消滅の聖所 攻略 ハイパースピード・ジャケリネ、破綻のハブーブ Arad is my life

消滅の聖所 攻略 ハイパースピード・ジャケリネ、破綻のハブーブ 











-----


消滅の聖域 動画
https://www.youtube.com/results?sp=CAI%253D&q=%EC%86%8C%EB%A9%B8%EC%9D%98+%EC%84%B1%EC%86%8C



ハイパースピード ジャケリネ


80a15314f37e6cc7e2279b2bd7a176d7d2ad9e130e6b5d8132351863c3dcc38b.gif

狂暴化の有無
ある

狂暴化数値上昇条件
ディールタイム時ホールディング適中時ディールタイムを取り消して直ちに発動

狂暴化パターン
鬼面剣の呪い



パターン


基本的にジャケリネは常時無敵状態であり、特定タイミングでカウンター ホールディングを成功させてこそディール タイムができる。

分身
ジャケリネが分身と共にマップあちこちを途方もない速度で歩き回ってプレイヤーを攻撃する。攻撃する直前しばらく止まって突きモーションで突撃してくるが、この時カウンター攻撃が可能だ。ホールディング(必ず建物型もホールディングさせることができるスキルでだけ可能だ。)を成功したりカウンターで多段ヒット5回を満たせば中央にテレポート後鬼面剣パターンを発動する。

鬼面剣
分身を解除してジャケリネが本格的に相手する。この時からディーリングが可能になる。周囲に固め打ちする刃暴風は保護の兆候なしだと即死級で用心!!

衝撃波
ジャケリネが気を集めた後、前方に衝撃波を発射する。 衝撃波に当たればノックバックと共に倒れる。


狂暴化-鬼面剣の呪い
狂暴化ゲージが満たされたら気合いの声とともに中央でテレポートをしながら念障壁をかける。以後プレイヤーにささいな火傷と共に鬼面剣をさしては再び分身パターンを実行する。この時、各プレイヤーがキャストをし始めるが、キャストが終了したら鬼面剣の呪いを受けたプレイヤーの両側と上側で爆発が起きて、この爆発は次々と伸びていく。 爆発ダメージは即死級。最も簡単な回避法は4人が一ヶ所に重なることだ。



攻略

見る分には気が気でないようであるが、慣れれば本当に簡単に処置できるネームド。マテカよりはるかに攻撃動作が遅いので、カウンターは本当に簡単に与えることができる。カウンター ホールディングや多段ヒットでディールタイムを得ることができる。この時'鬼面剣!'というセリフとともに周辺に刃暴風が起きるが被撃時途方もないダメージを受けるのでしばらく落ちよう。

狂暴化パターンである鬼面剣の呪いはすべてのプレイヤーが11、7、1、5時方向すみに刺されていれば爆発ダメージを受けない。プレイヤー頭真上にだけ爆発が起きないことを活用。

ディールタイムが開かれた後、ホールディングをしたら狂暴化ゲージがあっという間に上がってディールタイムが終わってしまう。このために初めてディールタイムを開く時以後は絶対ホールディングスキルを使わないでディーリングをするのが重要だ。余談でジャケリネがプレイヤーを刺してホールディングすることがホールディング判定と認定されるからなのか、この状態でジャケリネの狂暴化数値が早く上がる。バグなのか意図かわからないが修正が必要であるとみられる部分。現在は急激に上がる場合は殆どなかった。

バグで分身パターンでカウンターを非常に長くしたり引き伸ばすようにしたらモンスターが固まってしまって無敵状態から抜けない。グラップラーのブレーキング エルボー、魔神の大乱闘の事例が情報提供されたし、ひとまずパッチでこのバグは修正されたというパッチノートがある状態。




破綻のハブーブ


1b70921baa44ae6eb3225f3e93f599ad3406fce69009701dceb52223ef6867f1.gif


狂暴化の有無
ある

狂暴化数値上昇条件
火炎がついたプレイヤーが溶鉱炉打撃時、即時発動

狂暴化パターン
粛清




パターン


溶鉱炉
(発動時)溶鉱炉が開放されました。(警告文)
(パターン終了時)溶鉱炉が閉鎖されました。(警告文)
ハブーブは基本的に無敵であり、パターンで溶鉱炉が開放になる時がディールタイムで、一番右側に存在する溶鉱炉オブジェクトを殴ってディールをできる。パターンで閉鎖時ディールタイムが終了する。

火を張り付ける
キャラクター一人を持ち上げた後、炎を撃って当てて若干のダメージを与えて火炎を付ける。火がついたユーザーは自動で"火炎があればハブーブに~"という内容のメッセージが出力される。火がついたキャラクターは加速状態になって、火がつかない他のキャラクターが接触したら火が燃え移るようになる。基本的に火がついて良い点がないので、他のキャラクターに移さないように注意。 このパターンの相互作用は以下突進パターンと粛清、半身浴パターンを参照。主にクルセイダーがボス部屋入場後すぐにボスについて炎の印章を受けた後、遠く離れてフレイムボールを避けよう。以後溶鉱炉開放後、炎の印章を受けたキャラクターにとけた鉄が落ちて、誰も火がついていないならばマップで最も左側にあるキャラクターにとけた鉄が落ちる。 火がついたらボス近くに建たずマップ隅でとけた鉄処理をしよう。クルセがそれだけしてもハブーブは本当に簡単に捕えられる。

火炎球
分身を召喚して火炎にかばって突進させる。突進速度は速い方でも、分身ができる時のタームがある程度あって、あらかじめ地面に表示する。火炎が付けられたプレイヤーは即死し、もしくは少量のダメージを受けるが硬直が結構ある。 火炎球の判定が広いうえに回避する間隔も思ったより狭くて回避が非常に難しい方だが、地面に表示される突進経路だけ見るよりは少し前に出て行って生成される分身を見て避けることがさらに避けやすい。

巨大スライム-溶鉱炉開放
ハブーブが巨大スライムになってプレイヤー1人をつかんで飲み込んだ後、キャストを発動する。該当プレイヤーは受け入れられる時ダメージを受けた後火傷状態異常にかかる。この時溶鉱炉が開かれるが、キャストが完了する時までハブーブはプレイヤーを捕まえてばかりいるので、一定のディールタイムが保障されている。 体力比例ダメージを与えることでもないうえに捕えられる時ダメージもなくて、一緒に出てくるスライムHPMAXが低い方と助けることは容易な方。もしホーリーオーダーが捕えられてアポカリプスが上がった状態ならば助けることよりは超火力を降り注いでハブーブを消滅させよう。

パーティータイム
生存したプレイヤー皆に火炎が付けられていれば、パーティーロウソクのあかりが皆ついたとしてマップ全体にとけた鉄をばらまく。とけた鉄は風呂の湯パターンのように水溜りを作るが、ここに食らったら即死する。回避すること非常に難しいので、できるだけ皆に火がつくことはないように注意。

狂暴化パターン:粛清-溶鉱炉閉鎖
火炎がついたプレイヤーが溶鉱炉を攻撃したら発動するパターン。マップが火炎に熱されたように変わる。ハブーブが"炎を付けて殴るとはゆるせない!"とふきだしを浮かす。パーティータイム パターンとほとんど同一にマップあちこちに魔道学者の加熱炉の石ころのように超大型火炎石ころが落ちて地面に火炎地帯を生成する。当たったり火炎地帯を踏めば途方もないダメージを受ける。

半身浴-溶鉱炉開放
パーティータイム パターンと似ているようにプレイヤー周辺にとけた鉄が落ちる。とけた鉄は落ちた場所に溜まることになって、踏めば持続的なダメージを与えるが非常に痛いので避けなければならない。以後溶鉱炉が解放されてハブーブはマップ中央に登場する。この時ハブーブ周囲に溶岩が落ちるので注意。時間が過ぎればハブーブがビックリ驚いて溶鉱炉に復帰する。 粛清パターンと同じように冷却装置が生成される。

冷却器
粛清、半身浴、パーティータイム パターン時一緒に発動されてこの三つのパターンを避けることができるパターンだ。11時、1時、5時、7時中冷却装置オブジェクトが設置されるが普段は作動をしないがこの冷却装置にユーザーが踏んでいればキャストをする。 キャストが完了したら冷却装置が稼動するが、稼動した冷却装置にいる場合、各パターンで生成された溶岩を避けることができる。ただし、現在の稼動された冷却器が突然消える現象がある.また、冷却装置の上に2人のプレイヤーが存在する場合、稼動が中断されるのであらかじめ行く所を互いに相談しなければならない。






攻略


破綻のハブーブは普通、次の通り攻略する。

1.入場後、ホーリーオーダーはハブーブの前に走っていって、残りのディーラーは5時隅に走って行って待機する。
2.ハブーブの前に走って行ったホーリーオーダーは、ハブーブに向かってディフレクトウォールを使った後、ハブーブの火張り付けパターンに捕えられる。すると火がディフレクトウォールまで移るが、しばらくした後ディフレクトウォールとホーリーオーダー自身についていた火が消える!
3.以後、ハブーブの火炎球パターンを適切に避ける。火がついていなかったらダメージがそんなに大きくないのでポーションやホーリー サンクチュアリで持ちこたえれば良い。
3-(1).万一、ホーリーオーダーが2でディフレクトウォール タイミングをつかめなくて火がついているならば、マップ最も左に移動して火炎球を最大限被害を避けよう。一発でも当たれば即死であるから注意。
4.火炎球パターンが終われば暫くして半身浴パターンにつながって、溶鉱炉が開放される。その間にホーリーオーダーはアポカリプスを上げて、ディーラーは超火力準備をする。
5."溶鉱炉が開放されました"というメッセージが浮かび上がれば溶鉱炉を超火力してハブーブを攻撃。この時、マップで最も左側にあるユーザーにとけた鉄が落ちるので、ホーリーオーダーはパーティー最も左に移動してとけた鉄がディーラーに向かわないようにしよう。
5-(1).ホーリーオーダーが2でタイミングをつかめなくて火がついている状態の場合、絶対溶鉱炉を攻撃しないこと。光属性削ろうとユピテルを一度振り回す瞬間ディールタイムは切れてパーティーが全滅する惨事がおきることになる。
火がついた時、してはいけない行動を熟知しなかったユーザーに火がつく瞬間、とけた鉄がマップに広がってディールタイムは刃物のように切れる地獄が繰り広げられる。パターン熟知の有無、あるいは火炎球パターンが重なる程度の運によって難易度が大きく変わるボス。

上にも使っているように火張り付けパターンはオブジェクトで相殺させることができる。クルセイダーのディフレクトウォールやネンマスターの念障壁、ダークテンプラーのブラックミラーなど。ハブーブが火をつける時、該当スキルが敷かれていればオブジェクトにも火がついて、オブジェクトが消えてプレイヤーについた火も消える。 意図した点なのかは不明だが、溶鉱炉閉鎖や火炎球で即死する心配を取り出せる場合があるので可能なキャラクターはやった方が良い。主に火張り付けを担当するクルセイダーの場合入場するやいなや溶鉱炉前まで走ってディフレクトウォールを使えばすっきりと可能だ。特にテールバック ランナー ブーツやサイボーグ キックをつけて走って行ってディフレクトウォールを使えばより良い。


もし正攻法にするがホーリーで火炎球回避が本当に難しいならば2~3回だけ避けて触手に巻き込まれたヒールウィンドで無敵で押し切ったり、ジャケリネ部屋で2次覚醒をつけてストックを積み上げてパーティープレイの時、発動させて無敵で持ちこたえてもかまわない。

オブジェクト生成できる職業以外にはルーク一般ダンジョンを一人でプレイする時、いくらスペック良いユーザーもこちらの粛清パターンのためにやむを得ずコインを使わざるを得ない。 火張り付けパターンはどうせかからなければならなくて溶鉱炉開放時に攻撃したらすぐに粛清パターンが発生して攻撃が出来ないから溶鉱炉開放前に死んだ次にコインを使って開放後超火力をする方法だけだ。そうするうちに閉鎖したら再び火がついて開放される直前にコイン使って超火力反復。

時々明らかに火がつかなかった人が攻撃したのに溶鉱炉が閉鎖されるバグが存在する。
関連記事
( 2017/01/22 22:00 )