ガイア 二次覚醒ストーリー Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

ガイア 二次覚醒ストーリー 











-----

森から生まれてアラドを守り、消え去った魂たちよ。
このアラドの誇りである愛らしい妖精たちよ。
共に花を咲かせた大きな木の下には雑草が生い茂り、
手枕をして星を数えた丘には落ち葉が積もったけれど、
どれほど多くの冬を過ごさないと、この空白は満たされないのでしょうか。

遠いところより来た心寂しい風に肩をすくめて震え、
遠く去りゆく消えた星を、何も言わず眺めていた私たちは、
今、今また長い旅へと出発します。
まだ涙は渇くことはなかったけれど、それでも旅立つのは、
汝らの高貴な魂がアラドを守っているからなのです。

私たちを育てたのは森であっても、森を育てたのはアラドです。
汝らは森を去っても、アラドに留まって永遠に残りました。
だから私たちはアラドを守り、最後まで共にあります。
妖精の長き幼少の時代をここで終わらせ、
ガイアの名にかけて母なるアラドを守ることでしょう。

- ガイアの歌


関連記事
( 2015/12/21 15:35 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。