アントン心臓部 概要 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

アントン心臓部 概要 











-----

概要

ダンジョンアンドファイターに登場するダンジョン.2014年6月26日アップデートに追加されたアントン地域ダンジョンの中の一つだ。

黒い煙の根源から黒い火山まで続くアントン関連エピック ストーリーの終着地で、名前通りアントンの心臓がある所。2個の部屋で成り立って、敵は2部屋目のアントンの心臓一つだけ。

ストーリー上で何の抵抗もしないアントンの心臓を処置する(…)ダンジョンであるが…
いざ心臓を殴ればバーサーカーが使うスキルのように いったいなぜ血が飛ぶのに当たって出血がかかるのか理解できないが無茶苦茶な出血がかかって体力管理を下手すると殴る途中で死亡することもあるので本当は楽なダンジョンではないわけだ。おもちゃを使えば出血による死亡は防げる。もちろんここまで来る過程が大変なので楽なダンジョンだと考えても良いが(…)

ダンジョン プレイ時にアントンの心臓を殴るたびに心臓の筋肉が崩れて地表が崩れてあちこちから血がほとばしる流血場面を鑑賞することができる。 まさか12才や15才がレイドに行くとは思えないし 心臓を物理的にたたき壊すのがダンジョン内容だから仕方ないが、バーサーカーのスキル エフェクトのようにあちこちから血がさく烈するのがドット ゲームとしては強烈に表現されている。 このような形でプレイヤーの手で直接、アントンの心臓を破壊する場面を見せるのはストーリーの流れ上、使徒を殺すのがこれだけ深刻なことだな、とプレイヤーが感じさせる措置と見ることができる。モダン ウォーペア2No Russianミッションでプレイヤーが直接、民間人を撃つこともあるように構成されたことと思えば良い。

衝撃的な場面であるので心身が弱ければ鑑賞時は注意。 プレイ時にも注意しよう。


動画出処エピック実行中に心臓をさく烈させればアントンが死亡する動画が出てくる。

アントンはマテカの姿で"私を殺し魔界へ行け"と言っておいたが、いざ心臓を殴る奴に出血を誘発する防衛機能が関わっていて、アントンが素直に死ななくて悪あがきしている感じもある。だが、心臓がかける出血はただアントンの意志とは関係ない生物学的防衛機能と見える。 生きるために闘争することに善悪はないというのがアントンに対抗した天界人、カロソ、アントンなど全員が見せたテーマだから不思議ではない。 結論はこれは全てヒルダーのせい。

レイド ダンジョンでもアントン討伐段階の最後を飾るダンジョンで、攻撃隊内のすべてのパーティーを合わせて合計5回クリアすれば討伐に成功する。サンドバッグであることは変わりないがレイド特有の厄介なHPMAXと防御力を誇る。また打撃判定が深刻なほどひどくて特定職業群は正しく火力をすることができない。 だから最高の状態で黒い火山まで全部クリアして時間が残り少なくて心臓5回クリアできなくて討伐失敗したという涙が出る話も退屈せぬよう上がってくる。

11月26日パッチで心臓のヒットボックスが改善された。





エピック クエストおよびガブリエル秘密商店悪用事件


初期にはクエスト ダンジョンである心臓部でもガブリエルが出てきた。アントン討伐軍でもないデリラとガブリエルが誰の阻止も受けないで使徒の心臓がある所に入ってきたもよう(…) DNF最強が誰なのかもう一度確認させるネオプルの親切な配慮 問題はアントンレイド オープン記念で全ダンジョンが疲労度消耗がなかったし、このダンジョンは入場制限さえなくガブリエルがかなり高い確率でクロニクル アップグレード レシピとレジェンダリー レシピを購入できるアントニウムを何と10個ずつ持ってきたこととエピック クエストを完了後放棄が可能だったことだ。

このすべての条件が相乗効果を成し遂げて別名ガブパーティーを利用して少なくても数十個、多くて数千個を無限に繰り返して購入してクロニクル アップグレードおよびレシピ購入等で3日でクロニクル9部位を全部フルアップグレードしたユーザーが見えるなどバランス崩壊が起きるところだったが、良心ある大多数のユーザーらと 金脈を失わないための ネオプルの制裁で心臓ダンジョンではガブリエルが登場しないように変わったし、これを悪用してアントニウムを買った ユーザーを対象に最小10日から最大100の期間停止を食らわせて不当な方法で蔓延した利益は全部回収したという。

ネオプルが公示前、アフリカBJおよび有名ユーザーも悪用し、これを見た良心ユーザーと大小の争いも起きた。事実いくつかのBJらとユーザーはアントニウムを捨てたりしたが。

加えてこの点を悪用して制裁を受けた彼らを心臓糸状虫(フィラリア)と呼ぶ(…)。
関連記事
( 2016/03/06 21:07 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。