エネルギー遮断 第四孵化場 恐怖の思念体 攻略 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

エネルギー遮断 第四孵化場 恐怖の思念体 攻略 











-----


恐怖の思念体(11時第4孵化場)


ネームド モンスター
名前 恐怖の思念体
体力 一般ダンジョン 約1.14億
レイド ダンジョン 約5.07億
タイプ 精霊
属性抵抗 -20
20
-20
20

幽霊列車フルーのパレット スワップバージョンである恐怖の思念体が登場する。やはり特定パターンにだけ火力タイムが与えられる。レイドでは11時方向第4孵化場で登場する。

攻撃パターン


  • かむ
フルーと同じように地中に隠れてランダムなプレイヤーにいきなり出てきてプレイヤーをかんでダメージを与える。移動だけしていれば避けることができるパターン。

  • 血玉
堅固な足の血玉ではなくてそのまま前方に血玉を三つ発射して地に小さい規模の地面を作る。大したことない攻撃。

  • 悪霊の叫び
フルーの叫び(ひき逃げパターン)をマップ中央。下段。上段順に発射する。ただしここで登場する悪霊はフルーのとは違うように速度がのろのろで多段ヒットを出す。とりわけ色が濃厚な悪霊が一つあるので、ここにあたれば小さいダメージとともに黒い炎がくっつく。この黒い炎がついたままネームド背中に接近すれば大きい硬直を与えて火力タイムが与えられる。 パッチ以前には火力タイムの時、つかみを発動すれば火力タイムが解けたがパッチで解けなく変更された。
この黒い炎は30から始まって毎秒3倍ずつ増加したダメージを与えて、他のパーティーメンバーに移せばダメージは初期化される。

ポイント

火力タイムを作る正確な攻略法は黒い炎がついたまま思念体の背中に接近することで、ソロプレイでも簡単に火力タイムを作ることができる。無駄に思念体の前でうろうろしないこと。いくら長くかかっても思念体にひっついてみても火力タイムは絶対できない。 レイドでは炎一個だけでは火力タイムができないので、しばらく待って炎を育てたり数人がこすって炎をたくさんつかなければならない。
それほど難しい方でなくメルタドロックと溶岩怪虫に死ぬほど苦しめられたプレイヤーに与えられる一種の休み部屋に近い。別にポイントもない部屋。

余談で開発段階では"融和のユング"という形容するのが難しい怪センスの名前であった。これは粉砕(アトール)-消化(メルタドロック)-融和(現・思念体)-吸収(エゲーヌ)に続く栄養素摂取コンセプトに合わせて臨時に決まった名前のためであるようだ。

特徴で火属性抵抗が高くて水属性抵抗が低い大部分のアントンレイド ネームドとは違って火/光属性抵抗が-20、水/闇属性抵抗が20で火属性/光属性攻撃がよく打ち込まれる。 光属性抵抗は他のネームドも-11程度の抵抗数値を持っているけれど黒い火山のボス部屋で召喚になるモンスターを除くならば揺れる激戦地のドゥームプレイナスとともに二人しかない火属性弱点を持ったネームドだ。

レイドでは最も容易なボスモンスター扱いを受ける。体力が最も低い方なので適当なセッティングの火力職が一人で倒すこともあるだけでなく、そんなに致命的な即死パターンもあまり出てこない。だから弱いパーティーを4部思念体に送る方であり楽々パーティーでもある。
関連記事
( 2016/03/05 20:56 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。