レイド推奨装備と立ち位置 魔道学者 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

レイド推奨装備と立ち位置 魔道学者 











-----

ジーニーウィズ

火力能力と拘束、デバフを全部兼ねるオールラウンダー.

ただし最近では暗帝に押される傾向. 火力、拘束、デバフ全部曖昧だ。
  • 火力職:光り輝く紅炎6セットが基本.残りは巨大な形状アクセサリーを装備するか、一部エピック(暗殺者の刃指輪や各種増加ダメージ、属性強化アクセサリー)と組み合わせしたりもする。武器は適当ならばカボチャほうき以上が普通だ。紅焔加熱炉火力が40 %ほど下方修正なってリベレーションが曖昧になる方。
7月の下方修正以後ではクロニクル装備卒業セッティングが研究されている。フローレカライダーの下方修正以後加熱炉火力タイムを全部満たすのが難しくなったため。クロニクル装備卒業セッティング中最も普遍的なことが豊富な闇属性強化アイテムとラビネーターの黒い心臓ロッドを活用した闇属性クロニクル装備卒業だ。 闇属性クロニクル装備卒業時メインスキルで使われる反重力、大王ハエ叩き、ロリポップが全部短い時間に火力を入れることができる瞬間火力スキルであるためだ。この分野の終わりはやはり80帯 布エピック セットであるダーク ゴス.その他にもドリル魔道や光属性魔道のように属性別に多様なセッティングがあるが実用性は低い方だ。 ドリルはグレイシャル ドリフト9セットをベースにスイッチングをしなければならないが、火力時間が10秒ほどであるから現在の瞬間火力主体では使うことも大変で、光属性は高出力マジック ミサイル、ほうきスピン、フローレカライダー、フローレ電気ウサギが代表的なのに、高出力マジックミサイルは雑魚モンスター処理にさらに似合って、 ほうきスピンは上方修正されてもまったく良くないスキルに、フローレカライダーは拘束にさらに意味がある。もちろん火力が悪いことではないが・・バウンド スピンを蹴って出てきた電気ウサギは火力が別に良くない。さっさと硬直拘束に意味がある程度.
  • 拘束/デバフ職:先駆者の足跡9セットを基本だと考える人々が多いが、先駆者セットには拘束維持時間増加がなくて単にクールタイム減少だけがあるので思ったより効率がとても悪い。すなわち、純粋拘束によって位置づけはとても良くない方。 ただし設置型拘束という優れた長所と強制硬直を通したパターン キャンセルおよび強制拘束が可能で、以後ウロボロスで連係拘束が可能だという点、そして最後に紅焔/加熱で下方修正前の評価が残ってまだ高い評価を受けているキャラクターだ。 また、単純にフローレカライダーだけ設置するのではなくフローレカライダー設置、シュルル、アシッド等を通したデバフとブラックマント、1/2次覚醒スキル、ドリルなどを適材適所に使ってモンスターの位置調節などを全部行うことができてこそはじめて一人前だと評価されるキャラクター.すなわち、"私は拘束を育てるよ!"としながら新たに入門するには色々な面で効率が良くないキャラクターだ。拘束部分だけを見た時は先駆者9をつけるが光り輝く紅炎6巨大な形象3をつけるが拘束時間には全く差がない。
    すなわち、先駆者9はあくまでも"拘束に失敗した場合"あるいは"拘束ワンタイム中にモンスターが死ななかった場合"を想定するセッティングなので絶対に良いと見ることはできないセッティング.魔道学者をある程度分かる、そして育ててみた攻撃隊長ならば属性抵抗デバフ/属性強化アイテム一つなしに先駆者9をつけてあれば初めから攻撃隊申請自体を受けない。 ただしフリージング カット ローブやタクティカル ベルト、アブソリュート フィールドのうち一つを備えた状態で先駆者9を合わせたとすれば攻撃隊パーティーにこすってみる水準はなる。
    魔道学者を拘束で起用する場合は大きく2種類に分かれるが、一番目は水属性物理火力パーティーでデバフ職/拘束役割で起用する場合で、二番目は火力職での素養をすでに備えた状態で追加魔法攻撃火力職とともにパーティーにソウルを含んでフローレカライダー拘束ワンタイム中にすべてのネームドを削除してしまうことができる場合だ。 特にワンキル火力職一人でネームドでボスみな食いつぶすのが可能なキャリア水準なら拘束でも採用はなる。そのような攻撃隊パーティーがほぼないからそうであって。 そもそもそのような水準なら攻撃隊養殖にスカウトされるはずだ。もしかして知らない?攻撃隊パーティー行きたくて行くのか?
    過去物理火力デバフ職No.1キャラクターでアシッド魔道が脚光を浴びたし、今でもそれなりに良く行く方でもこれは過去評価の残滓だ。事実上アシッド レベリングはほぼ無意味でオーラ/拘束がメインだと見ることができる。過去拘束セッティングとデバフ職セッティングの項目が分かれていたが、事実上基準が曖昧で完全に交わすことは大変だ。 そのまま支援職だと呼ぶ方が正確.アシッド43レベル基準として物理防御デバフが2.7万程度しかならない。水属性減少は立ち並んで60程度減少はさせるが・・別に高いのではない。 アシッド セッティングに先駆者者9セットをして拘束兼防御デバフ、その上にフリージング カット ローブ/レイ・ディクリーズ ショルダー同じオーラで属性抵抗減少で火力を補充することができなければ使うところがない。ドロッパー1部位を満たせば属性抵抗デバフ100以上はなるのでそれなりに使えそうであることではある。 防御デバフで使えそうにするなら蜘蛛女王セット上着、下着、靴3セットを備えているならば以前水準のように6万以上の物理防御デバフが可能だ。2.7 + 3.6 = 6.3であるから大まかで6.3万程度.ところが紅焔6セット セッティングをする時もこの防御デバフが有利に作用するということだ。 シュルル1.9万+ 3.6万して5.5万を基本的に削る。武器、残りの1部位だけ残るだろうがこの程度までファーミング(獲得努力)したとすればほぼリベレーションより良いエピック武器一つぐらいは入っていることであるから・・そのままこの程度までしたとすればサブ火力+サブ拘束に行くものだ。
デバフ職一度もしないでしてみる試みをするならば分からないが

古代の図書館スイッチングは武器はシャイニング インテリジェンス5レベルついた武器がないならば亀裂した次元が普通だ。10 %ほど上がるため。絶対零度の世界や先駆者者の足跡6セット25 %と組み合わせしたり、残りは亀裂した次元緑色気運およびレベルを上げる装備で組み合わせする。 ただし古代の図書館レベルが上がる装備がたくさんない上に、6セット25 %等等をしても200程度に終わってしないユーザーが多いほう.超越のルーンの場合にはスイッチングとノースイッチング差が1500以上出るので必須だが、こちら側はシャイニング インテリジェンスがない限り200 ~ 300程度がせいぜいである. もちろん増幅値を考えればするのが良いが、ホーリーオーダーバフが入れば200 ~ 300程度は格別差も出なくて・・

レイド改変以後レイドの支援職の席を一人占めするように占有したが6月バランス パッチでアシッドが55 %ほどの下方修正を受けて、加熱炉も40 %ほどの下方修正を受けて位置づけが多く降ってきた。他のスキル上方修正がネズミ尻尾と相変わらず加熱炉がメシの種であることは相変わらずだ。 特にドリルはアシッド下方修正、フローレカライダー代理設置時間減少で間接下方修正を食らった.火力がさらに落ちた感じを受ける。もちろんキャラクター自体がユーティリティ性が良くてユーティリティ性で拾っていく場合は多い。だが、そのユーティリティ性をよく生かすことができなければ苦労の種になるのは同じで前と違って熟練度が高い職業になったもよう。
関連記事
( 2016/02/16 13:59 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。