レイド推奨装備と立ち位置 アベンジャー Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

レイド推奨装備と立ち位置 アベンジャー 











-----

イモータル

高い成長性を粗悪な性能の武器で困難に陥ってしまったキャラクター.

メタモルフォーシス セッティングは低い費用で入門が可能で、火力もある程度選ぶことができるが、クロニクルの依存度が高くて限界が明確だ。 それに比べて悪魔化はクロニクル中心でだけセッティングするならばメタモルフォーシスにある程度押されることもできるが、ある程度投資をしてエピック/レジェンダリー セッティングを完成するならばメタモルフォーシスとは圧倒的な差を出すことができる。現在の主流であるクロニクル装備卒業に合わせて多くのユーザーが悪魔化セッティングを委ねる方だ。

もちろん墜落する霊魂スイッチング用で災害6セットはどっちでも不可欠で備えなければならない。

メタモルフォーシス ユーザーは死の加護6セット+巨大な形象セットが一般的.他のエピックがあるならば巨大な形象セットを抜いてエピックを借用するけれども、メタモルの無限維持のためにはクール減少が重要なのでほぼエピックは巨大な形象に勝つことができない。武器は虚無を注視する瞳が使われて、スイッチング用で黒く腐った血やアングラ マイニューを準備すれば良い。

悪魔化ユーザーは上に叙述した通りエピックでもレジェンダリーをそこそこ組み合わせたクロニクル装備卒業セッティングでレイドに参加する。武器はエピックのオプションがみな不十分なのでリベレーション サイドが最も一般的であり、悪魔化持続時間増加のために堕落した心臓の十字架を不可欠で用意しなければならない。 クロニクル セッティングでレイドを行くならば湧き立つ棘9セットが主をなす。ダークゴス セットを合わせたり闇属性強化レジェンダリー セッティングを完成したユーザーはデモニック グレースを使う。

使われる武器が全部レジェンダリーであることがアベンジャーの現実を感じさせてくれる。エピック級武器というデモニックを除くならばリベレーションが最終兵器である計算なのに、これはリベレーションでもレイド参加が可能なほどアベンジャーの成長性が高いということを証明するけれども成長性を発揮する武器がない。 その上にデモニックが最後の砦なのに鎌マスタリーの効果を受けることができなくてインファイターぐらいの絶対的な効果は見ることができない。闇属性280以上になってこそデモニックがリベレーションを越えるという実験結果があって、これはダークゴスセットがない以上完全クロニクル装備卒業をしても容易ではない数値だ。 巨大な形象のような優秀なオプションをあきらめて闇属性強化にだけオールインしてリベレーションを越えても他職業のエピックに比べては効果が付くほかはない。結局ダークゴスセットを集める前まではリベレーションにだけ首をくくらなければならないこと。
関連記事
( 2016/02/17 16:52 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。