エネルギー遮断 感染された孵化場 剛腕のクロと黒火のローク攻略 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

エネルギー遮断 感染された孵化場 剛腕のクロと黒火のローク攻略 











-----


クロとローク(感染された孵化場)


Rv5Qi6d.gif
ネームド モンスター
名前 豪腕のクロ
体力 一般ダンジョン 約1.62億
レイド ダンジョン 約6.62億
タイプ 精霊
属性抵抗 -
-
-
-
4VIeaAV.gif
ネームド モンスター
名前 黒火のローク
体力 一般ダンジョン 約2.02億
レイド ダンジョン 約8.26億
タイプ 精霊
属性抵抗 -
-
-
-

レイドでは感染された孵化場2部屋目に登場するネームド モンスター。

なぜ黒いほうがクロじゃないんでしょう? それなら白い奴がシロだ

攻撃パターン(黒火のローク)

読んでみれば分かるだろうが主な攻撃パターンはみんなこいつに集まっていて、クロはその攻撃パターンを回避する鍵だ。
またクロがパターン発動をする時画面が明るく点滅してロークはその反対に画面が暗くなる。参考にしよう

  • 烙印
ロークの特殊パターンは基本的にプレイヤーに烙印を残す。この烙印はプレイヤーに移動速度デバフをかけてプレイヤーがパターンを回避しにくくさせてロークの基本攻撃および特殊パターンに当たる時に追加被害が入ってくることになる。ところでほぼ即死スキルだから意味があるのか?? この烙印は時間が過ぎたりクロに攻撃を受ける時に除去になる。詳しい内容はクロ パターン参照。

  • 闇の呪い
即死パターン1.ロークが"闇の呪いがおりる!"というセリフをした以後、ランダムな位置に降り下ろしをする。 その後でランダムな位置に闇爆発が起きるので、この爆発につくことになれば即死する。 闇爆発が起きた位置には残像が残ることになって残像上に上がればロークの烙印が押される。

  • 黒月
即死パターン2.ロークがキャスティングをして小さい球(?)一つを作ってプレイヤーを追いかけて行くようにする。ボールはターゲッティングになったプレイヤーに従いながら闇爆発の残像をずっと残すが、この残像につけば同じように烙印が押されて、この球がプレイヤーにつく時に該当プレイヤーは即死する。

  • 闇の中で
即死パターン3. 即死以外ないのは何なの?? ロークが"闇の中で!"というセリフを発動した後に降り下ろしをする。この降り下ろし独自ダメージも痛くて死にそうなのに降り下ろし以後にランダムなプレイヤーを中心に広い魔法陣を対象に変えていって何度も生成する。魔法陣が生成される時、魔法陣の上にプレイヤーが立っているならば該当プレイヤーは即死して、生成された後にも魔法陣上に立っていればダメージを受ける。 ジャンプ回避の試みがあって、魔法陣生成はほぼ予告と同時に生成されるのでオズマの裏切りオーラキャンセル"すら"凌駕できるジャンプ タイミングができないならば、これさえもガンナーの空中射撃のような長い滞空時間がないならばジャンプ回避は不可能だ。

攻撃パターン(豪腕のクロ)


  • 浄化
クロが"光がお前らを浄化する!"と叫んで周辺のプレイヤーを攻撃する。
この時、すべての基本攻撃は烙印を除去してプレイヤーのHPを回復させる。それだけでなくロークのパターンを回避するのにも使用できる。
次を参照しよう。
1.ロークの"黒月"浄化
黒月(球)をクロが攻撃すれば黒月は除去される。

2.ロークの"闇の中で!"パターン回避
ロークの魔法陣はプレイヤーを即死させる。このパターンが施行される時クロにくっついていればクロに烙印が押されるが、この時クロにくっついていれば死ぬこともせず体力回復が可能だ。

3.闇爆発の残像除去
ロークが"闇の呪い"パターンを施行した後に爆発が起きた位置に残像が残る。 この残像がある位置にクロを移せば残像がなくなってクロに烙印が押される。 上と同じくこの時クロにつけば体力が回復する。

  • 退け!
事実上クロの唯一の攻撃パターン、ロークが攻撃を受ける時に一定確率で発動になるパターンでクロが"全て退け!"というセリフを叫んだ後パーティーの最も最後のプレイヤーを対象に降り下ろしを発動する。降り下ろしは範囲が大きくてダメージが非常に強力なので4pホーリーは他のパーティーメンバーの邪魔にならないように、すみにいてクロがこのセリフを叫べば回避する準備をしよう。

攻撃パターン(共通パターン)


  • 剣気 放出
クロとロークが一緒に剣を振り回して剣気を放出する。特別なのがない攻撃パターン。

  • 反月波
暗刀反月波!
明月反月波!
剣気 放出を使った以後クロとロークが同時に一直線上に反月波攻撃をする。それぞれの反月波は効果が違うが、ロークの暗刀反月波は発射した以後一直線上で残像が残って、この残像上にいれば体力がパーセント分で減る。またこの反月波に被撃時や残像上にいれば烙印が押される。 したがってロークの反月波は最大限、被害を抑えることが良くて避けても残像上にいる行動はしないのが良い。反面クロの明月反月波は若干のダメージと同時に烙印をなくす。 兄弟だと言いながら片方は邪魔だけしている。

  • 光と闇は一つ
ルミナス 遊戯王
クロあるいはローク片方のHPがとてもたくさん削られた時出てくるパターン。このパターンが施行されればロークとクロが無敵状態になってダメージを負わせられなくなる。そして両端で瞬間移動をした後に"我が兄弟、クロ(ローク)よ!!"という中2病(…)らしいセリフとともにhpが非常に低い片方のHPが大量に回復する。 またこの時、ネームド周辺にいれば大きいダメージを受ける。ただし拘束がうまくいけばこのパターンもまた用事がないので、拘束が注意すれば良い問題。
余談で一方が死んでいる時もこのパターンが施行される場合があって、生き残った側はHPを回復することもせずそのまま空中でフォームだけ放つ(…)滑稽な場面を見ることができる。

ポイント

相当な時間が過ぎたにもかかわらず正しい攻略法がない。アントン リニューアル前のネームドは即死スキルと発動を識別しにくいパターンでユーザーに非難を受けたしこれをリニューアル以後、修正になる方向で直したが、クロとロークはアントン ダンジョンが初めて追加される時にいなかった野郎で、そのまま追加したことだからリニューアルの影響を全く受けなかった。

拘束と火力恩恵が知らされてないので改善が本当に必要なネームド。これではより一層ホーリー&拘束組み合わせ選好だけを深刻化させるだけだ。

一般アントン ダンジョンではクロとロークだけいる。クロとロークの火力がキチガイ水準で、クルセがついたパーティーだとしてもおよそ2回パターン被撃でもコイン使うことになる場合が多い。 体力が非常に丈夫で無難にここまで来たアントン一般パーティーの場合は、一度で倒す時パターンを見ないけれどもパターンを見ることになればあっちこっち設置されるダメージのおかげで地獄を見る。

感染された孵化場を引き受けるパーティーはほぼ瞬殺できる火力を持ったパーティーが配置される。一般的に阻止フェーズで足パーティーを引き受けたパーティーが担当するほうだ。この方法がパターンを見ない最も速くて良い方法であるため。
これらが出てくる所は感染された孵化場2部屋目。ほぼ1部屋目で万全の準備をして相手にするほうだ。感染された孵化場はオープン時、黒い火山ダンジョンのバリア数値をすさまじい速度で上がるようにする。 アントンレイド項目で見れば分かるだろうがこの黒い火山のバリアは上がるほど黒い火山モンスターに入るダメージを減少させるだけでなくバリア数値が100%になれば再び0%になるまで全くダメージが入らない。したがって感染された孵化場が開かれるたびにクロ・ローク&とその孵化場のネームドを瞬殺させる火力は必須のうちの必須。

ポイントではクロ ロークを一度に縛って処理するのが推薦される。"光と闇は一つだ"パターンが発動されてしまえばクリア時間が非常に遅れると同時にクロ ロークの体力が大量で回復するので頭が非常に痛くなる。さらには即死パターンも多いのでそのまま二人とも集めた後に拘束を連係させて倒すのが最も理想的なシナリオだ。
男ランチャーの場合、入場即時サイズミック ウェーブをクロロークの中に設置して集めておくのが良い。剣神の場合、ここで暴風式をすぐに発動するのも良い。どうにか瞬殺をするのが最高のやつらであるためだ。

結局とても難しいパターンを考慮したのか2015/10/20日ファーストサーバーアップデートでアントン一般クロとロークの攻撃力が下方修正になった。
関連記事
( 2016/03/05 22:42 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。