堅固な足 ボス 燦爛たる炎のアグネス攻略 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

堅固な足 ボス 燦爛たる炎のアグネス攻略 











-----

ボス部屋(燦爛たる炎のアグネス)



胸に目がいって気づかなかったけれどこの子も首が長い…。
ボス モンスター
名前 燦爛たる炎のアグネス
体力 一般ダンジョン 約2.63億
レイド ダンジョン 約12.2億
タイプ 精霊、人間型
属性抵抗 34
-27
-11
-11

上級タルタンである燦爛たる炎のアグネスが登場する。

アグネスとの戦闘は合計2段階に進行される。

無力化防止パターンにアンダーライン表示

攻撃パターン

1段階

  • 幻影召喚
私の分身よ!(セリフ)
"より一層楽しめるプレゼントを準備しました。 次は私が直接遊んで差し上げましょう!!" / "ハハハ! 私を失望させないでください!!" (ふきだし)
アグネス自身は無敵状態で画面最上端に位置して、機敏なアグネスの幻影、奇妙なアグネスの幻影を召喚して攻撃する。
ときおり瞬間移動して連続斬りをしたり、プレイヤー足もとを爆発させて火傷と束縛など状態異常をかけるけれども、大きく気を使う必要はない。単純に幻影を攻撃してなぎ倒せば良いパターン。

すなわちアグネスがいる最上端にすぐ行かずに、中下段ぐらいで召喚する分身を先に処置しなければならない。
アグネス ワンキルをするつもりならば分身にあまり多くの無色キューブスキルを使わない方が良い。

幻影を全部なぎ倒せばアグネスの無敵が解けると同時に直接攻撃をして2段階に進行される
2段階
アグネスは基本的に瞬間移動をしながら剣を振り回したり前方に突進攻撃、プレイヤー足もとに2連続火柱を放ってダメージを与えて拘束と火傷を誘発する攻撃をする。追加で、戦闘状態と関係なく円を描いて小さい放出を加えるが、ダメージはないが魔法陣につけば不利な状況に置かれることにになる。

それと同時に下の3種パターンを進める。

  • 目マーク付着および炎妖精召喚
"私に近い資格がありますね! 今度は別の遊びをしましょう!!" (ふきだし)
2段階進行中に魔法陣を描いて自身とすべてのユーザーに目マークを付着して炎妖精を召喚/復活させる。その後、キャスティングを始めるが目が閉じられている形状の場合、火力タイム、目が光って浮かび上がった形状の場合、アグネスに攻撃すれば目マークが付けられたプレイヤーに火属性反射攻撃を加える。
浮かび上がった状態でも火力タイムを持つようにしようとするならすべてのプレイヤーが目マークをつけてはならない。
または、全員無敵状態の場合も可能。 目マーク持続時間は30秒。
レイド ダンジョンは初足で目をとじた状態+キャスティングが全て満ちる直前ならすべてのプレイヤーが神の加護を使って無敵状態で突入後、目を開いた状態による反射攻撃を無視して強制火力タイムを作る方法もある。二回目からは神の加護が街でクールタイムが戻ってこないために使用が不可能だから他の回復手段をクイックスロットに交替させる。
要約するなら味方に目があってアグネスが目を開いた時、殴ってはいけないとても要約したがこれが一番重要だ

  • 炎妖精
    1段階でなぎ倒した分身がリスのようになった炎妖精で復活する。それぞれ赤色、緑色を浮かんでいて、このリスは静かに立ってキャスティングを発動する。このキャスティングが全て満たしたら真っ赤なリスは広範囲の大爆発を起こして体力50%に達するダメージを与える。 緑 リスはすべてのプレイヤーに鈍化状態異常をかけて、この鈍化は単純移動速度だけでなくキャスティング、攻撃速度まで全部遅らせてしまって、これによってアグネスから受けるダメージが大きくなる。ともにアグネスの防御力を大幅上昇させる。
リスは一定打撃数を殴ればカモフラージュ状態でランダムな位置に瞬間移動する。ただしキャスティング状態ではカモフラージュが解けるのがポイント。
キャスティングが全て満たす前につかみ攻撃や気絶などでキャスティングを切れば良い。なぎ倒せば再び幻影の死体に戻って魔法陣ができるが、この魔法陣にアグネスが広げる放出がつけば体力が回復する。幻影の死体は目マーク パターン発動後、再び炎妖精に生き返らせてパターン反復。
ガンナーの場合は簡単にライジングショットやマッハキックだけ飛ばしてもリスが気絶する。
リスは普通メイン火力職や拘束が管理するのでなくセイントが管理するほうだ。 足熟練有無による攻略がうまくいくかいかないかが決定される最も大きいところ。 セイントがバフだけ与えて手を離していれば逆賊扱いされるのはすぐだ。

  • 分身クイズ
"誰が鬼でしょうか?" (発動セリフ)
"鬼ごっこを1回しましょうか?! ハハハ!" (ふきだし)
"目を大きく開いてください!" (誤った分身攻撃時、セリフ)
画面に"アグネスが楽しみながら分身を召喚します。"という文面が出力されて、アグネスがマップ最上端に瞬間移動して無敵状態に入ると同時にマップ下段に分身4個を召喚する。持っている剣の色が一人違う分身を攻撃すれば良いが、もし間違った分身を攻撃すれば"目を大きく開いてください"というセリフとともに大爆発が起きて大量のダメージを受けるので注意。 また設置スキルをあらかじめ設置しておいた場合、下手するととんでもなく分身を攻撃することになるので気を付けること。
したがってアグネスを攻撃する時はむやみに持続火力をするとして地表をむやみに設置しないのが重要だ
このパターンが終われば即時目マーク パターンを発動する。
間違った分身を打っても少しの間、正解分身の判定が残っているおかげで分身が重なっていれば一度に殴れば良い。
すなわち紫色剣の分身を少し打って消せば良い

ポイント

拘束の力量とパーティーメンバー熟練度が最も大きい重要度を持つダンジョン
レイドでは普通最上位火力を持ったのが足パーティーであり、すべての攻撃隊員のエースが集中する重要なダンジョンだ。

ホーリーオーダーおよび火力が相対的に脆弱な職業の場合、炎妖精のキャスティング断絶と分身クイズパターンを専門担当して他の3人がダメージ反射に注意してアグネスを攻撃するのが良い。また、アグネスはマップ上段に定期的に瞬間移動をするので炎妖精が画面上段にいる場合、ミスで殺さないように(アグネスの体力を回復させないように)注意するのが良い。
最も理想的な戦法はアグネスの目が開いている時、炎妖精を殺さずキャスティングだけそっと切って目を閉じる時、妖精を処理してアグネスを倒すこと。 アグネスの目を閉じている間、炎妖精は復活しない。

また目キャスティング時間が終わる時までアグネスを処理する状況ではないならば絶対地面、ヴァイパーなどの設置型スキルを発動するのをやめよう。
設置して4人全滅する構図が出てくるのが最もありふれている足攻略失敗構図だ。 火力不足より設置によって滅びる場合がはるかに多い(!)
ホーリーオーダーのアポカリプスも攻撃タイムの時、ダメージ反射パターンを避けられないので発動タイミングを慎重にしよう。
またスタン、拘束耐性が非常に低い、数少ないアントンダンジョン ネームドであるからスタン拘束も可能だ。ウェポンのチャージバーストでもスタンがかかるほど。
アグネスが初めて召喚した幻影を全部倒せた後ブラッディレイヴ、ジャンクスピン、フローレカライダーなどの設置しておく拘束スキルをあらかじめ設置しておけば、アグネスが分身クイズを出す前に初火力タイムを作り出すことができる。正確にはアグネスの念障壁が消えて両腕を上げるモーションが終わった直後に拘束が入らなければならない。 フローレカライダーのような場合はタイミングにブラックマントのような拘束スキルを一度程度初回拘束にいれるのが成功率が高い方。設置型拘束スキルがない職業ならば刃タイミングで拘束スキルを入れなければならないが、熟達しなかったならば丁寧に分身クイズも破ろう。わけもなく火力タイム作ってみようとして全滅することがある。

分身クイズをクリアして初めて火力タイム(目を閉じた時)以後、目があけた後に間もなくパーティーメンバーについた目が消えるタイミングがくるが、アグネスが目を開いていると容赦なく再び全パーティーメンバーに目がつくので自身およびパーティーメンバーの目を見守って消える瞬間に拘束して不足した火力タイムを少しでも増やすようにしよう。

ボス部屋入場時、時々わけが分からなく1フェーズ(分身召喚)なしに2フェーズにすぐに移る魔術のような現象がある。当然炎妖精も出てこないので目にだけ気を使って倒せれば良い。 オーバーマインドの2次覚醒アクティブである第6元素や剣神の2次覚醒アクティブである以気御剣術、クリエイターの妨害系列スキルであるドローなどを入場するやいなや使っても分身+目パターンなしですぐに火力が可能だ。ただし1フェーズ発動時間が非常にはやいから入場ラグがあるならば失敗する可能性が高い。 魔王の場合、ダークゴスセットをつけたならばジェノサイドで一発ワンキル(…)という場合もある。
関連記事
( 2016/03/03 20:47 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。