残影と共に攻撃する!新規キャラクター魔槍士の転職「デュエリスト」の基本ガイド Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

残影と共に攻撃する!新規キャラクター魔槍士の転職「デュエリスト」の基本ガイド 











-----

出典http://df.gamechosun.co.kr/board/view.php?bid=report&num=1900469&page=2

※該当内容はファースト サーバー基準として作成されました。本 サーバーアップデート時に該当内容と違う可能性があることをあらかじめお知らせします。


魔槍士はメイジ職業群の"槍"とは違った"長槍","矛"を主武器で使う新規職業群で現在、"デュエリスト"と"ヴァンガード"に転職することができる。


この中でデュエリストは長槍を主武器で使って、軽甲を着用するキャラクターだ。このキャラクターは矛よりは多少弱いが、高い物理攻撃力を持った長槍を主武器で使って、"ミラージュ スタンス"という独特のスキルを通じてスキルを自由に固め打ちすることが可能なキャラクターだ。 はやい連打攻撃とスタイリッシュなコンボ型キャラクターが好きならばヴァンガードよりはデュエリスト側がより適合するだろう。ただ、ミラージュ スタンスはユーザーの間でも難易度が高いという意見が多いだけ、熟達する時まで多くの努力が必要なものと見られる。


デュエリストは魔槍士レベルが15レベルになれば青色の守護者ビタラから転職クエストを遂行して転職することができるし、50レベル達成時にはハーツから覚醒クエストを受けてハイランダーに1次覚醒することができる。


524391_1452675284.jpg


◆デュエリストの主武器


5_20160311123218b10.jpg

▲デュエリストの主力武器"長槍(左側)",ヴァンガードの主力武器"矛(中間),プリースト武器"トーテム(右側)"


デュエリストは"長槍"を主武器で使う。長槍はインファイターが主武器で使う"トーテム"と同じ攻撃力を有していて、力数値もやはり同一で矛より物理攻撃力自体は落ちるが、力と攻撃速度、クールタイム面で矛より利益が大きい方だ。


矛に比べて物理武器スキルのMPとクールタイム増加量が少ないけれど、一応長槍もそれぞれ10%、5%ずつ増加するので大部分のスキルがクールタイムが増加する。


また、パッシブ スキルである"長槍熟練"を通じて物理攻撃力と攻撃速度、命中率を増加させるので長槍特有の-1%的中率オプションも簡単にカバーすることができる。


一つ特異な点は装着熟練の物理攻撃力増加オプションは既存の武器マスタリーと違うように固定で増加する。(24レベル基準物理攻撃力増加量229,攻撃速度増加量15.1%、命中率増加量13.6%)


◆残影攻撃?"ミラージュ スタンス"


4_20160311123222b5a.jpg

▲ミラージュ スタンス発動姿、白色の残影がスキルを使った後消える。


デュエリストの開始と終わりはひたすら"ミラージュ スタンス"と言える。ミラージュ スタンスはくノ一の残影残しのようにデュエリスト本人がスキル途中ミラージュ スタンスを利用して他の動作ができて、元のスキルはミラージュ スタンスで生成された幻影が最後まで使用をする。


これを利用して強力な技術をミラージュ スタンスでキャンセルして、同時に本体は他のスキルをさして入れて理論上爆発的な火力を敵にさして入れることができる。


追加的にミラージュ スタンスはミラージュ スタンス短縮キーと同時に方向キーを前上下3方向に置いておくことに応じてそれぞれ違った"ミラージュ スタンス"が発現になる。スタンスごとにそれぞれクールタイムが別に回る分だけの適切な管理も必要だ。


ただし、このミラージュ スキルは操作難易度が相当なスキルだ。


くノ一の残影のような場合スキルを長いモーションして使う途中、他のスキルを押せば自動で以前のスキルを残影が終えるのに反して、デュエリストのミラージュ スタンスは"キャンセルになる技術"中に"キャンセルになるタイミング"でミラージュ スタンスを発動することで連係が可能だ。


印を結ぶ途中自由にキャンセルしたくノ一とは違うように、キャンセルになる技術とならない技術がいくつか分けられているところに、ミラージュ スタンスを発動できるタイミング全部スキルごとにすべて違うので反復的な熟達が必要だ。


特に、ミラージュ スタンスのうちバフ型スキルである"スパイラル チャージ"は発動後の次に使うスキルを強化させるが、すべてのスキルを強化させるのではなく一部スキルだけを強化させるので、スキル連係も適切な順序が必要だ。


◆距離を重要視するスキル判定


デュエリストは突き中心の武器である長槍コンセプトに合わせて距離を重要視するスキルが多数存在する。


まずミラージュ スタンスの"ライジング ランサー"と60レベル スキル"ローリング バルカン"はジャンプ後45度角度で槍を投げるスキルで打撃範囲が非常に狭いので敵との距離をよく測らなければならない。


また、45レベル スキルである"雷撃点穴閃"も距離が重要だ。 前方で連続突きをした後、最後斬りに敵を飛ばすこのスキルは突きの槍の先に敵が命中するたびに点穴を蓄積させる特徴がある。 点穴が蓄積されるほど最後の斬りの被害が大きくなるだけ適当な距離を維持したまま使用しなければならない。


70レベル スキルである"三日月"もやはり槍を広く振り回す時、部分打撃攻撃力と槍部分打撃攻撃力が違うだけ適切な距離を測って戦うのは不可欠にならざるをえない。


3_201603111232234eb.jpg

▲ジャンプ後45度角度で発射する"ライジング ランサー"と槍の先に合わせてこそ追加被害を与えることができる"雷撃点穴閃"


◆追加被害を付与するバフ スキル


2_2016031112322170b.jpg

▲簡潔だが強力なバフ スキル


デュエリストは専用バフでオーラ ランスを有している。オーラ ランスは発動時に10レベル マスター基準、120秒間、30%の追加被害を得ることができる。


特別な条件なしですべてのスキルが追加被害が入るだけ強力なバフになるものと見られる。


これと関連してオーバーバランスになることを念頭に置いたのか、武器マスタリーである"長槍修練"が武器攻撃力をパーセンテージに引き上げないで固定数値で引き上げる。


◆スキル振りはどのように?


デュエリストは転職スキルがそんなに多くないうえに1次覚醒まで可能なので2次覚醒を完了した既存キャラクターに比べてSPが余裕がある方だ。


おかげで85レベル基準として物理クリティカル含む転職後すべてのスキルをマスターすることができる。転職前スキルではつかみスキルと見える"フック アンド スロー"と防御スキルである"インデュア"、ライジング ランサーとローリング バルカン以後早く敵に接近できる"パラトルーパー"程度を1程度ずつとっておけば無難なものと見られる。


覚醒パッシブであるミラージュ ストリームが13レベル基準として転職前スキルである"サラウンド ブレイク"の攻撃力を43.7%も引き上げるだけクールタイムごとに短く打つ基本技で使うつもりならば他の基本技を一つ抜いてとるのも一つの方法になるものと見られる。ただ、増加幅が広いけれど転職前スキルであるだけ基本攻撃力が低いという点は注意が必要だ。


1_20160311123226a2f.jpg


◆アバター オプション


-頭:精神力
-帽子:精神力
-顔:攻撃速度
-胸:攻撃速度
-上着:長槍熟練、オーラ ランス、ミラージュ ストリーム
-下着:HP MAX
-靴:力
-スキン:物理被害減少


ファースト サーバー基準としてデュエリストはキャスティングが存在するスキルがバフ スキルである"オーラ ランス"一つだけだ。発動時間が0.6秒であるだけ長いことは長いが、ダンジョンでは一番最初と次部屋へ移る前にだけ使えば良いのでダンジョン基準では精神力のほうが有用すると予想される。


上着アバターはパッシブ スキルである"長槍熟練"と"ミラージュ ストリーム",またはバフ スキルである"オーラ ランス"が主力になるものと見られる。

関連記事
( 2016/03/11 12:38 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。