレーザーとともに連係して成り立つ地表一掃パターンが非常に驚異で、レーザーと地表一掃パターン二つとも即死級の威力を有していてレーザーが出てくれば地表一掃パターンを避けるのが難しくなる。 慣れれば容易だがなじまなければブフォンと一緒にコインかなり使うモンスター。

入るやいなやクワトロ マヌスの頭周辺でぶらぶらしていれば手がいくつか飛び出してくるバグがあった。このバグを利用したらクワトロ マヌスが通常の何倍にもなるダメージを受けることになってあっという間に退勤させることができた。

一般ルーク初期までだけでも手の防御力が頭よりはるかに高くて上記した手重複バグもしくは少々ではパターンをみな報告頭を殴って捉えなければならなかったが、バグなのか潜水艦パッチなのかいつからか手の防御力が頭と似た水準に降りて行ってレイドや一般ルークにしても初パターン時すぐに殴って捕えられるサンドバッグになった。







悲痛のブッフォン


cb1516923a7ecec5a679c73e36cba87fb4a340da0adc578f9623b7bd82b68df6.gif

狂暴化の有無
ある

狂暴化数値上昇条件
ブッフォンのシールド破壊

狂暴化パターン
テスラ コイル






パターン


ドローン
入場の時、赤色と青色の円を描くレッド/ブルードローンが存在する。この二ドローンは以下いくつかのパターンに影響を及ぼす。ドローンは持続的に動くが、円を描いて進める形だ。

爆弾
入場の時"ブッフォンが爆弾で侵入者を全滅させようとします。"というメッセージが出力されてマップ後方に爆弾オブジェクトが生成される。このオブジェクトはアントン レイドの艦砲と同じように混乱状態で攻撃する場合、爆破されて、パーティーメンバー全員が即死するようになる。戦うならば混沌の魔石ネックレスのような装備を使うのに注意しよう。 殴って壊すことでもしたら入場即やられるボスの気持ちを味わうようになる。ひとまず混乱のオブジェクト攻撃問題をパッチすることはしたが、本来のとおり使わないことが良い。一応独立オブジェクトが混乱状態のユーザーに被撃されないのは確認された。

磁石
天井から磁石が降りてきてユーザーを引き寄せる。

シールド
ブッフォンがシールドを展開する。シールドとブッフォンのHPは別個で存在して、シールドが張られたブッフォンは防御力が上昇するだけで、無敵でない。ただしシールドのHPが0になれば後述する狂暴化パターンにつながる。すぐに以下パターン参考。ボス下段に小さいゲージでシールドの耐久度が表示されるのでこれを見てシールド破壊タイミングをうまく掴めたら良い。 シールド復旧にかかる時間は約40秒、破壊されたシールドが復旧する時プレイヤーをブッフォン前面に瞬間移動させる。時々移動した場所にレッド ドローンが現れたり消えたりするが、もし以前に設置しておくスキルを設置しておいたとしたらそのまま反射されて死ぬ状況が発生したりもする。ゲーム内部ドット上では溶接機がシールドを復旧させるドットがあって変にシールドゲージが上がりはしない。

狂暴化-テスラ コイル
ブッフォン攻略の核心。シールドが破壊されればマップ全体にテスラ コイルが出てきて持続的に電流を放出するが、持続時間がかなり長くて、当たれば概略十万から百万近くなる話もならないダメージが浮かび上がる。即死技。先立って話した青い/赤いドローンにいればパターンを避けることができる。 パッチ前には範囲も狭く移動速度も速くて事実上ないということに違わない安全地帯だったが今は充分だ。他の安全地帯ではボス部屋入場直後の死角地帯があるが、シールドを破ってそこまで逃げるのは無理。陣内で避けよう。 シールド破壊直前に設置スキルを使えばレーダー内で回避する中にブッフォンが打撃されて4人がクール初期化にかかったり、ホールディングスキルだった場合ノックバックを連続で発動して即死パターンをまた発動する場合があるので設置型スキルはシールド破壊前は封印するのが安全だ。 上の青色ドローンのクールタイム初期化パターンのために、普通次の三つの方法で狂暴化パターンを破壊する。だが、どのように破壊するのか事前に相談するべきで、パーティーメンバー全部同じように行動しなければならない。

1.定石のとおり青色円で避ける方法。こういう場合パターン発動中でも発動後パーティーメンバー皆が青色円を抜け出す時までブッフォンを絶対攻撃してはいけない。

2.神の加護を得て超火力する方法。パターンを無視して超火力できる。だがクールタイム初期化パターンは避けられないのでマップ一番右側に移動して(青色円の死角地帯だ)そこで超火力する。 また、ディールが切ったパーティーの場合最初ディールタイムで倒せないならば、これ以上この方法を使用できない。神のご加護のクールタイムは30分のため。

3.死角地帯を活用する方法。マップの右側終わり以下隅で右側を眺めていれば、狂暴化パターンに被撃しない。だが、性急にブッフォンのシールドを飛ばす場合、パーティーメンバーがまだ死角地帯に移動できなかったがパターンが発動してしまうので、パーティーメンバーこれら全て隅に移動した後にシールドを破壊する。

破壊時、上の言及のように40秒間シールドを復旧させることができなくて即死陣が消えた後が超火力タイム。時々このパターンでバグがかかってしまえばブッフォンの距離や無敵を解かない。だからパーティーメンバーが大変で1200ゲージを越えるHPの大部分を削ったのに再びしなければならない事態が発生したりもする。 赤い/青いドローンには味方を無敵に作って状態異常を短い間隔でずっと解除する効果があって混沌の魔石ネックレスユーザーは混乱が解けてかかってしながらタップダンスを踊って死ぬ。修正前までは混乱免疫をあたえる輝く世界のおもちゃを食べて熱心にムービングしよう。 おもちゃを食べなくても逆方向入力に動いて避けると考えれば少し難しくても避けることはできる。




雑魚モンスター
天井でクレーンが降りてきて量産型ルーク・ボットを置いて消える。量産型ルークモンスターは爆弾オブジェクトを攻撃すると見えれば除去しよう。

時間次元回収
ブルードローン領域中にパーティーメンバーがいる時、誰かブッフォンを打撃する場合、'ブッフォンが攻撃者の時間次元を回収します'という警告文が浮かび上がってブルードローン領域中にいるパーティーメンバーのすべてのスキルをクールタイム状態に作る。すでに使ってクールタイム中であるスキルも再び初めてクールタイムに戻るという点に注意。 最も注意しなければならないパターン中一つでブルードローン位置まともに見なくてむやみに殴って他人に被害を及ぼすこともあるので用心。


ブッフォンが攻撃者のダメージをかえします。
レッド ドローン領域でブッフォンを攻撃する場合、そのパーティーメンバーは反射ダメージを受けるようになる。アグネスとは違って該当パーティーメンバーにだけ反射する。

ガトリングガン
天井からガトリングガンが降りてきて特定ユーザーを付いて回って持続的にダメージを与える。移動速度が遅くて避けやすい。

光線
ブッフォンの上下で一つずつ天井からレーザー装置が降りてきて対角線に攻撃経路を教えるレーザーを撃って光線で大地を焼いて前に突進する。レーザーが過ぎ去った場所は加熱した跡が残って、突進する前にしばらくした後退するようなタームがあって避けることができる。
当たる場合、即死級ダメージを受けて、レーザーが過ぎ去った場所についてもHPがまばたきする間に減少する。途方もない速度で大きいダメージを与えるので事実上かすめても死亡。したがってレーザー地帯が生成されれば粗雑にジャンプで超えるつもりでなく消える時まで待とう。もし体力が急激に陥るならば被害を最大限減らすためにジャンプした後に上や下で回避しよう。



攻略

攻略法自体はシンプルだ。基本的にレーダーを避けてシールドを壊した後レーダー中でテスラ コイルを回避してテスラ コイルが過ぎ去れば攻撃をする方式だ。青いレーダー中でむやみに攻撃をしてはクールタイムが全部初期化されて攻撃が困るようにされるので気を付けよう。 磁石パターンはちょっと面倒な程度だが時々位置がひどくて磁石で集まった場所にレーザーを使うことがある。下手すると4コインが飛んで行くので注意しよう。

未熟練パーティーがブッフォンに苦戦する最も大きい理由がシールド破壊タイミングとクールタイム初期化だ。 シールド破壊後ノックバックとレーダーの位置を考慮してレーダーに安全に到達できるタイミングに破壊できなければ全滅するのが常で、青い陣位置も神経使わなくてちょうどディールしていては自身やパーティーメンバーがクールタイム初期化にかかって何もできない状況になる。 早急がらずに落ち着いて攻略することが重要なボスで、バリアのHPが残り少なかった時攻撃を緩めてレーダーに逃げる準備だけ上手でもブッフォンの難易度はガクッと減る。 テスラコイル回避後にも同じようにあせらずにクール初期化/反射陣を注意して慎重にディールをしたり、最初からパーティーメンバーどうし話をしておいてドローンがボスでちょっと落ちる時まで待った後に超火力した方が良い。

プラズマ パターンを避ける自信がないならば神の加護を使おう。最小限一度は無事に避けることができる。エピックフル パーティーならば神の加護を得て初プラズマ パターン時殺すこともできる。速い攻略を望むならばブッフォンのシールドを破った後、神の加護を使ってすぐに超火力するのかパーティーメンバーらとあらかじめ相談しておくのも良い。 ただ相談なしに一人で神の加護を使って正攻法に避けていた3人がクールタイム初期化をかぶる途方もない迷惑をかけることにされるので、事前相談は必須だ。レーダー範囲増加パッチ後シールド破壊タイミングだけうまくやればテスラ コイル回避自体は本当に容易なので初めからあえて神の加護を使う必要性もたくさん減った。

ルーク ダンジョンが一番最初追加された時はレーダーの大きさが今よりさらに小さい故にテスラ コイル攻撃を回避することが非常に難しくてルーク ダンジョンの真ボスと呼ばれた。
関連記事
( 2017/01/26 16:09 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。