魔神 二次覚醒ストーリー Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

魔神 二次覚醒ストーリー 











-----

魔神。最近、自身をそのように称して勢力を集める者がいる。
この者は悪神アテンと手を結んで、強力な悪魔を働かせて勢力を伸ばしている。
単なる指導者ではなく、信仰の中心として確立されており、
人を導く異常なカリスマは本人によるものか、
または外部から力を得たおかげなのか知ることができない。

しかし、今ある秩序に混乱を起こしていることは間違いない。
そしてアテン、この邪悪な神については深い調査が急がれる。
神は信じることによって生まれ変わり行くもの。
強大な力を持っていながらも、魔物に似た支離滅裂なメッセージだけを残す黒い
太陽神の根底にある思考に、果たしてどのような闇が広がっているのか…。
彼の目的を確実に把握し、対処しなければならない。
漠然とした期待を抱いた者たちによって、タイミングを逃したことが、ただ残念である。
今からでも魔神と悪神の連合を、もう少し注意深く調べてみないといけない。
この手紙を受けとったら即急げ。

- 非常に古い手紙より



聞け、愚かな者ども。
荒廃した地より生まれ、鬱陶しく生き続けている、つまらない生命がまさに貴様らだ。
何も成し遂げられないまま生きていることが幸いとして、満足する生をいつまで続けるつもりだ。
今まで切なく求めてきた神が、一度でもほほ笑んだことがあるか?存在していることを実感したことがあるか?
何を寝ぼけて、古い道徳を抱いているのか。

悪魔と悪神、貴様らが恐れて憎むものすべてが我に服属している。
だからあえて我を異端と罵倒するのならば、膝をついて頭を下げよ。

ないものは捨て、眼前にある我に従え。
我が力は誰も疑わない絶対的な太陽である。だから、貴様らは救援を得て楽になれるであろう。

我を拒絶して背を向けた者ども、恐れることはない。復讐の牙は貴様らを引き裂きはしない。共に新たな道を歩もうではないか。
ただ信じること、ひたすら信仰だけが貴様らを守り温める。だから、貴様らの前に現れた新たな神に、心のすべてを開き受け入れよ。

- 住民が消えた街の壁に血で書かれたメッセージ
関連記事
( 2015/12/23 15:42 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。