予定中のキャラクターバランシングについて 上方修正(インファ、男スト、外伝、女喧嘩、アベ)、大激変調整、下方修正(サモ、カオス、くノ一) Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

予定中のキャラクターバランシングについて 上方修正(インファ、男スト、外伝、女喧嘩、アベ)、大激変調整、下方修正(サモ、カオス、くノ一) 











-----

こんにちは、ダンジョンアンドファイター キャラクターチーム長です。

 

今回の開発者ノートでは多くの冒険者の方々が関心を持っておられたキャラクター バランシングについてご案内申し上げたいと考えております。
まず2016年DNFの方向性開発者ノートで言及されたキャラクター バランシング内容に関して、アップデートが遅れているという点について申し訳ありません。

内部的には順序をとらえて進めているが、分析結果に応じて企画内容が変わる部分もあって、実際の開発を検証する過程で日程が長くなって順序が逆になったりもします。このような部分のために事前に詳しく日程をご案内申し上げることができなくて、時には事前にご案内をした時点とアップデートのタームが長くなったりもする部分があったりもしました。
 
このような事情で冒険者の方々にうっとうしく待たせることを申し上げることになった点。謝罪申し上げて、現在の開発中でまもなくアップデートされるキャラクター バランシング内容について詳しく説明申し上げます。


[ストライカー(男),インファイター]
ストライカー(男)とインファイターは昨年にそれぞれ2次覚醒、バランシング アップデートを通じて上方修正されていましたが、その後他キャラクターの上方修正が成り立って純粋火力職キャラクターとして相対的に上方修正が必要な状況になりました。

この2職業のアップデート点は今日のテストサーバーを通じて公開される予定です。バランシングに対する方向を申し上げます。
 

​ストライカー(男)
1次覚醒スキルである‘火炎の脚’依存度がとても高いという点について冒険者の方々の意見が多かったし、私どもも全体的な性能を引き上げて‘火炎の脚’依存度を低くすることが特定状況や特定コンテンツでの不利を解消できることと判断しました。

まず2次覚醒パッシブ スキルである‘火力開放’が‘火炎の脚’使用の有無と関係なくスキル攻撃力を増加させるように変更されます。"火炎の脚"クールタイム減少機能は削除されるが"効率的な燃焼"スキルの"火炎の脚"維持時間を増加させて補完しました。

またストライカー(男)は一部スキルの効果がアイテム効果重複時に効率が低くなる問題もあって共に改善しようと思いました。
このために"急所狙い"の高いクリティカル確率増加数値を下げて"強拳"のクリティカル ダメージ増加数値を高めたし、"火炎の脚"のクールタイム減少効果を下げて攻撃力増加効果を強化しました。

その他に一部スキルの使用性を強化して、火力能力を弱体化させたバグを集中修正しました。
 

◆ ​インファイタ
"シャドー ボクサー"はインファイター特有の打撃感の根幹になるスキルで火力能力を強化させる良いスキルです。

しかし、本スキルの攻撃力に影響を受けない独自攻撃力数値を持っていてTP強化やドライアウトなどで攻撃力が増加しても何の影響を受けなかったし、スキルのヒット数が低ければ"シャドー ボクサー"の効率が大幅に低下する問題がありました。

反対にヒット数が高いスキルは"シャドー ボクサー"の効率は高まるが、攻撃時間が長くならなければならなく、短い時間の間高い火力を必要とする区間では不利でした。

これを解決するために"シャドー ボクサー"が‘追加ダメージ オプション’のように各打撃ダメージの一定比率だけダメージを与えるように計算公式を変更しました。
"シャドー ボクサー"状態で"核パンチ"や"ガトリング パンチ","ハリケーン ロール"等を使えば以前より高い水準で適用されることであり、"シャドー ボクサー"を無限持続することができるようにして戦闘の流れが切れた問題を補完してインファイター特有の打撃感を生かして全般的な火力能力もまた、強化しました。

"ドライアウト"は非常に高い攻撃力増加数値を持っているけれどクールタイムが長くて、"ドライアウト"使用の有無に応じて攻撃力偏差がとても大きくて、運用難易度が非常に高くてインファイターの火力能力が大きく左右される問題がありました。

これを解決するために、"ドライアウト"のクールタイムを減らしゲージが付けているチャージにならない状態で適用される別途の増加ダメージ効果を新しく付与しました。
既存のキャンセル増加ダメージ効果は下方修正調整されるが"ドライアウト"の運営難易度は容易になって全般的な火力能力強化効果は以前に比べはるかに高まると予想しています

また"ジャッジメント"スキルを削除してこれに代わって短い時間の間早く敵にダメージを与えることができる80レベル新規アクティブ スキルを追加しました。
既存"ジャッジメント"スキルの火力能力強化効果は各スキルの攻撃力上方修正、他バフ/パッシブ効果強化などで代替されるでしょう。

追加的に攻撃時間がとても長かったスキルの攻撃時間を減少させて、一部スキルのSP要求量を減らしてより多くのスキルを活用することができるようにするなどの補完も準備しました。
 
テストサーバー アップデート以後、本サーバー適用時に一部は変更されることができる点、参考お願いします。


[以後の主なキャラクター バランシング案内]

5月中旬以後外伝キャラクターを始めに次々と下のキャラクター バランシング アップデートを準備中です。

詳細な内容については今後のアップデート告知または開発者ノートを通じてもう一度案内できるようにします。 

特に‘魔法の大激変’と"退魔師","バトルメイジ","ウェポンマスター"に関連したキャラクター バランシングの内容は遅くとも6月初めには必ず申し上げられるように準備中です。

待つ時間が長くなる部分、改めてご了承ください。 


◆ ​外伝キャラクタ
クリエイターとダークナイトはずっと前から改善が必要だと判断されました。
それにもかかわらずバランシング アップデートが遅れることになった点、申し訳ありません。

最も初めには外伝キャラクターの上方修正のために既存スキルの数値や特性を調節して、テストするシミュレーションを先に進めてみました。
しかし、高レベル スキル数が不足した外伝キャラクターにとってこのような上方修正方式はバランス的な強さを備えることはできたが、キャラクターに対する楽しい要素や後のバランシングに制約が発生する可能性が非常に高く現れました。

他のキャラクターは去る2015年から着実に進めてきた"2次覚醒"という手段を通じて新規スキルを取得して、キャラクターの魅力を引き上げてさらに強くなる過程を体験できたが外伝キャラクターはこのような区間がなくて強さを備えにくいことはもちろん、50レベル以後キャラクター レベルアップをしなければならない動機や、 新しいスキルを得て使う面白味も感じにくかったです。

だから時間がもう少し必要とされて外伝キャラクターのためのアップデートではバランスだけでなく、持続的な魅力を感じることができる要素も共に与えられるようにしなければならないと判断したし、長い間の準備とテストの終わりに冒険者の方々に外伝キャラクターだけの新規コンテンツの方向性に対し申し上げることができるようになりました。

内部的に現在外伝キャラクターの新規コンテンツである"自覚"を準備しています。
"自覚"は外伝キャラクターだけの成長方式を生かしたコンテンツで外伝キャラクター特有の感じを生かした新規スキルを習得することができるようになって強力な性能はもちろん、既存のスキルらと関連した独特の面白味まで感じられるように準備されています。
最も最近の"魔槍士"が2次覚醒を通じて変わったように、面白味と性能すべての面でより強力な姿を見ることができるようになるという点は同一でしょう。

現在の準備中である新規アクティブ スキルはクリエイターとダークナイトそれぞれ五個で、キャラクターのコンセプトと特性を最大限生かせるようにデザインされました。

先立って申し上げた通り、完成度を高める過程で準備する時間が長くなって良い便りをより早く申し上げることができなかっただけに、さらに精魂を込めて魅力あって強力な外伝キャラクターに会えるように努力します。

"自覚"アップデートは5月中旬を目標にしていて、今後より詳しい内容で再びお伺いするようにします。


◆ ​喧嘩屋(女),アベンジャ
外伝キャラクターの次には喧嘩屋(女)とアベンジャーのバランシング アップデートを準備しています。

喧嘩屋(女)はトーグ戦での活躍をベースにアントンレイドに参加しているが、全般的な火力能力が一部スキルおよびアイテムに集中されている構造およびハイブリッド キャラクターとしての構造をさらに改善しなければならない必要があります。

アベンジャーもやはり上方修正が必要なキャラクターで、[デビル ストライカー-メタモルフォーシス-悪魔化]という三つの核心プレイ パターンの短所を補完して、長所を強化して性能と面白味、すべてを改善したいと考えております。

二キャラクターのバランシング アップデートは5月末、本サーバーアップデートするのを目標に準備していて、十分なテスト以後より詳しい内容で申し上げるようにします。
 
 
◆ ​退魔師、バトルメイジ、ウェポンマスター
今年の初め、開発者ノートを通じて申し上げた通り、別名"大激変キャラクター"で呼ばれる退魔師、バトルメイジ、ウェポンマスターは"魔法の大激変"下方修正を前提にバランシングを準備しています。

ただし、"魔法の大激変"が下方修正になっても意味ないアイテムにならないように相変わらず強力なアイテムとしての位置を維持させて、今後は"魔法の大激変"が三つのキャラクターの全体的な性能向上に悪影響を与えない水準で調節するために鋭敏にアイテムとスキル バランスを調節中なので時間がかかっています。

特にウェポンマスターの場合パーティープレイでとても強力な性能を持った"斬鉄式"というスキルを持っているが、このスキルの効果を100%維持した状態では火力職としての能力を極大化させることができないのでこれに対する調節も一緒に検討していてさらに時間がかかっています。

可能な限り準備を終えてより詳細な案が出次第、開発者ノートを通じて再び申し上げるようにします。
 
 
◆ ​サモナー、カオス、くノ一
低い性能を持ったキャラクターを上方修正することぐらい、とても高い性能を持ったキャラクターを下方修正することもやはり重要で必要だと思います。
特に現在のDNFのようにすべてのキャラクターの間の均衡と公平性がとても重要な状況ではなおさらです。

サモナー、カオス、くノ一3キャラクターは分析結果とゲーム内データを総合してみた時、基準を大きく上回る強力なキャラクターとして現れています。したがって長期的にキャラクター間バランスを合わせるための試みを用心深く進める計画です。

プレイ中であるキャラクターが下方修正された時の衝撃は切実に共感しています。喪失感を最小化させるために最善を尽くすことであり、キャラクターが下方修正になってもプレイするのに不利な状況にならないようにすることだと約束いたします。

まだ検討段階なので詳しい内容は後日改めてご案内申し上げるようにします。


 
現在の準備中であるキャラクター バランシングについて申し上げました。
この他にも 至急にバランシングする必要があるキャラクターを最大限早くキャッチして対応する準備をしていてこのためにゲーム内データを収集して、キャラクターの性能を分析するなど多様なモニタリングを進めています。

以後にも冒険者の方々に申し上げなければならない事柄ができれば、開発者ノートを通じてご案内申し上げて意見を聞くようにします。
 
常にダンジョンアンドファイターを愛してくださってありがとうございます。
関連記事
( 2016/04/05 15:03 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。