レイド推奨装備と立ち位置 シャドウダンサー Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

レイド推奨装備と立ち位置 シャドウダンサー 











-----

グリムリーパー

どこかバグで火力で損害をこうむる部分がかなりある物理攻撃火力職.

極限の暗殺一発快感.竹槍・・竹槍をもってこい!

貴様のパターンを壊してやろう!

ほとんどのの拘束技術が火力タイムを切らなくなったパッチ以後で強キャラ.火力も火力だが数多くのパターンを最初からキャンセルさせてしまう魔道学者の後に続いたパターンキャンセル王.いくつか無敵パターンをキャンセルさせてしまいそのまま火力タイムで作ってしまう威容を誇る。 火力拘束を全部することができる次世代有望株…だったが影移動が今後は無敵パターンをキャンセルできなくなって奇形的なパターンキャンセルを期待できなくなった。

火力は純粋火力職には至らないが暗殺者の心得と革マスタリーのクリティカル増加ダメージおかげでホーリー恩恵を確かに受け取るほうだ。おかげで補助火力職としての役割を遂行することができる。 また拘束に有利なスキル(シャドーカット、心臓突き、ファイナル ディストラクション、死の演舞、暗殺、チェーンリアクション拘束機能)の存在と腹をくくれば人間型限定、 シャドーカット+暗殺+チェーン リアクション拘束機能+チェーン リアクション フィニッシュ発動(人間型を除いたモンスターにはチェーン リアクション フィニッシュ拘束が入らない)で関連する10秒ほどの拘束で補助拘束(・・)を越えたその何かとしての役割を遂行することもできる。 グリムリーパーは物理攻撃パーティー特性上剣神と主に行くことになるが、剣神の不足した拘束部分を上のテクニックで埋めることができる。 また、暗殺はクラテックでもアグネスのような初回拘束が重視される所で暗帝の"シャドー バインディング"のようにあらかじめ発動しておけばモーションが取られる、そのモーションの間モンスターに火力が可能になる瞬間がくれば4等分分ける独特の判定で初回拘束をキャッチする能力もまた優れる方だ。

レイドでは普通死の歌声9セットがレイドで推奨されるほうだ。暗殺自体の威厳たる攻撃力と暗殺後火力削除機能を利用して連係的な拘束と火力を可能にするという点が魅力的だ。

しかし上の長所は全部"バックアタック成功時"という条件がつく。バックアタックを成功させることができないならば上記の長所は全部水の泡になってしまう。だからモンスターをたくさん移動させる職業群(特にグラップラー)とは相性が良くない。したがってこのような点はパーティーを組み合わせする時必ず考慮されなければならない. 事実プレイヤーの指水準がシャドウダンサーの安定性を決める最も重要な要因だ。

暗殺者の心得スイッチングはシャドウダンサー(ダンジョンアンドファイター)/スキル参照
関連記事
( 2016/02/19 10:39 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。