エネルギー遮断 概要と攻略 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

エネルギー遮断 概要と攻略 











-----


概要

ダンジョンアンドファイターに登場するダンジョン。2014年6月26日アップデートに追加された5種のアントン一般/レイド ダンジョンの中の一つだ。一般ダンジョンとレイド ダンジョンの構造が違うのでレイド版エネルギー遮断は該当文書参照。

ストーリー上4番目に攻略することになるアントン ダンジョン。モンスターのパターンは単調なことこの上ないが、マップが長くてモンスターの耐えられる体力が強くてパーティーメンバーの熟練度により難易度が両極端なダンジョン。特に若干の失敗が取り返しのつかない事態となるボスである吸収のエゲーヌは悪名が高い。

多段ヒットを安定的に入れることができる職業、短い時間内に超火力を入れることができる職業二人一緒にいてこそ攻略が易しくなる。一時、状態異常誘発が多かったりバフ依存度が高い職業群が困りきったが今後はエゲーヌが平常時にバフを食べなく変わって前より楽になった。

2015年3月12日に適用されていたレイド改変パッチが4月16日パッチで一般ダンジョンにも適用された。クロとロークが7部屋目に追加されたし、その他に色々改変が成り立ってつかみキャラクターも安定した火力が可能になった。




ダンジョン攻略

1部屋目は空であり、2部屋目から6部屋目まではタルタン戦士、弓手が雑魚モンスターで登場する。

アントン一般の場合、7部屋目から順にネームド モンスターが登場して、最後にエゲーヌが登場する。
アントン一般に登場する順序はクロ・ローク→粉砕のアトール→メルタドロック→溶岩怪虫→恐怖の思念体→ボス(吸収のエゲーヌ)だ。

レイドではアントン一般と違いそれぞれのモンスターが一般マップにすぐに出現しない。それぞれのパーティーがエゲーヌをクリアして5パーティー中4パーティーがエゲーヌ クリアを確保した後、黒い火山マップが出現した後から倒すことができる。
そして2回以降進入の時エネルギー遮断マップの隅位置に進入後、パーティーメンバーがATTACK命令が出ている構造体を破壊後、進入が可能だ。それぞれのモンスターが待機する所をn孵化場と称する。もちろんレイドでは各パーティーが1個ずつモンスターを担当するほうだ。

簡単に言ってみれば火山、感染された孵化場パーティーを除いたパーティーは

1.エゲーヌ クリア
2.黒い火山出現後、自分パーティーに任命されたn孵化場ボス クリア
3.クリア時黒い火山のバリア10%減少
4.以後n孵化場ボスをバリア減少のために反復クリア

4つの過程をレイド討伐の間すると理解すれば良い。
感染された孵化場は他の孵化場と違い、感染された孵化場専門担当パーティーと呼ばれるレイドパーティーが別に担当することになって、ここは討伐開始後3分が過ぎてこそポップアップが浮かび上がって進入が可能だ。 感染された孵化場専門担当パーティーは普通トルメールを始めるやいなや早く殺しておいて、感染された孵化場へ向かう道をつけた後待機後、感染された孵化場が開かれれば進入してクロ・ロークおよびネームドモンスターを倒す方式だ。感染された孵化場パーティーは普通、阻止フェーズ時足を担当したパーティーが担当して、それだけ高火力が必要だ。 クロ・ロークを倒すのはそこそこの火力では大変なためだ。
おまけで感染された孵化場をクリアすれば他の孵化場と違い10%でなく15%のバリアが減少する。感染された孵化場パーティーだけ完全ならばどうにか討伐はできると言える理由が正にこれ。
その他の別パーティーはひとまずエゲーヌに行ってエゲーヌをせめたててクリア速度にしたがって攻撃隊長の判断下で孵化場を配分受けるのが一般的なレイド攻略方式だ。わざと容易な孵化場受けようとゆっくりエゲーヌ殴るサボり魔もいる

レイド初心者であるプレイヤーは"nパーティーはn孵化場"と攻撃隊長が指示することで、こんがらがることがある。
しかし、位置が次と同じなのでこんがらがる必要はない。全部エゲーヌをひとまず1回倒せた後に進入するダンジョンだ。

時計方向で
1時(溶岩怪虫) →第1孵化場
5時(メルタドロック) →第2孵化場
8時(アトール) →第3孵化場
11時(恐怖の思念体) →第4孵化場

これだと見れば良い。
平均的にレイド攻略ユーザーが感じる難易度はメルタドロック=溶岩怪虫>=アトール>恐怖の思念体の順だ。
なぜならメルタドロックは攻略も結構難しいだけでなく、瞬間火力が不足すれば休みなしに全滅できるので難易度がある。そして溶岩怪虫の場合、火力タイムが短いだけでなく制限時間内に倒せなければ、マテカにヘイストバフがかかって火山パーティーが全滅する大惨事が起きることがある。 アトールも1pの火力が良くないならばかなり困る可能性が大きい。特にメルタドロックとアトールは1人でも攻略をよく分からない場合、大惨事が起きる可能性が高いので難易度高い孵化場に選ばれる。
しかし恐怖の思念体はそのまま炎こすって無敵状態を解いた次に倒しさえすればよい。普通火力が弱いパーティーをアトールや思念体に送って、火力が中上位水準であるパーティーを怪虫orメルタドロックに送るのがレイド攻略の定石だ。


関連記事
( 2016/03/04 12:55 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。