レイド攻撃隊 職業別人口ランキング(1-42位)と各職の評価 1位セイント、2位ダークロード Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

レイド攻撃隊 職業別人口ランキング(1-42位)と各職の評価 1位セイント、2位ダークロード 











-----

WIKIより

レイド攻撃隊職業別人員統計情報

2015。02。11。レイド職業別人数統計情報
2015。04。12。レイド職業別人数統計情報
2015。10。18レイド職業別人数統計情報
順位 職業名 人数 占有率(%) 順位 職業名 人数 占有率(%) 順位 職業名 人数 占有率(%)
1位 セイント 1535 25。04% 2位 ダークロード 626 10。21% 3位 剣神 467 7。62%
4位 ジーニーウィズ 416 6。79% 5位 オーバーマインド 277 4。52% 6位 エクリプス 213 3。47%
共同7位 ネメシス 203 3。31% 共同7位 ストームトルーパー 203 3。31% 9位 マジェスティ
188 3。07%
10位 太乙仙人 155 2。53% 11位 アシュタルテ 135 2。20% 12位 レイヴン 120 1。96%
13位 用毒門主 111 1。81% 14位 ディーサイド 110 1。79% 15位 プライム 100 1。63%
16位 フレイヤ 96 1。57% 17位 アルシオーネ 77 1。26% 18位 アルティメットディーヴァ 77 1。26%
19位 因陀羅天 76 1。24% 20位 ダークナイト 75 1。22% 21位 シラヌイ 72 1。17%
22位 ブラッドイーブル 68 1。11% 23位 コマンダー 66 1。08% 24位 冥王 55 0。90%
25位 ジャスティス 54 0。88% 26位 クリムゾンローズ 51 0。83% 27位 カイザー 50 0。82%
28位 デストロイヤー 46 0。75% 29位 念皇光風霽月 46 0。75% 30位 グランドマスター 45 0。73%
31位 グリムリーパー 38 0。62% 32位 念帝閉月羞花 37 0。60% 33位 エターナル 33 0。54%
34位 オプティマス 32 0。52% 35位 ピースメーカー 28 0。46% 36位 オブリビオン 27 0。44%
37位 タナトス 26 0。42% 38位 剣帝 25 0。41% 39位 魔王 25 0。41%
40位 覇皇 19 0。31% 41位 クリエイター 15 0。24% 42位 イモータル 13 0。21%
総標本数 6131人


統計をあまりそのまま受け入れるのはやめよう。三資料全部昼間以前の時間帯の攻撃隊は全く調査をしなかったし、手抜き中心に育成する学生たちだけ集まる時間帯にだけ統計を出した場合だ。

1 ~ 10位

  • セイント絶対的1位。攻撃隊の1/4。バフだけでなく防御力を引き上げる保護の兆候、HPMAXを引き上げる天上のメロディとハーモニーが大きい。格別なことではない攻撃でもセイントのこのバフがなければコインが湯水のように出て行って回数制限で攻略が失敗することもあるため。 レイド始める黒い煙を入ればセイントがバフをかけ始めるが、この時雑魚モンスターなどの攻撃一発でコイン使ったりもする場合が多い。セイントの存在は力/知能と物理/魔法攻撃だけでなくこのような生存性強化のためにより一層必須不可欠職業である理由。そしてレイドの問題点を赤裸々に証明する職業。
  • 剣神ダークロード:それぞれ物理防御デバフと魔法防御デバフ担当。レイドのモンスターHPMAXが一般アントンの3倍~5倍なのに加え防御力もまたはるかに高いのでセイントのバフだけでは限界がある。普通街体力/精神力が2000~2500,増幅まで忠実ならば3000だ。 3000台のホーリーオーダーがバフをかけて主ステータスは3000ぐらいだけ上がる。物理/魔法攻撃/独立攻撃が上がるので3倍ほどなのに、これで追いつけと言うならとんでもない。いくら強キャラと呼ばれる下方修正前ジーニーウィズでもソウルがなければネルヴェ捉えるのも遅かった。 パーティーメンバー中に30/6セッティング(ブレーメン30レベル、TP6レベル、そこに領域の支配者や夜叉大将の降霊術法6set。魔法防御力約7。6万ほど削る)あるいはクモ女王の息遣い3部位ソウルが一人だけ入ってほぼワンツーフィニッシュクリアになるほどデバフの威容は絶対的だ。これは物理防御デバフの代表格剣神も同一。ダメージ表記がほぼ2倍以上なる。 デバフおかげで平均4 ~ 5倍出てるHPMAXを3倍ほど強くなったちょっと足りない攻撃力でも追いつくことができる理由だ。
  • ジーニーウィズ:下方修正になることはしても元々サポーター型キャラクターで紅焔セッティングの火力+サブ拘束、あるいはアシッドと先駆者の拘束+デバフ職二つのうち一つは可能だ。そして女性メイジ キャラクターらしく人気も多くてキャラクターも多くて、以前のクズ学者事態時(二次覚醒で超強化された加熱炉とアシッドバグを持つ学者をこぞって作り始めたユーザー達が、自分(学者)が強いことを良いことにいつも周囲に偉そうな態度をしていた)、結構スペックを上げておいた魔道も多いためだ。 その当時手抜きだけしたクズ学者は下方修正パッチとともに全部切られたが、スペックアップもしておいた魔道は生き残った。
  • オーバーマインドエクリプス:オーバーマインドは拘束がないだけであって、火力も忠実でモンスター集敵、広範囲攻撃などなどが良くてすべてのポジションに配置されるし評価も良くて良く行く。ただし結局火力職なので1~10位圏内では唯一クロニクル装備卒業が必須なる職業。エクリプスは強力ながらも低投資高効率職業の代表格の中の一つ。 ベースが良いことためにレリックでレイド行く場合もある。もちろんレリックの評価は底なのに加え攻撃隊長の知人ではない場合は行き難い。適当ならば6セット+ aが普通。
  • ネメシス:2次覚醒で火力がより一層活躍したところに、拘束もなって、再発掘されたハーベスト デバフおかげで人口数がググッと上がった。もちろん以前にもスカーフォールド マテカ カウンター拘束で火山拘束の絶対的威容を自慢したりしたが、今でもその拘束はどこ行くことなく最近では魔道よりも好んだりもする。特に魔法攻撃パーティーは闇属性組み合わせがかなり多い。 ネメシスも闇属性職業でさらに良い。覚醒パッシブにも闇属性抵抗減少があるし。
  • ストーム トルーパー:2次覚醒以後立派になった火力があって相変わらず物理火力パーティーでもたくさん受ける。そして猟奇的であっても3ストーム トルーパー組み合わせで艦砲を入れたりもする場合もある。煙も持続火力が良くてよくつかみ出したりもする。 ところでデストロイヤーが上方修正確認受けてから評価だけ良いが、実際には弱い火力だけで瞬間火力がなくて相対的に弱い。ただ値段が安いセッティングで量産しやすいせいで人口数だけ多い扱いを受ける。
  • マジェスティ:過去一度の上方修正を受けて小剣ソドマスは女鬼剣士4姉妹中唯一クロニクルはめて火力が出てくるキャラクターであった。以後追加改変で大激変刀ソドマスが注目を受け始めたし、2次覚醒を受けてすべての武器が全体的に上方修正なってより一層人口が上がった。
  • 太乙仙人:物理退魔は大激変がなければ進入が大変だが、魔退魔は11/8スーパーノヴァロザリーに大地9セットでも十分にレイドを行くことができるほどコストがものすごく低い。今スーパーノヴァロザリー価格は一般リベレーション武器価格より安いとのことも長所。 ただし落雷札は大地の制圧者9セットの効果を受けてはいあがるというだけ、大地の制圧者9セットがないならばまあまあであるスキルだけのことだ。この点のために魔法退魔師は攻撃隊養殖に行けるほどの投資をしても大地の制圧札を脱ぐことができない。 物理退魔は魔退魔よりは地位が落ちるが意外に忠実ある活躍を見せる火力職で、大激変にクール減少実用エピック装備と潜龍セッティングをすれば上位圏水準の物理火力になる。物理退魔と魔退魔二つとも玄武極/拘束9玄武セッティングをして拘束と防御デバフを持っていきやすくて色々な面でレイドで活躍しやすい職業。

11位~ 20位

  • アシュタルテ:バグ修正と共に人口数が落ちた。 もちろん雷連射出が上手な テクニック超上手い場合には火力が忠実するように選ばれて格別問題はないが、バグ信じて横行したアシュタルテは全部切られた。大激変の恩恵を受けることはするが、他の大激変火力職に比較すればスキル増加ダメージが足りないうえに、華麗な追撃者セッティングがはるかに費用が安くて人口が少ない。
  • レイヴン:統計執行当時弱職に分類されたレイヴンが12位なのに、色々な理由で相乗効果を出した。ひとまず過去から人気があった職業であったし、アントンレイド出てくる直前の2次覚醒キャラクターがガンナー職業群で、以後評価が非常に良くなって12リベレーション武器+9セットでレイド参加する場合がとても多かった。 評価がとても良すぎてさらに下方修正まで食らった。結局評価が落ちてちょっと人口が落ちるのかと思われたが詐欺的であるアシッド+徹甲弾使いでレイド ボスをさくっと倒すビルドが発見されてかえって評価が良くなって、アシッドが死んでスピッドファイアの装填供給が削除されて底辺に落ちたのだ。だから評価とは違って上位圏を維持している。 2015年末には上方修正がかなりなった。 後ほど統計をまたする時、上方修正されてまた増えるようになるかもしれない。
  • 用毒門主:レイド改変前からそれなりに忠実ある魔法火力職でありジャンク拘束もある上に、改変以後でトグ専門担当をしてもかまわなくてどこでも活躍するので相変わらず人口は多い。煙トグTOの受恵者。
  • ディーサイド:下位圏に留まってバランス パッチで12リベレーション武器+9セットでレイド放つことが可能になるとすぐにユーザー数が増え始めた。結局2次覚醒をしたが下方修正当てられた。代わりにクロニクル装備卒業の効率が良くなった。そして下方修正は当てられても相変わらず9セットでも十分にレイド行くことができる、コストが低い火力職中の一つなのも一役買う。
  • プライム:サモナーメカニック組み合わせの一つの軸でトイ9セットなら艦砲恩恵が可能でユーザーが多かった。サモナー使いが陥った後最下位圏でぐるぐる回って2015年7月上方修正後やる価値はできた。火力職にしては少ない投資で手抜きが可能でユーザー数自体はかなり多い。過剰投資ユーザーは全滅だが
  • オプティマス:レイド マイナー属性である光属性やヴァイパーで女メカがより良いのに人口数が少ない。これまでプライムより弱かった期間がかなりなったせいもある。
  • フレイヤ:徹甲弾使い下方修正で人口数がちょっと減ったが、グレネード弾 セッティングが発掘されて結構高い位置に上がってきた。6セット+ aになるという点が大きく作用したこと。あの人口の数中の大部分はグレネード弾で一部は灼熱弾スピだ。
  • アルシオーネ:ほぼ物理火力No。1水準であるのに順位は中間水準。原因はあっちこっちモンスターを飛ばすスキル構成で、おかげで普通はアルシオーネ ワンキル前提で組むことになって、ワンキルするには適当なアイテムでは大変なため。シーフ自体がマイナーであることもある。
  • アルティメットディーヴァ:無限ネックスナップが下方修正なった以後にもたくさん見えるのに基本的に無限ネックスナップなくとも無限拘束が可能なキャラクターであり、無限ネックスナップ下方修正と同時にレイドが1月間閉じたので結局レイド改変と無限ネックスナップ下方修正が同時に成り立ったもようなので、 本当に無限ネックスナップセッティング以外に何もないアルティメットディーヴァではない限り、切られなかった。もちろん以後ジーニーウィズ、ネメシスが注目を受けて人口数差が広がった。
  • 因陀羅天:追加上方修正で大きく上がってきたが相変わらず評価が困難に陥る。それでも魔退魔、オプティマス、ネンマスターとともに光属性組み合わせの一つの軸を担当する。
  • ダークナイト: 最も完ぺきなフィルター 下方修正以後他のキャラクターが次第に強くなって淘汰されてしまったケース。それでもアイテムが良いダークナイトは火力あって相変わらず中位圏は見せる。

21位~ 40位

  • シラヌイ:蝦蟇くノ一が半分を越える下方修正で滅びた。火光衝天:滅を入ったくノ一は相変わらず強いがそもそもエピック武器一つでも得るのが骨を折るのに地獄パーティーだ。残影くノ一に乗り換えた場合やあるいは滅くノ一程度だけ残ったと見れば良い。一部少数の艦砲三足蟾(さんそくせん)くノ一程度だけ分布している。
  • ブラッド イーブル:スキル増加ダメージ追加、生存スキル追加によって安定性がちょっと高まって順位上昇。相変わらず安定性が高いのはできなくてあまり好まれない。
  • コマンダー:弾スピは火力が弱いことではないが費用がとても多く入るのが短所。武器一つ取るのが大変だが圧倒的である攻撃力を見せるニールスナイピングが好まれる。火炎のニール スナイパーを持っているならば防具は強力な一撃ニルス程度だけして、残りは火属性をぐるぐるやれば出来る。特に火属性はレジェンダリーが多くて苦労が減る方。 ただし、火炎のニール スナイパーを得るのが最も難題。エピックがほしいといってすぐ出てくるのではないので。
  • 冥王: この冥王様がトグを釘バットでワンキルしてやろうか? レイド最下位からはいあがってコマンダーの真下だ。それでも男格闘家全体がマイナーのように扱いなってたくさん見られないのがレイド順位が低い理由の中の一つ。最も大きい理由は状態変化セッティングと打撃セッティング2個を全部合わせるので投資多くの費用がかかるためだとの説が多い。 そうだといってもキャラクターが弱いものではなくトグ一つは終わらせるようによく捉えるのは変わらないので煙TOおかげで好まれる職業群の中の一つだ。
  • ジャスティス:手が青い病気(青手病)云々言われて下位圏扱いされながらも多い理由はビッグ ゴーストのデモニック グレースを筆頭にクロニクル装備卒業の効果が高いため。すべての武器使用可能+すべての属性使用可能+多段ヒット キャラクターという汎用性のために実用エピック装備やレジェンダリーの汎用性が高い。 特にデモニックはダークロードとすさまじい相性を自慢して、リバース ウォームリング スキン上着を得た熟練したインファイターならばソウルなくともソロ火力が可能な水準だ。ただし独自基本性能が弱くて入門が難解だというのが短所だ。拘束もデバフも一つもない純火力職というには足りない火力がネック。 代わりに豪快な手味を忘れることが出来なかった職人ユーザーだけ残ったのもレイド参加率を上げる原因のうちに一つだ。あの人員の大部分が一部位ももれなくクロニクル装備卒業を完了したユーザーだ
  • 念皇光風霽月、念帝閉月羞花:特異に念帝より念皇がさらに人口数が多い。念皇はブリッツ グリント9セットに出血40 %増加ダメージをするスカーの腸を壊す拳をよく使うためだ。突撃隊長の殺戮槍5 %出血もよくさく烈するが、さらに多段ヒット多くの念皇は出血がさく烈しないのが変だ。念帝はヒット数が少なくて大変だ。 そして念帝はクロニクルでは答がなくてクロニクル装備卒業がほぼ必須。ところが光属性組み合わせは本当に珍しいのでユーザーが少ない。光属性はクロニクル装備卒業する最も大変だ。火属性はレジェンダリーにも多くて、水属性は海神という立派な限定クエスト防具がある。その上にアクセサリーにも氷王女の息遣いセットが存在。 闇属性もレジェンダリーが多いほうだ。エピック中には最高であるダーク ゴスがある。反面光属性はレジェンダリーにも属性強化が上がるのが不十分なうえに、防具には最初からなかった。それでも160204パッチでグラシア家門セットが拡張されて光属性ダーク ゴス セットになったのでクロニクル装備卒業の活路が開かれることになった。 もちろん光属性特化エピックが指折り数えるほど少ないという問題点は変わらないので限界はある。
  • デストロイヤー:クロニクル装備卒業をするための資金問題でストーム トルーパーより人口が少ない。もちろん男ランチャーもサドン6セットを着てもかまわなくて、クレイグストロング6セット+レーザーホリック セッティングに投資をしたら適当な物理火力職より圧倒的に強い。 ただし、ストーム トルーパーに比べて効率が低く、男ランチャーはクロニクルを脱ぐほど火力が強くなるのが目につくほどクロニクル装備卒業効率が良くてより一層クロニクル装備卒業が強調される。
  • グリムリーパー:強さは多くのユーザーが知っているができてからいくらも経たないキャラクターだ。4月にだけしても最下位で2等である武極真下にあった。強さが知らされて上がってきたわけだが出てきてからいくらも経たなかったのでユーザーが多くない。
  • ガイア:2次覚醒以後チェーンラッシュ増加ダメージ下方修正で目立つ火力上方修正は体感するのが難しいがウォークライの大幅な上方修正、チェーンをはやく積むようにするバフ勇気の盾追加で2次覚醒前より安定した火力が保障された。 その他にもセミ拘束と集敵が可能でなかなか良い防御デバフ能力まで上方修正なってユーティリティ、サポーティング能力も少しできた。要約しようとするなら既にあったオールラウンダー指向がさらに強くなった物理火力職。チェーンラッシュ難易度は下方修正したが相変わらず難しいコントロールを要求するのでユーザー数は少ない。 しかし忠誠ユーザーが多くて、レイドに参加するほど育てたガイアならばコントロール面で心配する必要はない。
  • 魔神:青い気運共振使いによる手抜き時代が終わって渡り鳥が消えて人口がたくさん減った。現在は魔法火力席を狙うのに火力は大丈夫だが安定性があまりにも落ちる。召喚獣のAIはまぬけなことこの上なくて、犠牲爆弾ジェノサイド セッティングは竹槍そのものである火力を見せるが君も一発で私も一発というものが問題。 瞬間火力は良いが召喚獣を全部自爆させてしまうので火力能力が0に逆さまに落ちてしまう。2次覚醒以後では以前方式のスイッチングが詰まって以前のような一発オール人形はなくなったがそれだけの持続火力が可能になった。 ナイト キャラクターの特性上ユーザー数は少なくともやはりレイドまでくるほどならば忠誠ユーザーであるからキャラクターに対してよく知っているので隠遁上手型職業だと見ることができる。
  • グランドマスター、タナトス、剣帝、覇皇、オブリビオン、エターナル:全部2次覚醒パッチで正常に手術を終えて、覇皇を除いては全部上位圏火力職に準ずる火力能力を見せるがマイナー暗黒期がとても長かったし、ユーザー数もあまり少なくなったから強さに比べて多くの人口数を見せられない。
カイザー様?

40位圏の外

ひとまず涙を拭いて
  • クリエイター:火力もまともにできなくて、レイドではサポーターもまともにできない苦労の種。その上で大丈夫であるところならば煙でトグ多段ヒット カウンター拘束やネルヴェ浮かしてカウンター拘束。艦砲防御戦でモンスター集敵、エネルギー遮断エゲヌ多段ヒット、そしてウッド フェンス タイミングで壁どしんとすぐにすること程度がせいぜいである。 火力自体はとても良くなくて火力を望んではいけない職業。クリエイターがいるならばほぼ煙や艦砲、あるいはエネルギー遮断がせいぜいである。
もちろんこれは評価だけそうともクリエイターをまともに知っている人ならユーティリティ系の最強級と認定する。実際に特別なアイテムなしにオーラアイテムや防御デバフアイテムをまいてパーティー貢献度が高くてプレイヤーだけ良いならば拘束およびユーティリティ優秀だ。これによってある程度オーラセッティングに手がなかなか良いクリエイターたちが攻撃隊養殖でたまに見える。 ただし先立って話したように火力職では期待しないのが良い。
  • アベンジャー:上だけ見ても立派な闇属性魔法火力職であるタナトス、魔法攻撃ダークナイト、オーバーマインド等等たくさんある上に、ユーザー層がものすごく薄い。ところが意外に火力は大丈夫でアイテムセッティングを終えるならば1人分は十分にやり遂げる。 特にダーク ゴス セットと最高の相性を自慢してフルセットで持っているならばほぼすべてのダンジョンを破ってしまうことができる水準。メタモン(メタモルフォーシス型)で参加する場合もたまにあるがクロニクル装備卒業が容易な悪魔化セッティングがさらに人気がある。 結論的に独自性能よりは評価が良くなくて、投資効率があまり出てこないのも問題で凄惨なほどのエピック武器の性能も問題だ。だから当初から参加する人員自体があまりないことが最下位圏をぐるぐる回る理由だ。しまいにはある攻撃隊長はアベンジャーなどでレイド申請するなという言葉まであるほど。
  • バトルセイント(バトクル):衝撃と恐怖攻撃隊クリア1名があらゆることを説明する 称賛しなさいバトクル

その他

バランス パッチは進行中だ。次第に評価が改善されて、マイナー キャラクターのユーザー数が次第に増える状況だ。まだ進行形である。 シーフ、男格闘家、男メイジの場合にはマイナーで2次覚醒で良くなったといってもその期間がわずかばかりなだけ少ない反面、ディーサイドは最下位圏で今年の初めに手術を受けて良くなって評価改善およびユーザー数が増えて2次覚醒ではっきりとユーザー数が多くなったことを見ることができる。 前者の3種キャラクター群はA/Sが終わってからいくらも経たなくてまだ進行中で、後者のディーサイドはA/Sが結構古くなって追加的にA/Sをずっと受けるので進行がかなりなった状況。反面セイントと一部上位圏職業は下方修正を食らっても代替不可能という部分と、ユーザーの選好度が大きく変わらなかったために行われる場合が多い。 次第に改善されている部分だ。あなたが癌にかかって手術受けて癌を除去したといってすぐに退院するのでなく軽い治療をしながら次第に回復をして全快してしまってから退院することと同じだ。ただしまだバランスが完全に良くなったのではない。粘り強いユーザーのバランスA/S参加が必要だ。 11月にもバランス パッチをしたら多くのユーザーのA/S参加が必要だ。
また、攻撃隊長は阻止開始前に攻撃隊員を追放できるシステムができたが相変わらずアントン作戦開始以後の悪意あるプレイを防ぐシステムは具現されなかったためにユーザーの不満は残っている。





関連記事
( 2016/02/06 18:13 )
女ランそんな人気あったのか
[ 2016/02/06 19:00 ] [ 編集 ]
アベさん最下位か…強化してください…
[ 2016/02/06 23:23 ] [ 編集 ]
そして今後もアベさんの調整は一切ない
[ 2016/02/07 02:58 ] [ 編集 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。