死者の城ストーリー(3) Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

死者の城ストーリー(3) 











-----

 

冒険家の皆さん、こんにちは!ダンジョン·アンド·ファイターです。

 

DnFマガジンでは、1月中にゲームで楽しむことができる"死者の城"に先立って、

冒険家の皆さんに毎週"死者の城"に関連するストーリーを紹介したいと思います。

 

三番目の話は、使徒"ルーク 'の話を用意してみました。

魔界に行くために必ず直面しなければなら使徒ルークを事前に会ってみてください。

 

 

#。黙って土に触れる者

 

暗い作業室、

小さな体つきに、複数本の腕を持つ老人が設計図をそしている。

魔界人は彼を"建設者ルーク"と呼ぶ。

 

 

 

使徒は、異界の存在の中で最も強力な者と呼ばれて。

ルークは9番目の使徒に強い力の所有者でもありましたが、

現在、彼は一言正しく​​行うことができないほど弱い。

 

過去の自分がどのように川したのか、今現在どのように魔界に来るようにされているルークは知らない。

ぼやけてはっきりしない多くの記憶が彼を悩ませて締め付ける語きた。

 

その一方で、彼は何かを作成し造り上げることを止めなかった。

そのようにように数年。数十年、数百年が過ぎた。

 

掘りレンガを積んで建物を上げ、また上げた。

その瞬間、かすかしかし、強力な一筋の光がルークをかすめた。

 

 

それと共にルークはハンマーとトップを握っていた手で一瞬強力な力を感じ、

初めて自分を思い出す。

 

"ルーク... "

 

物の言えないだとだけ思っていたルークの口から小さな声が聞こえてきた。

ルークの音は瞬間メトロセンターの動力の騒音の間消えたが、

彼は遠い昔失った記憶と、自分が持っていた目的も思い出す。

 

"...今の私の場所で.. '

 

すでに光は、ルークの体の中に吸収されるように消えたが、

その光は、後日魔界と天界そして、すべての使徒を脅かす肥やしになった。

 


 

 

■"死者の城"ストーリー人物辞典

 

建設者ルーク|第9使徒。?歳

小さな人間型種族である。先天的に持って生まれた建設者であり、本能的に、常に何かを作る。

メトロセンターの再建を担当しており、時には魔界の電力が受け取れるのは全て彼の功労である。

 

▶より多くの情報を表示する[DnFストーリー辞書


関連記事
( 2015/01/21 05:22 )
おじいちゃんどうなっちゃうの
[ 2015/01/21 06:01 ] [ 編集 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。