レイド推奨装備と立ち位置 女喧嘩屋 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

レイド推奨装備と立ち位置 女喧嘩屋 











-----

用毒門主

依存アイテム:インテンツボム9セット、毒塗り3レベル称号、マッドドック イオーク9セット
特化ダンジョン:黒い煙の根源.エネルギー遮断.

ユーザーの実力が重要ながらも成長性が極度に低い魔法攻撃サブ火力職兼拘束.

主に魔法攻撃サブ火力職兼拘束兼デバフ職(すなわち、サポーター)で参加する。 用毒門主は12強化リベレーション+クロニクル9セットでレイドに簡単に火力職として進入することができると考えるユーザーが多いが、用毒門主は決してメイン火力職ではなくて毒+べノムマインを通したサブ火力に投網を通した被害増幅、ネックスナップやブロックボムorジャンクを利用した拘束、 短時間内トーグを溶かすトーグ キラーの役割など多彩な小手先に(…)にたけていたサポーターだ。したがって手抜きというイメージとは違ってユーザーの力量がとても重要で同時にスキルに対する理解度が非常に高くてこそ自分の役割をすることができる。

主力セッティングはインテンツボム9セットと毒塗りスイッチングを同時に備えること。べノムマインの火力は単純に打撃時の魔法ダメージだけでなく中毒ダメージの比率が高いのでスイッチングおよびソウルブリンガーを通じてこれを極大化することが重要だ。 これによって用毒門主はレイドで組み合わせがたくさん制限される方で、用毒門主のパーティーはソロ火力職+用毒門主+ソウルブリンガー+セイントの組み合わせでほぼ固定されていると見ても過言ではない。

あるいはマッドドック イオーク9セット+状態変化増加ダメージ補助装備をつけて拘束特化+トーグ キラー側でとらえてレイド入門するのも悪いことはない。ジャンクスピンの物品数は二重投擲バフ基準最大連打で6秒に50個ほどで短時間に毒塗り重複量が最も高いスキルでトーグ戦核心スキルだ。 ブレーメンが敷かれた状態で挑発かけて毒霧(毒霧独自ドクダメージ+毒霧状態変化抵抗ボーナス約34)を敷いてジャンクを戻せば毒塗りスイッチング標準基準+古代呪術師の棘装飾セッティングでトーグHPMAXが120行ほど残る。 また、ジャンクスピンの途中キャンセル機能を利用して拘束なったつかみ可能ネームド/ボス モンスター限定で無限拘束防止バリアーが黄色で赤い色へ渡る頃にジャンク中道キャンセル後すぐにクレイジーバルカンに続けさせれば無限拘束防止パターンをかむタイミングを簡単に狙うことができる。特にしばしば行く煙のボスであるネルーベで本当に狂ったような水準の活用が可能だ。 熟達だけなれば本来の席拘束をしながらパターンを最初から見ないほど。ポイズンアイビー貴族:すなわちネルーベ先生はパターンを使えないこの話です。 ネルーベ:いや何ですか?私が…私が(パターン)古字だなんて! レイド内でポイズンアイビーが可能なコントロールを熟達するか良い武器ができてインテンツボムに着替える前には入門用拘束ポジション セッティングには非常に使えそうだ。

余談だが皆よく勘違いするのがべノムマインは思ったよりトーグ戦でダメージを与えることができない。その理由はべノムマイン独自毒レベルは達人の契約カンストレベル基準97でレイド レベル115とは18や違いが生じてドクがかかることに非常にペナルティが与えられる。 その上にべノムマインに毒塗りはひたすら下の衝撃波にだけ適用されるのに実際に毒塗り重複量は非常に低調な方だ。その上にバフもスキル増加ダメージもないポイズンアイビーのべノムマイン ダメージ自体も絶対良い方ではないので武器がタルウィ級の特出出るように良いのがない以上は火力職だとするのも大変だ。 すなわちレイド入門をしようと思うならばジャンクスピンをしばしば使って拘束兼トーグ キリング(ないしは毒ダメージ サブ火力)を特化でとらえて挑戦してみるのも悪いことはない。

用毒門主にあって毒塗りスイッチングは他のキャラクターのスイッチングとは次元が違った重要性を帯びる。これはインテンツボム9セットを強制されることためにセッティングの自由度が落ちる用毒門主の火力能力を補完できる数少ない道であるためだ。主に配置される煙パーティーでのトーグ火力能力と直接的な関連があるのも一役買う。 毒塗りを強化する道は大きく2種類道に分かれるが、毒塗りスキル レベリングを通した毒レベル+毒ダメージ増加と亀裂した次元に毒塗り赤い気運と緑色気運を付与する方法がある。毒のレベルはアントンレイド モンスターのレベルである115を普通基準としてそれ以上になればレベリングより亀裂した次元の効率が良い。 毒ダメージはできなくても33000は渡した方が良い。
  • 毒塗りレベリング:未完成インフィニティ ガントレット2 orセンチピーズチーン3,卑劣なペルビスキング上着1,海神下着or陰欝下着1,パリスの手首プロテクター1,ハイテク指輪1,時間旅行者の銀時計orニベールの階級章1,アバター3,称号3,クリーチャー1等の方法がある。
  • 亀裂した次元:赤い気運は毒ダメージを、緑色気運は毒レベルを増加させる。適切なレベリング以後残る部位に全部亀裂した次元2付与アイテムを書けば良い。もし毒レベル115レベルを渡したが状況が不如意で1付与アイテムを使わざるを得ないならば赤い気運付与がもう少しより良い。

武器ではエピック水準では悪魔の熊手:イグノアとタルウィ ザリチェ、レジェンダリー水準ではブラッド オブ マッサカーとリベレーション クロー、万病の根源が使われる。それぞれ12強化8精錬程度なら充分.毒塗りスイッチング龍で未完成インフィニティ ガントレット8精錬が使われたりもする。

クロニクル装備卒業は粗雑に3セットや6セットを残してクロニクル装備卒業することは不可能に近い。エピック5セットを利用して物理攻撃喧嘩屋でクロニクル装備卒業が可能ではあるが水、魔法攻撃に分けられたのも足りなくて状態変化火力が占める比率が大きい用毒門主のスキル構造上損害をこうむる部分が多くなければならない。

ポジションは特別な仕事がない以上ほぼ煙に配分される。毒塗りセッティングを通じてトーグを早期に溶かして出せるため。安定した先に拘束を引き出すことができる熟練した用毒門主は足パーティーで活躍したりもする。

毒塗り以外のスイッチングは挑発レベリングおよび状態変化増加ダメージ アイテムを使う。挑発はデバフ スキルであるからスイッチングをたびたびする訳には行かないが、捉えるのに時間がかかるトーグや火力タイムを作るのに時間がかかるエゲーヌ、マテカ、ドゥームプレイナスなどでは十分に使う価値はある。
  • 挑発スイッチング:真:プロ戦闘屋上着2,黒い光気運1,称号3,アバター3,クリーチャー1でMAXレベルを達成した後、剛腕の気迫ダーティートリック6セットを着ることがベスト.称号やアバターを得ること大変で剛腕の気迫の価格が負担になるならば代わりに挑発が2レベルついた魔法のスコール トンファーを使うこともできる。
  • ジャンク スイッチング用状態変化増加ダメージ アイテム:トーグを相手にジャンクを回す時、スイッチング用途で使う。 増殖する疾病の指輪、真:ハートネックの牙(+10%) or毒雲の結晶(+20%),古代呪術師の古代呪術師の棘装飾(中毒+6レベル、+37%) or穢れた補佐官の肋骨(中毒+6レベル、ダメージ+45%) orルイーゼのアクティビティー(中毒+6レベル、ダメージ+50%),凝縮された思念玉(中毒+8レベル、+40%)等がある。
関連記事
( 2016/02/14 16:55 )
ジャンクスピンとマウント装備2つ持つの面白そうだな
[ 2016/02/14 19:15 ] [ 編集 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。