WIKI表記 カオス二次覚醒スキル アテンの化身、悪神の指揮、大乱闘、アテン現神 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

WIKI表記 カオス二次覚醒スキル アテンの化身、悪神の指揮、大乱闘、アテン現神 











-----

魔神

アテンの化身

パッシブ
アテンの化身を召喚する。化身は魔神を付いて回って、色々な有益な効果を持ってくる。
習得レベル 75 先行スキル なし
マスター レベル 30 最大レベル 40
発動時間 - クールタイム -
SP消耗 80 無色キューブのかけら消耗量 -
スキル攻撃力増加オプション(nレベル基準)
破城槌 9 + n (%)
天空剣 28 + 2n (%)
ファイナルアタック
大乱闘
悪神乱舞
アテン現身
付加オプション(nレベル基準)
スキル名 オプション内容 オプション数値
共振 共振成功率増加 増加量:18 + 2n (%)
デーモンウォール デーモンウォールがこわれる時まで中心に敵を吸収
ブレーン ストーム デーモンソルジャー/マジシャンの攻撃力増加 増加率:9 + n (%)
ファンシーツイスト 竜巻範囲増加 打撃範囲増加量:100%
ジェノサイド クラッシュ 爆発範囲内の敵たちを爆発前までホールド
黒い衝撃 アテンの化身も黒い衝撃波が発生(説明参照)
ディメンション ブレード アテンの化身も次元のレーザーを発射(説明参照)
カオスが2次覚醒時アテンの化身が職業アバターに付いて回って、アテンの化身スキル習得時上表に書かれたスキルを使えばアテンの化身も魔法で助けになり、アテンの化身のモーションは次と同じだ。
  • ジェノサイド クラッシュ使用時-目を大きく開いて魔法陣を作って該当魔法陣の中の敵を拘束させる。
  • その他付加オプションが発動されるスキル使用時-目をとじて合掌して気を集める、低い確率で腕組みをして目をとろんとするようにあけて他のすべての手で指を弾く。唯一このポーズを取ればセリフがあって"ウーム…やってやろう!","ハ!"のうちの一つがランダムに出力される。
  • スキル攻撃力が増加するスキル使用時-片方の手で天を示す。 示した指からは光が輝く。

アテンの化身が別に攻撃をするのではないが黒い衝撃とティメンションブレードに影響を受けて黒い衝撃波と次元のレーザーで支援攻撃をする。だが、ディメンションブレードと黒い衝撃のスキル攻撃力ではないアテンの化身スキルに存在した攻撃力にだけ攻撃するためにディメンションブレードや黒い衝撃のスキルレベルとは関係がない攻撃をして1だけとってもその効果を見られる。 ただしダメージはそのままサブ火力水準で大きく出はしない。

破城槌、天空剣、黒い衝撃のスキルエフェクトが変わってファイナルアタック、悪神乱舞、アテン現身は攻撃力が増加して、デーモンウォール時、吸収竜巻生成でモンスター集敵効果も強化された。
ファンシーツイスト使用時、竜巻の範囲も広くなったが、攻撃範囲だけ広くなって吸い込む範囲は変わりなくて何の意味もなくなった。かえって以前のように吸い込む竜巻範囲でこそこそ近づいてかかったモンスターを、もう打撃でこれないように遮る現象が一度や二度ではなくなった(…。)
事実はバグだったという。(!) 2/4パッチで修正されたがまた、バグができて今回は吸収力がマップ全体に適用されている。それ以外にもアテンの化身蒸発バグ(化身が現れなくてパッシブ効果が最初から現れないでダンジョンを変えてもそのまま維持、一度死んでコインを使ってこそ解ける。)等バグが多いほうだ。

悪神の指揮

バフ
悪神の化身がデーモン ソルジャー/マジシャンを直接陣頭指揮することになる。デーモンソルジャー/マジシャンが魔神の動きをさらによくまねることになって、魔神の移動をさらによく追跡することになって、マップにモンスターが存在する場合魔神が基本攻撃やスキルを通じて攻撃試みをすれば使用できるスキルを即時使う。 また、ジェノサイド クラッシュ スキルで死んだモンスターを復活させる効果が追加される。復活したモンスターに関わっていたバフ効果や持続時間などは初期化されない。
習得レベル 75 先行スキル なし
マスター レベル 30 最大レベル 40
発動時間 0.6秒 クールタイム 40秒
SP消耗 80 無色キューブのかけら消耗量 なし
バフ効果(nレベル基準)
持続時間/クールタイム 18 + 2n初(最大30秒) / 40秒
テックツリー 召喚名 復活数
デーモン ソルジャー ボラス 2 + n (個)
ハステリクウォリアー 1 + 1/3n (個)団、小数点下の価格は完全無視
ゼラチン マスク
クレイジー スピン 1 + 1/4n (個)ただし、小数点下の値は完全無視
ワイルドダディ
デーモン マジシャン ラッキワッキー 2 + 1/3n (個)ただし、小数点下の値は完全無視
ツインクル アーティスト 1 + 1/3n (個)ただし、小数点下の値は完全無視
ヴァンパイア チルドレン
レイジーハット 1 + 1/4n (個)ただし、小数点下の値は完全無視
ハートクイーン
オラクル(Oracle)

魔神が2次覚醒をして強キャラ扱いを受けることができる理由中一つ

下の内容はかなり悲観的に叙述されているが、ジェノサイドを使って召喚獣が復活するので常時維持をするのが良い。精神刺激秘薬を利用して空白を2秒まで減らせるしバフが発動中にあってスイッチングを毎度しないこともできる。もしラグとバグ、プレイヤースキル ミスが出てもはるかに安定した戦闘を広げられるようにするユーティリティ系列技術。

習得時バフを使えばアテンの指揮が発動されるが、カオスを熱心に追いかけてくるようにして攻撃タイミングをきめこまかくして不必要な動きを空白化することだが、体感上大きい効率が出てこない。各召喚獣ごとに別に攻撃クールタイムが存在するためでこのスキルでそのクールタイムが減少することをしないためだ。 サモナーのエクリプスハイブ-エチェレーザーがエチェベリア自体の攻撃クールタイムとは関係がないクールタイムを有していて、大きい効
率が出てくることに比較すれば…

しかし、実際にバフを使って比較してみれば、カオスは平均15匹はなる召喚獣がいつも集中するシステムだから、結果的に時間当り総ヒット数が非常に増えて、カンストレベルダンジョンのスレイヤー難易度ボスを打撃硬直だけで死ぬ時まであたかも拘束のように何も出来ないようにして殴り倒すのも可能なほどというものが分かる。

もう一つの能力はデーモンの復活能力でスキルレベルが上がるほど復活数が増加する。このスキルは攻撃力が増加する隅がなくて望む復活数だけとれば良い。さらに上げてみても効率を考えればSPが惜しいスキルだ。

バフのキャスティングが終わる即時デーモン復活効果が発動するので、ジェノサイドを先に使った後デーモンがさく烈する前に悪神の指揮を使えばジェノサイドでさく烈していったデーモンが即時復活する。 ただし基本コマンド(→→→ + Space)で発動するには過度にコマンドが長くて似たコマンドのブレーン ストーム(→→ + Space)とミスりやすいのでコマンドを変更したりクイックスロットに置いて連係する必要がある。

いろいろ書かれているが核心能力は"ジェノサイド時デーモン復活"しかないが、ジェノサイドをもっと簡単に頻繁に使えるようにするという点では悪くないスキル。

体術面で見ようとするならゴミである闇狂のジェノサイドをより一層ゴミに作ってしまうパッシブ。

2次覚醒技術でも無色キューブのかけら消耗がなくて艦砲で自由に使っても構わない。

大乱闘

アクティブ
盾を大きく振り回して広い範囲の敵たちを硬直させた後、デーモン ソルジャーらと魔神がその領域に飛び込んで乱闘を広げる。大乱闘が発動になる間に乱闘領域に入ってきた敵たちは引き込む機能がある。大乱闘スキルはデーモン ソルジャーが一定匹数以上、確保された場合にだけ使うことができる。
習得レベル 80 先行スキル なし
マスター レベル 30 最大レベル 40
発動時間 即時発動 クールタイム 50秒
SP消耗 100 無色キューブのかけら消耗量 5
発動に必要なデーモン ソルジャー最小数 3匹以上
(開始) "戦いかな?""/"暴れようか?"
(終了) "牙子!"

カンカンカン
DAENANTOO
総攻撃チャンス!!

デーモンソルジャーと共にするスキルで無条件デーモンソルジャーが3匹以上あってこそ使用が可能だ。範囲内カオスとデーモンソルジャーが飛び込んで範囲内で乱闘をする。敵たちを吸い込んでホールドとなる。 スキル姿がなんだか以前の街侵攻が思い出される。

スキル発動後、打撃中に敵がホールド範囲内に接近しても吸収になって拘束されて、つかみ不可、建物型、固定型の場合にも範囲内にだけ入っているなら拘束が可能だ。おおかたマップで使えばモンスターが吸い込まれてくる水準。

短所で大乱闘を使えばデーモンソルジャーが一定攻撃を中止して大乱闘スキルに没頭するがデーモンソルジャーが何匹でも関係なくヒットが15回だ。 3匹も15回10匹も15回 そしてデーモンソルジャーが多ければ大乱闘攻撃力が増加することもなくて黒い衝撃後使えば、黒い衝撃波が中間に止めれる。したがってデーモンソルジャーの普段の火力を考えれば大乱闘の間デーモンソルジャーの行動不能になるから、火力部分で深刻な損害をこうむるスキルだ。

ジェノサイド クラッシュ発動時に爆発して消える前まで大乱闘を使う場合中間にデーモンが消えても大乱闘は正常に出て行く。

拘束は3秒程度でスキルレベルが上がっても拘束が長くならなくて単純パターン断絶用で使用するためなら1だけとっても効率を見ることができる。 一週間後のパッチで攻撃力が25%増加した。

集敵&拘束能力自体はすさまじいうえに事実上カオスは発動のうちの無敵と同じことなので、苛立つパターンのモンスターが数え切れなくたくさん出るダンジョンだったり地獄パーティーで面倒なAPCを一掃する時ちょうど良いスキル。
モチーフはハースストーンの乱闘と推定される。

アテン現身

アクティブ(覚醒)
別の次元に存在する"黒い太陽神"アテンを現身させ周辺のすべての地域を焦土化させる
習得レベル 80 + 5n 先行スキル なし
マスター レベル 30 最大レベル 40
発動時間 即時発動 クールタイム 180秒
SP消耗 300 (2レベル以後200) 無色キューブのかけら消耗量 10個
"Aten~ Advent!"

エフェクトを見ていれば気持ちが幽玄になる
ニパルチャヤ
魔神蛇蛇
真理の門

アテンが空中で現身して画面内敵に爆撃を降り注ぐスキル。エフェクトだけ見れば火属性っぽいけど武器属性について行く。範囲が広いことは良いが先ディレイがとても長い方なのにこの時、カオスが違う行動をすることができない上に、爆撃攻撃密度が思わしくなくて攻撃後残る地面に最下段判定しかなくて少しでも浮かび上がった敵は当たらないなど短所が多いスキル。 火力よりは広範囲だという点を利用した雑魚モンスター用に多く使われる実情だ。意外に異界ダンジョンのような所では大きい活躍をするが、主に黒い大地ボス部屋。異界の亀裂ボス部屋。ゴブリン王国1部屋目など広い範囲にある敵たちを攻撃する時有用する。

修練の部屋フルヒット基準では明らかに直接打撃系列全スキル中、最も強力な方に属するスキルや非常に長い初回火力と、みすぼらしい打点などの色々な短所により実戦では大乱闘すらもない思わしくないダメージが出てくることがありふれている。さらに2次覚醒発動時クライアントが終了してしまうバグまである(…)確率は低いが試みの時なしにさく烈するスキル。

事実カオスの技術は、召喚獣が直接攻撃に加担しない場合、火力面ではそれほど活躍できなくてユーティリティで使われて、この技術も例外ではない。
関連記事
( 2016/04/10 21:24 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。