死者の城ストーリー(2) [DnFニュース] Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

死者の城ストーリー(2) [DnFニュース] 











-----

冒険家の皆さん、こんにちは!ダンジョン·アンド·ファイターです。

DnFマガジンでは、1月中にゲームで楽しむことができる"死者の城"に先立って、

冒険家の皆さんに毎週"死者の城"に関連するストーリーを紹介したいと思います。

今日は魔界に行くために必ず経なければならない '死者の城"の話です。

今回の話には、特にボスモンスターの"原画"も準備したので、ストーリーと一緒に会ってみてください。

#。死者の城

"龍の戦争"で敗れたバカルはこの場所を通じて、天界に至るようになる。

城あちこちで城一部がされた死者の霊魂、

未知の実験に使用されている生命体とモンスターの死体、

そして魔界の生者と死者の霊魂が融合した闇の被造物。

この場所は、死者の城だな。

城のあちこちで彼らの姿を見たバカルはこの城を"死者の城"と名前を付ける。

[死者の城のあちこちでは知ることができない実験が進行されていた。]

#。城上がった一人の女の証言

過去に最初にこの城上がって天界との通信に成功して、この城の存在を知らせた女がいる。

最初のバトルメイジだったその女は、この城を上がるのに20日かかっており、

彼女が城で見たものと経験したことの証言は、研究資料に積極的に活用されている。

特に研究データには探索に参考になるモンスターの記録もありますが、

他の何よりも、この記録は、死者の城を登るすべての人に役立つことに見られる。

記録1:吊り下がる望楼

吊り下がる望楼にはこの場所で会った他のモンスターとは別のホムンクルスを見ることができる。

好奇心旺盛なこのホムンクルスは巨大なパチンコをとても好きで、常に着用して通う。

[お転婆ベッキー]

記録2:ルークリンゼ

"ルークリンゼ"という光学研究所で確認したモンスターは、

自ら光を吸収して"黒い気運"を作って出す能力を持っていた。

[アルゴス]

記録3:強鉄のブラキウム

城のすべての機関を動かす中央制御室"鋼鉄のブラキウム"には

死者の城を管理する"メタルギア"を見ることができる。

他のモンスターは、霊魂が感じられたが、このモンスターは、霊魂を感じることができなかった。

[メタルギア]

記録4:サラマンダーの火鉢

この場所を守るモンスターは、ボディの半分以上がテラナイトからなる

非常に凶暴なモンスターであった。

サラマンダーの火鉢では城全体で吸収された光をエネルギーに変換する作業が行われていた。

おそらく、この城を作った者は、この場所を他の所よりも重要に管理しているという感じがした。

[アイアンエイム]

記録5:光の宴会場

最初に城から吸収されたすべての光は、全てこの場所に移動されて保存される姿を見ることができた。

光が渦ながらダンスを踊る姿は、まるで...光の宴会場のような感じだと言える。

そして美しい光の間魔法を張る

全身を黄金に飾った"ゴールドクラウン"を見ることができる。

[ゴールドクラウン]

記録6:王の書庫

城全体を覆う死んだ霊魂の気運に息がパタパタ詰まってきた。

城を上がるほど、城の中心部に達するほど強力なモンスターを相手したらした。

全身全体が赤い色で覆われた4つの腕を持つ"クワトロマヌス"は、

この場所で出会ったモンスターの中でも最も強力な存在であった。

[クアトロマヌス]

"クワトロマヌス"を相対して突然、このような疑問が浮上した。

この城の所有者は、なぜこのように危険な被造物城の中に置いているのだろうか、

何を恐れて...?あるいは何を守るために...?

それとも、この城を通じて何を達成するために?

#。建設者ルーク

死者の城を通じて魔界に行くために、より正確な知識が必要であった。

幸いなことにゼルヴァ地​​域には"死者の城"を探索する多くの組織が場所捉えていた、

私は彼らとの接触を通じて城に関する情報を集めるのに助けを受けることができた。

魔界人たちの間でも死者の城は、伝説に近い場所です。

どこにあるか見えず、ヒルダー様もどこにあるか知らないおられたんだよ〜?

冒険家ギルドのハンターフォンはバックパックを設けて死者の城について話した。

その城を通じて魔界に行くことができるかを確認する私に携帯電話は、先のとがった耳を立ててもう一度答えた。

うーん....ああ!おそらくルーク様は正確に知っておられるでしょう。

ルーク様は死者の城で隠居しておられると知っている。

自分の研究に専念し、魔界のためにエスシ方がよね!

使徒のでは恐ろしい方ちょっといらっしゃいますが、

ルーク様は魔界に光を見つけてくださった非常にフル〜リュンハン分なんですよ。

冒険家さんでも、その分を満たすなら良い方だということを知るようになるでしょう!

バックパックを全て設け満足したのか、

それともルークと呼ばれる使徒の話で気分が良いかはわかりませんが

多少陽気な声で携帯電話は、"ルーク"という使徒について話をしてくれた。

良い使徒か...?それが本当なら"ルーク"に助けを求めることもあるようだ。

[彼は果たして良い使徒だろうか?]

※[死者の城ストーリー3編]は、1月21日にアップデートされます。

※マガジンで公開されたボスモンスターイメージは、元火鉢、

今後、実際のゲームに適用されるイメージとは異なる場合があります。

■"死者の城"ストーリー人物辞典

暴竜王バカル|第9使徒。?歳

龍族の王であり父。暴竜王と呼ばれる。魔界を支配しようとする野心を現わしながら

すべての使徒を敵に回すされ、"龍の戦争"を行うことになる。

バカルはこの戦争で敗れた後、死者の城を通じて、新しい世界に脱出して、天界に達する。

ニウ、追跡者|最初のバトルメイジ。14歳

元素の力をしばらく形体化してまとめておくことができる方法を実現守護者たちの固有の戦闘方式に

応用する。チェイサーを初めて使用して追跡者という称号を得た。

ハンターフォン|魔界出身。15歳

鋭い聴覚と嗅覚を持つ巧妙なハンターである。魔界平原で狩り中小規模転移現象に

流されアラドに落ちた後、"ダナドナテル"に会って冒険家ギルドに定着するようになった。

好奇心が多く、積極的な城格で、初めて見る冒険家とも簡単に打つなる。

▶より多くの情報を表示する[DnFストーリー辞書

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事
( 2015/01/14 08:10 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。