揺れる激戦地 概要とポイント Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

揺れる激戦地 概要とポイント 











-----

概要

i10943274711.jpg
(…)

ダンジョンアンドファイターに登場するダンジョン.2014年6月26日アップデートに追加された5種のアントン一般/レイド ダンジョンの中の一つだ。

黒い煙の根源の次に進めることになるアントン ダンジョンで位置はアントンの関節部。黒い煙の根源と同じようにアントン ダンジョン中では容易な難易度を有している。 一切雑魚モンスターもなしでネームド モンスター一つずつ2匹を相手にしてボス部屋に入場すればイベント演出後、ダンジョンがクリアになる構成で、拘束だけ上手ならば黒い煙の根源よりも容易で早くクリアできるダンジョンだ。 だからアントニウムを販売するガブリエルを狙ってここだけ無限再挑戦する場合が多くて、アントンレイドでもその難易度は相変わらずで、このダンジョンだけを往復するパーティーを激戦公務員(…)と呼んで楽々パーティー扱いする傾向がある。容易なだけあって、マイナー職業群が火力職に行く可能性がそれなりに大きいところ。

ただし拘束があるから最も容易なところだと、モンスター パターン自体は、特にドゥーム タイオリックは堅固な足のクラテックよりも厄介だ。最後攻撃隊PTで激戦公務員だと甘く見て最も多くさく烈する所であるから、熟練してなかったら気を付けよう。

ボス部屋で右側の下すみを見ればカルテル兵士が無線を取っているのが見えるが、ウーン・ライオニルがカルテル側捕虜も兵力に使っていると話したのを考えれば、設定上おかしい部分ではない。

余談でボス部屋は自動でクリアになる所だが実はボスモンスターが存在して無敵ではないので殴ることもできる。Y軸で遠く離れた所に存在するのでY軸範囲が非常に長い追跡型スキルや光輝の念のようなマップ全体が範囲であるスキルなら打撃が可能だ。スペックがあるならば最初から殺してしまいイベントをスキップさせることもできる。体力はアントン一般基準約80行程度。 事実上殴れるスキル中、キルが可能なのは光輝の念が唯一の水準だ。


放て! 激戦地。 初めからやり直すの。^^

2.ダンジョン攻略

始める部屋基準として左部屋と右部屋のネームドを処置して上のボス部屋(?)に行けばダンジョンがクリアになる。

一般的に右側→左側→上段の順序に行く。
中央はスタート地点でありスイッチングあるいは準備のための場所だ。
実質的には左右側2個の部屋だけクリアすれば良くて、上段の部屋はそのままクリアを待機する場所だ。

一般的に右部屋からクリアする。

全体的ポイント

拘束必須
左右部屋すべてが瞬間火力能力が大きく要求される所。
火力になればおいしい所だが火力がなければ地獄だ。

激戦マップ自体は事実、難易度が高くないのでレイド攻撃隊で比較的平均火力が低いキャラクターが配置される。なぜなら必要な瞬間火力能力は高く要求されるが、別に言ってみれば拘束してとらえて倒すこと以外には攻略があまりないためだ。
火力だけあれば本当に易しく簡単にやり遂げることができる。
比較的レイドカットが低いパーティーにしても支障ない。

しかし激戦マップはレイドで持続的にミスを防ぐ役割であるから、他のパーティーがミスをしてしまうことになれば休む間もなくずっとぐるぐる回る。他のパーティーが3~4クリアする間、激戦地はその二倍である6クリア以上。激戦地奴隷 何かとミスる場合は10クリアをするキチガイな場合もある。したがって激戦パーティーを組む時は遠慮なくフォロー受けるキャラクターを入れてはいけない。最小限有事の際に他のパーティーを支援に行くほどの人材が必要だ。レイドで激戦がさく烈してしまえば本当に答もない(…)

参考でレイドで激戦パーティーがクリアをできなくてさく烈してしまうことになるならば進行状況がレイド初期開始時点に戻る大惨事が広がって再び黒い煙の根源4回クリアをしなければならない。比較的低い火力が配置されるという点のために、より一層失敗を挽回するのが難しいところでもある。 そのために安定クリアを狙う攻撃隊長の視点では、ぴったり激戦に配置される程度の平凡な攻撃手を配置するよりは足に行くこともできるほどのハイスペックを配置することが多い。激戦パーティーは攻略が単純で容易な代わりに絶対にさく烈してはいけない所であるためだ。

激戦がさく烈したのにクリアが可能な場合はレイド卒業級養殖攻撃隊ユーザーが退屈で攻撃隊パーティーを立てて、自職利器武器とフルエピックでフォローする無料で養殖受ける 場合だけだ。平凡な攻撃隊パーティーは激戦がさく烈すれば、手のほどこしようもなく崩壊して皆が全滅することになるのが普通だ。したがって自身が激戦をフォローできるほどの攻撃手でないと思うならば、激戦だと甘く考えずに集中するようにしよう。話したように火力にならなければ地獄なのが激戦で、ミスることになった時、無理にでもゴリ押しできる力がないならば阻止失敗が当然であるためだ(…)

意外に攻撃隊養殖では最も難しいポジションに属する。4人パーティーでの激戦地は拘束後、極火力という簡単な攻略でクリア可能な容易なダンジョンだが拘束が新人や火力がなくてパターンが出てくれば対処するのがかなり難しいダンジョンだ。 普通、大部分の攻撃隊養殖では多数の客を激戦地でクリアするために2人で回ることになるが、絶対失敗してはいけないダンジョンであり必然的に艦砲が落ちる攻撃隊養殖の構造上激戦地を担当する2人パーティーはノーパターンで倒す怪物中の怪物や、パターンを全部見てもクリアする超熟練自職利器。どっちもすごい(…)
ただ、魔法の大激変を着用した剣神は以気御剣術をつけて裏鬼剣術を乱射できるので攻撃隊養殖でもどこでも好まれる職業だ。

アントン一般の場合、アントン一般限定マップを黒い火山まで全部クリアした後、激戦地だけ回って時折出てくるガブリエルが売るアントニウム10個を9万ゴールドに購入するための別名激戦地パーティーが存在する。大部分は巨大な姿セットを購入しようとするプレイヤー。

関連記事
( 2016/03/02 14:38 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。