もうエイプリルフールがいくらも残っていない。 これまで恒例行事のようにエイプリルフールにおもしろいイベントを見せてきたDNFであるだけに、今回2016年にもどんな楽しみをもたらすのか多くの期待を集めている。

初めは単純なセリア キャラクター追加予告だったが、いつのまにか少女時代まで出演したりウェブトゥーンとのコラボレーションもして、もう単なるいたずらではない、イベントを越えてホームページまで手を伸ばす境地に達した。

果たして今回の2016年にはどんなイベントでユーザーを驚くようにしてやるのか?エイプリルフールに備えて、これまでにあったDNFのエイプリルフールのいたずらを一ヶ所に集めて整理した。


5_20160330235534ae7.jpg
▲もはや虐ギャグまで楽しむ境地に上がった。(neople→nobrain)




■ 2006年-新規キャラクター セリア登場?

元々アップデート予定されていた"プリースト"の代わりに"セリア"が追加されるという告知はすべてのDNFユーザーを衝撃と恐怖にさせるのには充分だった。当時はゲーム会社でエイプリルフール関連いたずらをするところが大変少なかったために"4月31日アップデート予定"という言葉が記されていたことにもかかわらず、純粋にセリアが出てくるのだと信じるユーザーが多かった。

アップデート告知を見ればセリアは強大な妖精の力を有していてすべての職業のスキルを使用できて、すべての装備着用にペナルティがないという。さらに疲労度消耗は他の職業の半分で、ダンジョン入場制限までなくて、独自治癒能力で状態異常にかかったら即時回復が可能な能力まで持っている。

転職はウェポンマスター、ネンマスター、レンジャー、エレメンタル マスターに転職できるというが…これほどになればセリア一人ですべて行うことができる水準。


◇セリアの転職ストーリー

■セリア転職-ウェポンマスター:エルフ型

妖精の力で自身の武器を鍛えること。
それはセリアの運命…

セリアにとって妖精の力は手に握った武器の能力を極限に達するようにさせる。
鬼剣士のウェポンマスターが見せるような邪悪な力とは比較できない水準だ。
ふと彼女は想いうかべた。 自身の記憶の遠くに存在する
過去妖精戦士としての彼女自身の姿を。
彼女も赤く燃え上がる天と大地の下で数多くの血を流れる姿を見た。
再び引き出したくなかった記憶…
だが、彼女はそれを運命として受け入れ始めた。


■セリア転職-ネンマスター:エルフ型

自然に流れる気運である念。
セリアの妖精の力は念に対する最高の潜在力を引き出した。

一般的な格闘家と違いセリアが引き出す念の潜在力は
妖精の力が結合し一般的なネンマスターを凌駕する力を見せる。
どんな巨大な敵でもセリアが念を扱う力には、
相手をわずか2~3回の攻撃で無力化させるのに充分な水準だ。


■セリア転職-レンジャー:エルフ型

0.1秒の差で生死が決定されるレンジャー。
だが、セリアの目は相手の行動をすでに把握したようだ。

セリアの持って生まれた見解能力と予測能力は
セリアもやはりレンジャーの資格が与えられるのには充分…いやそれ以上だった。
彼女は妖精の立場上、銃を扱うということ自体を拒否したが
他のレンジャーを相手にするためには
剣や魔法、拳では充分でないということを知るようになった。
銃を手に握った彼女のまなざしはあたかも猛獣の目のようだった。
ある瞬間、躊躇することもなく、震えもなく
彼女は目標に向かって炎よりはるかに熱い黄金光弾丸を敵の急所に入れる。
しかし、敵を倒した後の彼女の目は…
深い悲しみに浸っているようだった。


■セリア転職-エレメンタル マスター:エルフ型

最強のエレメンタル マスター アイリス
彼女はひたすら触れることすらできない最高の位置を守っている。
だが、彼女はずっと前から、肉体の傷よりさらに深い心の傷を持っていた。
過去彼女があるエレメンタル マスターにひたすら挑戦して
敗北をした経験があったから。

そのエレメンタル マスターは属性の力を妖精の力で上昇させる
現在の最強だと呼ばれる自身も駆使しにくい
とうてい信じることはできない魔力を持っていたのだ。
その伝説のエレメンタル マスターは今でも生きているだろうか?
彼女はしばらくそれを忘れるために最強のエレメンタル マスターになろうと
あらゆる努力をしてきた。
そしてついに努力は実を結ぶことになったが…

ある日彼女はアラドに降りてきて、ある気配を感じることになった。
その気配は過去自身に大きな傷つけた時のと同一だった。
どことなく感じられる軽くて物静かな気配。
あたかも子供が花がいっぱいである場所に訪れたかのような気持ちだが
アイリス彼女自身はその気配を受け入れたくなかった。
あの昔の…。
その名前さえ記憶したくないあのエレメンタル マスターが存在するというから!?


4_2016033023553650f.jpg
▲多くの人々をときめくようにさせた第5のキャラクター"セリア"登場。

3_201603302355381ff.jpg
▲冒険家様のためならば…私が直接出ます!




■ 2008年-あれ?俺サイト間違えたか?

自分は明らかにDNFホームページに入ったが、別ゲームであるメイプルストーリーホームページが開かれる。URLを間違って打ったか確認してみるもDFで合ってる。どうせきたついでにメイプルストーリーも楽しんで行こうとしてログインしようとしたがそれも不可能な状況。

知るとこの全てのものは一種の釣りであった。メイプル ホームページのどのボタンも押すことになればメイジ キャラクターが出てきて申し訳ないと謝罪をしながら、その時初めてDNFホームページに入場することができた。反対にメイプルストーリーの公式ホームページではDNFホームページが出てきた。

これだけで終われば少し虚しいとDNFホームページで"DNFもメイプルのようにしてみようか?"というアンケート調査を進めた。"能力値がないファッション アバター","ダンジョンでモンスター出現","ウェディング システム","そんなの必要ないから魔道学者はやく追加して"このような選択肢があったし、アンケート調査1位は本当にDNFに追加するという噂があった。

当時DNF開発者側では魔道学者を盛んに開発中であったためユーザーは当然魔道学者に投票するだろうと予想してアンケート調査を進めていた。しかし予想とは別に投票の1位は"ウェディング システム"が持っていった。予想した魔道学者が2位に終わってしまって不意に魔道学者をアップデートするにも微妙な状況。

ユーザーが魔道学者よりメイプルストーリーのウェディング システムに関心を見せ、開発者は泣きそうだったと…


2_2016033023553999c.jpg
▲あれ…明らかにDNFのはずなのに?

1_20160330235533a3d.jpg
▲女メイジが出てきたのでこの程度は愛嬌で見よう。

5_20160330235336dfd.jpg
▲当時の投票結果。 魔道学者は非常に僅かな差(?)で2位に。

4_20160330235338ead.jpg
▲ウェディング システムは出てきてはいないがそれでもウェディング アバターは出てきた。




■ 2009年-春風を乗せて訪ねてきた少女時代!

人気ガールグループ少女時代が訪ねてきた。少女の気配に合わせてDNFでも多様な変化がある予定という。格闘家が分身スキル使用時に9個の分身が登場、2秒間少女時代の"GEE"振りつけをまねる効果が追加されて、メイジの位相変化も9個に増えて少女時代と同じ配列で登場することになる。

これだけでない。何の効果もないがプレイヤーを応援する"実際と同じ大きさのメイジ クリーチャー",使用即時踊るようにさせる"少女があたえるアイテム",街で停止モーションに早く移動できる"ローラースケート アバター",少女時代の声を聞くことができる"少女時代称号"まで登場する予定だ。

今までとは違い少女時代が実際に登場した写真が多数公開されて、ある程度信頼性ができたがイベント ページ下段の"参考に申し上げれば、4月1日はエイプリルフールです(本当にそうなんです・・)"というメッセージで罠が起こったのを感づくことができた。

しかし100%偽りではなかった。少女時代の音声が出てくる称号は実際にゲームに登場したし、DNFラジオとCFに出演して良い反応を引き出した。称号のオプションは良くなかったけれど、少女の音声が出てくる価値は充分だったし、1個は基本に9個を全部集めたユーザーも難なく探してみることができた。


3_201603302353392ff.jpg
▲こんなことが、少女時代がDNFにくるとは!

2_2016033023534016c.jpg
▲多様な変化が成り立つ予定。

1_20160330235342c31.jpg
▲しかし現実はエイプリルフールだ。

5_20160330235215e57.jpg
▲あの時称号をなぜ一つだけ得ておいたのだろうか…




■ 2010年-真実あるいは偽り、何がアップデートされるだろうか?

今度は3種アップデートの中から真実あるいは偽りを選び出さなければならない。一番目はDNF恋愛シミュレーションで望むキャラクターを選択した後NPCをじわじわ攻略していく方式。DNFスクールCFと好感度システムは全部この日のための布石だったらしいが…本当だろうか?

二番目はネイバーウェブトゥーン"心の声"と"ジャングルゴー"のコラボレーションだ。ウェブトゥーンに登場するジョソクキャラクターの頭アバターが追加されて、セリア部屋でジャングルゴーに登場するマンニョンサムを育てることができるようになる。

最後に三番目は新規キャラクターの転職映像公開だ。特別な追加ヒントはなかったしただ4月1日に公開されるという言葉だけ書かれていて最も疑問を産むこともあった。

すべての真実は4月7日に公開された。4月1日に公開されると言っていた新規キャラクター映像はクリックしてみても"4月1日はエイプリルフールです"という虚しいメッセージだけ出力されるのでであり、DNF恋愛シミュレーションも偽り、マンニョンサムを育てることも偽りで確定した。

ジョソクアバターは本当にゲーム内で販売がされて、心の声と同時にジャングルゴーアバターも購入することができた。


4_20160330235216b72.jpg
▲果たして何が真実になるだろうか?

▲望むNPCを攻略! 登場時"セリアの記憶"。

3_201603302352174ba.jpg
▲ 4月1日がまた…

2_20160330235219708.jpg
▲唯一生き残ったのはジョソクアバター!




■ 2011年-今度は本当だ!本当にセリア キャラクター追加

2006年に熱い反応を呼んだ"セリア"キャラクターが本当に追加されるという。一度だまされ、2回もだまされるのか?と考えることができるだろうが、何とプレイ映像が公開されたし、本当にセリアがダンジョンを破壊して通うことと見えてゲーム上に登場するのはほぼ確実視されるようになった。

これだけでない。 DNFのスマートフォン バージョンが開発されて地下鉄出勤途中でも自由にDNFを利用できるようになる。 スマートフォンでDNFだなんて…操作を上手にできるかは分からないが、とにかく開発がほぼできた形だ。

もし真実ではないといっても今までのようにしてきたように少なくとも一つは本当に出てきたのでエイプリルフールといってもユーザーの期待感は高まるほかはなかった。

結果はスマートフォン、セリア全部偽りであった。しかしセリアは偽りというには微妙な部分がある。イベント キャラクターで少しの間登場して実際にプレイが可能だったためだ。

セリアは攻撃型とバフ型を自由自在に行き来して戦闘を進めることができた。戦闘型である時は"解放の鍵","黄金ロウソク","クローゼット落とし込む","声突き","ハートビットメガホン","バインド キューブ"を使うことができる。

バインド キューブを使えばバフ型でスキルが交替させられる。ランダムなバフをかける"カレイドボックス(業師の箱)",体力を回復させる"レミの掌",強力なAPCを召喚する"助けてください!",モンスターをクロダンシは"魅力発散",念障壁と似たスキルである"セリアの加護",再び攻撃型スキルに変える"パインド キューブ"を使うことができる。

攻撃力が相当高くてスキルの構成がかなり使えそうだ。バフの性能も優れる方でパーティーでも活躍が可能で、セリアが2名だけいたら恐ろしい場所がなかった。どんなダンジョンだろうと圧倒的である威力で破壊して進行が可能で、このようなセリアがゴブリンにどのように拉致にあったのか想像が出来ないほど。


1_20160330235220bf5.jpg
▲ DNFメイン画面の状態が?

▲セリアと共にする楽しいダンジョンアンドファイター!

5_20160330234943963.jpg
▲いつもオチが全く同じだね。




■ 2012年-ファッションの完成のために!アバター新規部位"下着"アップデート!

見えない所まで気を使うアラド冒険家のために準備した。既存9部位で構成されたアバターから新たに"下着"部位が追加されたし、下着着用時にキャラクター中に潜在されている隠密な能力が上昇することになる。 また、多色エンブレム ソケット1個が開放されている状態であるからさらに完璧なキャラクターを望むならば"下着"部位アバターをそのまま無視していけることはできないだろう。

どんな下着を買わないといけないか心配する必要はない。"下着"部位アップデートと同時に下着初公開記念パッケージまで同時に販売しているからだ。僅かな金5,000セラでゲーム内で受けることができる"BRAVEアンダーウェア"と同時に"実際に受けることができるDNFパンツ(男性限定)"まで家に配送させるのでゲームと現実を同時にクリアさせる最高のパッケージという。

しかし惜しくも下着部位は出てこなかった。もちろん実際、DNFパンツもない。だが、下着アバターはエイプリルフール イベントを通じて上着、下着アバターの形で得ることができた。

男性、女性キャラクターを分けないで共通して大人気を呼んで、下着アバターはエイプリルフール イベントとは別に下着アバター パッケージで販売したりもしたし、女鬼剣士、ナイトの事前予約アバターで登場することもあった。


4_20160330234945bc6.jpg
▲ゲームで受けるパンツと実際のパンツを同時に得ることができるチャンス!

3_201603302349467c6.jpg
▲それでも今回は遠慮なく"4月1日はエイプリルフールです"ということはしなかった。

2_20160330234947c2b.jpg
▲現在も多くの愛を受けている下着アバター。




■ 2013年-私たちも今はAOSゲーム!新規モード"偽装者侵攻"

リーグ オブ レジェンド、サイファーズなどAOSジャンルのゲームが革新的な人気を集めた時期。DNFもこれに負けずとAOSジャンルに挑戦状を差し出した。新規ゲーム モード"偽装者侵攻"は4 vs 4に進行されて、偽装者陣営とレンジャー陣営間に互いにマップを掌握してお互いの守護者(偽りのグリアス、疑問の魔法少女)を先に倒す陣営が勝利する方式。

中立モンスターまたは敵ミニオンを処置する場合経験値とゴールドを得ることができて、キャラクターをレベルアップさせたり商人NPCロトンとカンナからさらに強力な装備を購入するのも可能だ。

また、各陣営には固有の必殺スキルが準備されている。レンジャー陣営の場合"レインボーバルカン"を使えるし、その威力は女ランチャーの"エイシェント トリガー"と匹敵するほど。その他にもレンジャー陣営を守護する美しさの象徴、疑問の魔法少女は神の名の下で、偽装者を全部埋めてしまうことができる"桃色大回転撃"スキルを有している。

このように絶えず起きる一打、手に汗を握る緊張感、勝利のぴりっとすることを全部感じることができるコンテンツで紹介されてリーグ オブ レジェンドの牙城を越えるという意志が感じられたが、現実はそうではなかった。偽装者侵攻はただの街侵攻シーズン2の広報用映像であり、期待した4 vs 4戦闘は出てこなかった。

AOSモードは出てこなかったけれど、映像に登場したアラド レンジャー アバターはイベントで得ることができた。それ以外にもプリーストの魔法少女パッケージが少しの間セラショップで販売されたが、その人気は想像を超越した。理由はよく分からないが再販売を望むパッケージを選べというならば常に名前が言及されるほど。


▲ 4 vs 4で起きる息を飲む勝負!

1_20160330234948252.jpg
▲偽りのグリアス? 結局全部嘘だということか。

5_20160330234744aaa.jpg
▲それでも魔法少女アバターは実際に出てきた。





■ 2014年-嘘のような3種衝撃!サンバ パッケージ、オーバー バランス、実体を表わしたアントン

今回もエイプリルフール三つの情報が公開された。ブラジル サンバ アバターを含んでセリア部屋清掃機能を備えた"サンバ クリーチャー"と男には女が、女には男が一定確率で磁石のようにつく"サンバ称号"を得ることができる"サンバ パッケージ"。正体を知ることはできない"星から来たオーバー バランス",そして最後に"いよいよ実体を表わしたアントン"があった。

当時最も大きな期待が、バランス パッチとアントン アップデートだったためにアントンの情報公開とバランス関連項目は自然に関心を集めるほかはなかった。 エイプリルフールではあるが、このようなイベントをするたびに最小限それに関連した何かは必ず出てきたためだ。

アントンが本当に出てこなくても少しでもヒントを与えないだろうか?少しの期待感を持って4月1日まで待ったが、期待は一瞬にして失望感に変わってしまった。アントンの代わりに"アントニー"が登場したし、アントン関連情報はなくて、ただダンジョンから出るアントニーを処置して報酬を受けることで終わりだった。

"星から来たオーバー バランス"も同じようにバランス調整ではなかった。主力スキルがありえない大きさで大きくなるイベントだったが、意外に良い反応を受けてエイプリルフール以後にも時々進めるイベントになった。

"サンバ パッケージ"はいくつか欠けたが実際にリリースされた。全体的に露出度が相当高かったため見た目の完成のために一部部位だけ別に購入、自身だけのファッションを誇るユーザーを探してみることができた。


4_20160330234745824.jpg
▲いよいよアントンが出てくるようだったが。

3_201603302347461b0.jpg
▲なにこれ! アントニーだなんて!

2_201603302347483af.jpg
▲それでもオーバー バランス イベントは反応が非常に良かった。

1_201603302347506a9.jpg
▲ 2014年4月1日当時の公式ホームページ告知。

5_201603302343001ba.jpg
▲今日のお昼メニューで熱を帯びた討論が続くこともあった。





■ 2015年-成熟したおとなのための聖域が開かれる。DNF Adult Edition

歳月が流れてDNFを楽しむユーザーもだんだん成人に成っていくことに応じてDNF側では"19禁バージョンDNF"を追加する予定とした。優しい子供が寝つく時間である午後10時になれば大人たちの世界が開かれることになって、着用しているアバターが全部露出度が高い"成人専用アバター"に変わることになる。

それだけではない。女性型ボス モンスターに直接かかわり幸せな時間を過ごす事もでき、内面を食い込んで破滅に導くこともある。また、午後12時になれば美女BJ "ペッキーセブン"の濃くて熱い話を聞くことができる"悪いDNFラジオ"が始まって孤独な夜を寂しくなくしたりもする。

19才以下未成年者ユーザーはDNF Adult Editionを楽しむことができないが、物足りなさを慰めるために皆が楽しむことができる追加的なアップデート内容も一緒に公開された。 女格闘家のドット モーションが変更される"格闘家レレッグ美人"からモンスターを直接プレイして冒険家を相手にしなければならない"モンスター アルバイト イベント"まであらゆる興味深い情報が公開されて4月1日を指折り数えるユーザーが多かった。

事実最も期待が多かったことは成人バージョンDNFだが、皆予想していたとおり本当に追加されることはなかった。代わりにイベントを通じてポリス アバターを得られ、ダンジョンで被撃時に一定確率で下着アバターに変わるおかげで間接的ながら(?)成人DNFを体験することができた。

女格闘家のドット変更は実際に成り立った。過度に大きかった太ももの大きさが減って他の女性キャラクターに劣らない比率を持つことになったのだ。一方イベント ページ内で男格闘家もドット改善があるという予告メッセージが上がってきて多くの男格闘家ユーザーの期待を集めるのもした。


▲正直、少し期待することはあった…非常に少しね。

4_20160330234301c6d.jpg
▲ゲーム内で見ることができた警告メッセージ、何かおかしな感じがする。

3_20160330234302363.jpg
▲ドットのために人気が高くなかった女格闘家。もう変わる時間だ。

2_201603302343040c1.jpg
男格闘家もドット変更を申請したが反応は良くなかった。

1_201603302343058d6.jpg
▲しかし血のにじむ努力で改変得るのに成功!