黒い煙の根源 トーグ攻略 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

黒い煙の根源 トーグ攻略 











-----

2部屋目(トーグ)


英国産ギャグ電車 新しく浮かび上がるサンドバッグ。あなた修練部屋トーグキル何秒?
ネームド モンスター
名前 トーグ
体力 一般ダンジョン 約1.14億
レイド ダンジョン 約3.9億
タイプ 精霊、人間型
属性抵抗 MAX
MAX
MAX
MAX

サモナー キラーそして冥王、用毒、ソウル、ダークナイトのご飯

パターンの回避は容易な方だが一つ一つが強力なので回避に必ず気を遣うようにしよう。一番目で登場するネームドにふさわしくなくアントン ダンジョン内最強の防御力を誇る。パーセントダメージや固定ダメージに関係なく火力がひどく通らない。 そしていくつかのキャラクターは地獄を見ることもある。無理そうなら、アントンレイド進入が可能な水準の装備で一般ダンジョン トーグで試してみる。

ただし状態変化中心の火力をする喧嘩屋、防御力を無視して攻撃する黒炎のカラを使うソウルブリンガー、ダークナイト、自然の守護者セット着用者、属性追加ダメージ保有者はトーグを簡単に倒すことができる。
無力化防止パターンでアンダーライン表示。

2016年2月26日パッチで属性抵抗デバフがかかった時、属性抵抗が追加で減少しなかった現象が修正になった。 もう月のカーテンやユピテルのようなスキルなどで属性抵抗が追加で減少する。

  • 属性防御
"変える。 変える!" (セリフ)
"痛い。痛い。痛い" (ふきだし)
火属性弱点 水属性弱点 光属性弱点 闇属性弱点
私たちがトーグを嫌う理由でありトーグがひどく防御力が高い理由
一定時間間隔でマップ隅から4種属性の玉が現れてトーグに向かって移動して、トーグについた玉の属性に変わる方式(11時1時5時7時、時計方向で火水光闇)。すなわち4個の玉のうち望む属性だけを残して全部壊してしまわなければならない。玉自体のhpは少ない方だからすぐ壊すことができる。 持続時間制限のようなものはないので最初に望む属性を食べさせたらその後はすべての玉をみな壊しても支障ない。

アントン ダンジョン防御力下落パッチ以前には属性パターン発動時、属性抵抗が-8917に落ちて属性追加ダメージ アイテムをつければダメージが狂って暴れる水準だったがレイド パターン改変以後アントン一般は属性抵抗-1200/レイド属性抵抗-3000に変更された。 レイド基準属性追加ダメージの場合属性強化が0でもダメージが13.6倍に入るということ。このような理由で防御無視ダメージ数千単位の過剰強化パーセントダメージ火力職でない以上、固定ダメージキャラクターでもパーセントダメージキャラクターに似たような水準のダメージが入る。防御力が極度に高いが、一方では属性抵抗が極端に低い。

このような理由でトーグはフルドーピングに各種バフでいっても倒すのに莫大な時間が必要とされる。それでレイド ダンジョンの煙組みあわせはパーティーの属性から色々な要素を徹底的に問い詰めなければならない。ただし喧嘩屋をはじめとする状態変化キャラクターの状態異常ダメージが相当高く通るので、煙専門担当パーティーでは男/女喧嘩屋をよく採用する。毒ダメージ セッティングがうまくなっておけばレイドで何とこのようにあっという間に溶かしてしまう。また、自然の守護者セットをはじめとする、防御力の有無に関係なく固定ダメージをあたえるレジェンダリー~エピック アイテムの効率も非常に優れる。

  • 突進
"走る!" (セリフ)
"暴走機関車だ!!!" → "クヘケケ~" (突進準備→突進、ふきだし)
"暴走機関車だ!"というセリフ後突進する。突進した経路に火炎が残って踏めば少ない量のダメージを受ける。

  • 火炎放射
    両手をつないだ後前方に火を吹き出す。 手をつなぐ動作が見えればY軸、あるいは後方に回避すること。
    瞬間的に火力が入らないならば早くY軸あるいはトーグの後方に逃げるのが答。
    とても遅れて当たりそうならば神の加護を早く使うのも方法でもある。
    放射中のトーグは無敵であり、火炎放射パターンのダメージは即死級。使用後高い確率で吸収パターンを発動する。

  • 火炎玉
    発動後竜巻パターン連結
    マップあちこちに赤い色玉をばらまいて、全部吐き出した後いっせいに爆発する。突進と火炎放射に比べて痛くない。プレイヤーがトーグに近接時に高い確率で発動して使用後竜巻パターンへ移る。

  • 煙玉
"クフフ・・・煙の卵だ!" (ふきだし)
発動後竜巻パターン連結
トーグが無敵状態に突入して腹から赤い色の大きな玉を召喚する。オブジェクト判定で1部屋目でも見た黒い煙を生成する。放置してフィールドに煙が広がれば面倒だから早く壊すようにしよう。プレイヤーがトーグに近接時に高い確率で発動して使用後竜巻パターンへ移る。
煙玉が召喚になれば100%竜巻パターンが出てくるで知っておこう。

  • 吸収
"こっちにこい!" (セリフ)
トーグのHP回復
魔法陣を広げて範囲内のプレイヤーを吸い込んで、前部分に小さい竜巻ができてここにつく味方に被害をもたらせて体力を回復する。召喚物がかかっても回復するのでサモナーやメカニックは用心。ただしこの竜巻には最下段判定がないものと見られる。また、トーグが竜巻を発動した反対方向に引きずられて行った時、竜巻の反対方向に歩くならばトーグに近くつくことになっても竜巻に当たらない。ブラックマントや念スピアビッグバン パンチのような強制硬直/つかみでキャンセルされるのでできる限りキャンセルしよう。ただ、トーグが建物型だからバーベキュー/烈波斬などはかからない。そしてこの面倒なパターンは上位互換バージョンであるエネルギー遮断のエゲーヌが正しく見せるが…。
ランチャーの場合パンペロブースターで止めれるし、バーサーカーもブラッディレイヴで止めることができる。阿修羅の場合は修羅真空斬、極波動剣氷刃と爆炎、炸裂波動陣で止めることができる。しかし炸裂波動陣と修羅真空斬使用時、初回火力のために竜巻に引っ張られて行って当たることもあるので注意すること。

  • 竜巻
    最も注意するパターン。新参パーティーがボスはおろか初ネームドでばらばらに裂かれていく理由。
    竜巻パターンは絶対単独で使わなくて、必ず上記した火炎玉パターンあるいは煙の卵パターンと連結して使う。
トーグが空中でジャンプした後巨大な竜巻を作り出す。範囲がありえないほど広くて数回当たればほぼ0.2秒に1回ずつの多段ヒットが入ってほぼ無条件で死ぬ。竜巻はランダムで2人のプレイヤーに向かって直線に移動する。この時、竜巻の目標物になったキャラクターのからだには赤い血雲に似たエフェクトができるが、普通は竜巻連係パターンが発動する時あらかじめマップのY軸中央に移動して竜巻を誘導して、X軸に逃げれば簡単に回避することができる。竜巻発動後地上に着地したトーグは座り込んで動かない状態になるのでこの時カウンター判定が出るので極火力タイミングだ。
ただし、座り込んだトーグはつかみスキルが当てられない状態になってネックスナップ、ワイルドキャノンスパイク、その他打撃スキルなど以外には受け入れられなくなる。したがってアルティメットディーヴァとグランドマスターのような拘束クラスは理由もなくスキルを無駄に浪費せずにきらびやかな基本攻撃で(・・)火力をするふりして立ち上がれば捕らえ殺すようにしよう。
一つトリックがあって空中に浮び上がるスキルの場合スキルをキャンセルされれば空中に浮び上がったまま行動が可能になる。フォーチュン コインやパッチ以前の武闘ダンジョンが代表的な例。隅の黒い煙がスキルをキャンセルさせるという特性を利用して隅に行くようにバックステップを連打すればバックステップで少し空中に浮かんでキャンセルが繰り返されてますます空中で高く上がることができる。 画面に見えないほど高く上がれば竜巻も回避可能。ただ、上がるのに時間が多少かかるのであらかじめ準備しておかなければならない。ダークロードがブレード ファントムをトーグに敷けば竜巻が消える。アントン一般では適用されるがレイドは省略
過去アントン一般ダンジョンでは竜巻が長い時間の間プレイヤー1について動いてプレイヤー1はパーティーメンバーが火力をするのに邪魔にならないように竜巻を適切に誘導する形でパターンが進行されたが属性変換方式が変わる時レイドと同じ方式で変更された。参考でクルセイダーが懺悔のハンマー スキルで懺悔を浮かせば竜巻ダメージを受けない。

  • 地団駄を踏むこと
"アアア…?" → "おっと" (ふきだし)
大したことないパターン。ただ地団駄を踏むことをする。当たれば気絶と共にダウンになる。ダメージは低いが使ったスキルがキャンセルされることもあるので気を付けよう。

  • 引き上げ動作
"降りてきた~降りてきた~"、"キヒッキヒヒ" (ふきだし)
大したことないパターン(2)。過度に近接すれば両腕でプレイヤーをおもちゃ兵丁がするように高く浮かして、落ちるプレイヤーを鋭く振って"降りてきた~降りてきた~","キヒッキヒヒ"というセリフを打つ。大したことないパターンよりはいくらか脅威的だ。語り口が可愛い。キヒッキヒヒとは?

  • 黒いガス放出
    "降りてきた降りてきた"のようにたいした事がないパターン。プレイヤーが過度に近接時腹部の口で黒いガスを放出する。被撃時効果は省略する(…) 当たることがあれば

1部屋目のようにすみに黒い霧があって、動くことはないけれどここにかけらればやはり強制沈黙になって発動中のスキルがキャンセルされる。女性ストライカーのライトニング ダンスのようなスキルはこの距離に入らないように注意して殴るのが良い。

.攻略法

基本的に攻略は次と同じだ。

1.入場した直後トーグに近接して煙の卵+竜巻パターンを発動させる。
2.途中でトーグが発動するパターンを避けたりキャンセルさせる。(火炎放射、突進、吸収)
3.トーグが玉を四方から引いてくる
4.4種属性のうち望む属性の玉を食べさせる。
5.以後からはそのまま玉を全部壊してもかまわなくて、たたいて割れば良い。

重要なのはひとまず望む属性の玉を食べさせることであり、その次に重要なことは竜巻を避けることだ。

竜巻を避ける要領は攻略を見るばかりではうまく体感されない。直接身を粉にして他の人の助けを受けてトーグのタイミングを直接測ってみるのが良い。ひとまず赤い玉が出てくれば無条件3秒後に竜巻が出てくる。赤い玉が出てくれば無条件マップ下段に行って左右を選択して竜巻を避けるのが定石。 その他にも自身がトーグの竜巻タイミングをよく分からないと思うなら固定行動スキルを自制して他のパーティーメンバーの顔色を見よう。他の人が下に行く時タイミング合わせて一緒に行くだけで半分以上を避けることができる。

敵を縛っておくことができるスキルがある職業の場合トーグの吸収パターンの時真っ先に止めるのも重要だ。

要約すれば竜巻を避けてそのまま熱心に攻撃すると見れば良い。ただし職業の組み当わせが良くない場合トーグ倒すのに長時間かかる場合が日常茶飯事であるから、メンタルをうまく保って集中して倒すようにしよう。エピック アイテム セットである自然の守護者セットがトーグを倒すのに役立つ。

参考で竜巻の端にかかって死ぬ危機の場合天上のHPポーションを服用すれば生存が可能だ。竜巻まん中閉じ込められれば答がないが、竜巻は基本的に多段ヒット重複であるから一発でHP 100%を回復させる天上のHPポーションがあれば生き返ることができる。ネルーベに行く前にコインを惜しむことができる良い方法だから愛用しよう。

余談だがアルティメットディーヴァの場合、チェーンコネクションとネックスナップを適切に利用すればパターン見ないで拘束が可能だ。あ、もちろん単独でクリアはほぼ不可能だが(…)

2016年1月21日パッチで修練の部屋に各属性別トーグが追加されて真:巨大ヌゴルを抜いて新しいサンドバッグに浮かび上がっている。
関連記事
( 2016/03/01 22:50 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。