エネルギー遮断 第一孵化場 溶岩怪虫 攻略 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

エネルギー遮断 第一孵化場 溶岩怪虫 攻略 











-----

3.溶岩怪虫(1時第1孵化場)


ネームド モンスター
名前 溶岩怪虫
体力 一般ダンジョン 約1.03億
レイド ダンジョン 約4.03億
タイプ 野獣
属性抵抗 34
-27
-11
-11

ヌゴルのデザインをベースにした(ドット自体は新たに作った。)ネームド溶岩怪虫と雑魚モンスターで溶岩亀が登場する。普段は無敵状態であり特定パターンで火力タイムが与えられる。レイドでは1時方向第1孵化場に登場。

元々常時火力が可能な代わりに防御力がありえないほど高い 真ボス ネームドだったが、7月18日パッチ後変更になって亀死体を頭突きしてスタンかかった時にだけ攻撃が可能だが、防御力が急激に落ちてしまって火力があるパーティーなら1ターンでひっ倒してしまうことが可能になった。

攻撃パターン


  • 溶岩亀

マップ左側にある洞窟でアントンのミニミ サイズ(…)の溶岩亀が定期的に登場するが、この溶岩亀は特にプレイヤーを攻撃したりは決してない。処理すれば死体が残るが、この死体が火力タイムと関連するので出てくるに従い処理するのが良い。モンスター レベルは115なのに防御力がかなり低い方だ。 代わりにその分、HPMAXが無茶苦茶で極火力が結構要求される。亀を倒せてから溶岩怪虫極火力タイミングの時にスキルを使えないケースが発生することができる。 被撃代理

  • 幼い怪虫吐き出す
口で多量の幼虫を吐き出すが、これを処理しなければさなぎ状態になって一定時間後、成虫に変移することにになる。 多量の幼虫が成虫に変移すれば部屋が修羅場に変わるので早く処理すること。 幼虫の体力は非常に低くて簡単に処理可能だ。 吐き出した後、怪虫は地の中にからだを埋めたまま歩き回るが、この中には後述する周辺感知はないがどうせ火力は不可能で周辺に行けばダメージを受けるので避けていよう。

  • 周辺感知
溶岩怪虫が地の中にからだを半分ぐらい埋めて歩き回るが、周辺に淡く緑色地面が繰り広げられる。この時プレイヤーの誰かが地面の中に入ればすぐに突進パターンにつながって、一定時間誰もプレイヤーが感知されなければ落下パターンにつながる。

* 落下パターン
後述する吸い込むパターンを一定周期で発生する。天に跳ね上がった後、該当プレイヤーを照準して落下してダメージを与えて、誰か当たった場合、怪虫吐き出すパターンにつながって、そうしないならば周辺感知パターンにつながる。

  • 突進パターン
緑色地面の中にプレイヤーが入る場合、そのプレイヤーをロックオンして直ちに該当プレイヤーを照準して3回早くマップを往復して突進する。このパターンに当てられれば即死級ダメージが入ってくるのでタイミング合わせてジャンプや移動スキル、または覚醒スキルで知恵を絞って避けること。突進する時、上の溶岩亀死体にあたれば溶岩怪虫が気絶状態に陥って火力タイムが与えられる。 重要なのはプレイヤーをロックオンして一直線でずっと押してしまうので過程上にパーティーメンバーがいれば逆賊になることがある。注意しよう。

  • 吸い込み
溶岩怪虫が大声を出してマップ中央にジャンプして口を大きく開いてプレイヤーを吸い込み始める。引き込まれれば99999999の超ダメージが入って即死する。この時、フィールドに設置された幼虫、成虫や溶岩亀も消えてマップがすっきりと清掃される。 また吸い込むと同時に部屋の隅周辺8ヶ所(各壁の1/3地点、2/3地点2ヶ所付近)で棘が出てきて中央に入るが、ここに当たれば大量のダメージと硬直を受けるので注意すること。棘は8方向すみにあれば避けることができる。吸い込むパターン終了後すぐに落下パターンにつながる。
注意することは最後に出てくる棘8個x 2程度は吸い込むパターンが終わっても中央から消えないので落下パターン回避中でも棘を注意しよう。

ポイント

パーティーメンバー1人が3時でターゲットを引っ張って残りが亀を倒す戦法が良い。

1.1人がターゲットをひきつける(怪虫誘導)
2.残りの三人は画面の上段について左側端に行った後、早く溶岩亀を倒す。
3.怪虫を誘導したプレイヤーが亀死体に怪虫が突進するようにさせる
4.怪虫が気絶する
5.皆一緒に怪虫を殺す

溶岩怪虫は自身から最も近くにいるパーティーメンバーを攻撃するのでターゲットをつけるのは難しくない。入場後ホーリーオーダーまたは拘束キャラクターが先に走って行ってターゲットを引っ張って火力職は溶岩亀処理に集中すれば初突進から火力タイム誘導も可能。跳躍があれば突進パターンを回避することも容易だ。 亀 死体に打ち込むように誘導するのに成功すればすぐに超火力を入れれば良い。突進回避の場合、くノ一やローグ系列はエアリアル ジャンプとローグの場合、ライジング カット ヒットエンド、くノ一の場合幻影多重手裏剣で滞空時間が非常に長くて非常に容易だ。似た理由でガンナーも空中射撃を習えば簡単に突進回避が可能だ。
もし自身が怪虫操作をしなければならないのに自信がないならばソウルに鬼影歩をかけてもらって走ろう。 ソウルがいないならば…黙祷 そもそもソウルがいるならばソウルに操作を任せれば良い

元々常時防御力が99%なので固定ダメージキャラクターは言うまでもなくパーセントダメージキャラクターも残酷にダメージが打ち込まれないネームドだったがパッチで幼虫吐くときの火力タイムが消えた代わりに亀が死体に陥るときのダメージが大きく増加したし、火力タイムの間防御力が87%台まで落ちて行くように変わって難易度が大幅低下した。ホーリーオーダーがいればワンターンキルが可能なほど。
レイド パッチ前の怪虫とレイドを記憶する人々は、怪虫難易度低下が本当に記念的なパッチだったと評価する。怪虫があまりにも捕えられないので火山パーティーがヘイストかかったマテカと対面することが常だったため。
拘束スキルや気絶を誘発するスキル的中、時再び地に入ってしまった。パッチされた後には拘束スキルをかければ火力タイムが増えて長く殴れるようになる。時々パッチ前内容で知っていて怪虫拘束をしない人がいるが、拘束をしよう。

余談で、溶岩怪"虫"であるが昆虫型でなく野獣型だ。(…)

関連記事
( 2016/03/05 14:59 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。