9月17日(木)アップデートで女鬼剣士の2次覚醒が追加された.4職業のうちデーモンスレイヤー(剣魔)の場合、75レベルでクエストを通じてディーサイドに2次覚醒が可能で魔人の剣勢、暗然撃:ギガ スラッシュなど魔人を扱うコンセプトを強化した多様なスキルを習うことができるようになる。

また、ディーサイド2次覚醒の他にも剣魔のスキル バランスが調整されて蛇腹剣発と血魔人に依存したダンジョン プレイ方式がある程度改善された。




i13520298998.jpg

▲女王様が帰ってきた!ディーサイドの降臨。








■ダイムスの真の力を解放する。ディーサイド覚醒



剣魔が75レベルを達成したならばアンダーフット マスター ギルドにあるナイト ロバートに2次覚醒クエストを受けることができる。その間魔人に力を借りる方式で戦闘をしたが一歩進んで魔人と協力して隠された力を引き出すことができる境地"ディーサイド"に対して知るようになる。

黒竜 大会に参加して"黒竜の気運" 30個を集めた場合魔人の認められてディーサイドで覚醒することができるしパッシブ スキル"魔人の剣勢"とアクティブ スキル"暗然撃:ギガスラッシュ","非人外道:極","破戒剣:ラグナロク"を習得できることになる。





i13215803795.jpg

▲魔人に認められたディーサイド、魔人の気運がさらに強くなった。









■ディーサイドの登場と同時に成り立ったバランス パッチ



◇蛇腹剣発の単一化を防ぐ?クロニクル オプション変更

アントン ダンジョンや古代ダンジョンをプレイする剣魔を見れば、ほぼ魔人の囁き9セットを着用している。剣魔の基本技である蛇腹剣-発のクールタイムを減らしてダメージを極大化させてあげる効果で血至群舞との組み合わせが非常に良くて、独自クールタイムが非常に短くて別名"賢者タイム"がほぼないためだ。

だが高いダメージを出すためには魔人の囁き9セットが必ず必要だったし、これは剣魔の装備選択を制限する要素として作用した。エピック セットを着用しても魔人の囁きに比べて大きい強力さを見せられなかったしひたすら蛇腹剣発だけ使うプレイは剣魔のダンジョン プレイを退屈にさせた。



5_20160312153851c03.jpg

▲剣魔中、十のうち九は魔人の囁き9セットを着用するほど。




開発者はこういう剣魔の慢性的な問題を解決するために蛇腹剣発と関連してスキルのバランス パッチを進めた。蛇腹剣発の場合、攻撃力が20%減少したし過度に広かったY軸範囲がエフェクトに当たるように縮小された。

また、蛇腹剣発を強化させる魔人の囁き3セットのわき上がる回数2回増加オプションが1回増加に減少して魔人の囁きと蛇腹剣発中心のプレイが既存より難しくなったし、蛇腹剣発が下方修正になっただけ他のスキルの上方修正が成り立って今後はクロニクルにしばられない装備選択ができるようになった。



4_20160312153854c26.jpg

▲ 3セットのわき上がる回数が減って全体的な攻撃力が減少した。




3_20160312153859ea8.jpg

▲魔人の囁き9セットと12強化リベレーション大剣を着用した状態の蛇腹剣発比較。




2_20160312153855821.jpg

▲ Y軸が確実に短くなったのが体感されるが2次覚醒パッシブをとれば解決される。





◇固定モンスターを相手に優れた性能を見せた血魔人の変化。

血魔人のTP効果が打撃間隔減少で単純攻撃力増加に変更された。固定モンスターを相手にすさまじい多段ヒット ダメージを与えることができる核心スキルの中の一つだったが、今回のパッチで多段ヒット間隔が減って入れることができる総ダメージ量が大きく減った。

ダメージ減少幅が蛇腹剣発に比べて非常に大きいので血魔人特化であるガロアの沼セットの効率性がたくさん落ちるものと見られる。



1_20160312153858ae3.jpg

▲表面に見えるダメージは上がったが…




5_2016031215371465a.jpg

▲多段ヒット間隔が減ることができるダメージが大幅に減少した。





◇全体スキル ダメージ比較

蛇腹剣強の攻撃力増加効果が最も高い側で統一されて狂暴化の力オプションがスキル攻撃力増加に変更された。また狂暴化TPが消えて既存TPの効果がスキル機能に統合されてTP管理が少しは容易になった。 狂暴化にスキル攻撃力増加ができることによってディーサイドは貪欲の燔祭と魔人の剣勢を含んでスキル攻撃力を増加させるスキルを4個も持っているわけだ。

したがって特別な上方修正を受けなかったスキルもスキル攻撃力増加バフによって全体的にダメージが上昇したしスキル攻撃力増加効果が多い分、セイント バフとの相乗効果も期待することができるようになった。



4_20160312153715790.jpg

▲蛇腹剣強10レベル比較、攻撃力増加率が最も高い側で統一された。




3_2016031215371683a.jpg

▲狂暴化21レベル比較、力オプションが消えてスキル攻撃力増加ができた。




魔人の囁き9セット、12強化リベレーション グレート ソード(水属性),属性強化76基準としてパッチ前と後を比較してみた時大幅に減った血魔人 ダメージとスキル ダメージ増加効果を受けられなかったバグが修正になった暗然剣:ギガ ブレードのダメージ上昇が目につく。

その他に全体的にダメージが上昇したのを体感できたし蛇腹剣発の場合魔人の囁き9セット効果を受けても血禍乱舞と剣魔撃殺に押される姿を見られた。



2_201603121537176c3.jpg

▲パッチ前の真:ヌゴル打撃ダメージ。




1_20160312153720942.jpg

▲パッチ後の真:ヌゴル打撃ダメージ。








■剣魔の短所を補完する!ディーサイドのスキル



◇魔人の剣勢

魔人の剣勢はディーサイドの覚醒パッシブ スキルだ。習得時に魔人の力を蛇腹剣に付与してさらに強い攻撃力を出すことができるようになって攻撃ごとに付加効果ができる。蛇腹剣発の場合初発動速度がはやくなって蛇腹剣無には途中キャンセル機能ができる。また、蛇腹剣締には魔人が残って追加ダメージを与えたり暴流螺旋血禍乱舞とともに刃ダメージを別にあたえる効果もある。

大部分の主力スキルの攻撃力を引き上げるので非常に良いスキル。特に蛇腹剣無のキャンセル連係を利用するならばさらにさらに柔軟なコンボ連係を繋げていけて暴流螺旋血禍乱舞に刃攻撃が追加されてあっという間にすさまじいヒット数を満たすこともある。




5_2016031215354258a.jpg

▲刃に別に攻撃判定があってヒット数が2倍で出てくる。






▲多くの多段ヒットが必要な区間ですさまじい体感になる。






▲蛇腹剣無キャンセルを利用したスキル連係。





◇魔人の剣勢6レベル(達人の契約)基準スキル変更点



4_20160312153547087.jpg







◇暗然撃:ギガスラッシュ

プロンクス魔人の怒りセットの効果を除けば一発スキルが一度もなかった剣魔に一発スキルができた。したがって異界ダンジョンでもダメージを与えることができる時間が短いモンスターを相手にしやすくなったし、達人の契約9レベル基準スキル ダメージが51,030%で相当高く設定されていて満ち足りていた一発ダメージを与えるのが可能になった。




3_20160312153547eea.jpg

▲打撃感が相当な水準だ。






▲プロンクス セットがなくて、できなかったワンキルをいよいよできる。






◇非人外道:極

非人外道:極は剣魔の不足した集敵能力を補完するスキルだ。達人の契約6レベル基準23,709%で敵を掴んだ後3,732%で4回ダメージを与えた後9,550%のフィニッシュ攻撃をする。つかみ不可型モンスターは追加モーションなしで48,187%のダメージだけ与える。

つかみ範囲が非常に広くて多数のモンスターを制圧しやすいが、つかみ不可モンスターを攻撃した時何のモーションとエフェクトが出てこなくて虚しく行くことが余儀なくされている。




2_20160312153548e90.jpg

▲クハハハッ! 声が本当に良い。






▲モンスター集敵能力で非常に使えそうだ。






◇破戒剣:ラグナロク

ディーサイドはダイムスとの合身を通じて最終究極スキルである破戒剣:ラグナロクを使うことができる。達人の契約2レベル基準2,596%のダメージで10回ダメージを与えた後、大剣衝撃波9,607%で3回、最終刃フィニッシュ攻撃で35,869%のダメージを与えることになる。攻撃を全部当てた場合、90,650%の非常に高いダメージを与えることができる。




1_201603121535491c1.jpg

▲ファースト サーバーに比べて演出が強化された。






▲演出とダメージ全部合格点で画面を非常に割く。