死者の城ストーリー(1) [DnFニュース] Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

死者の城ストーリー(1) [DnFニュース] 











-----

冒険家の皆さん、こんにちは!ダンジョン·アンド·ファイターです。

DnFマガジンでは、1月中にゲームで楽しむことができる"死者の城"に先立ち、

冒険家の皆さんに毎週"死者の城"に関連するストーリーを紹介したいと思います

今日は、その最初の新しい街"ゼルヴァ"について準備してみました。

"ゼルヴァ"街が生じた理由と

その場所で"魔界"に行くために忙しく動いて人物を事前に会ってみてください。

#。ゼルヴァ

最終であることを暗示するようにアントン​​は大きく悲鳴を私のあげた以内ゆっくり海に倒れていった。

巨大な体では熱い溶岩があふれ出て、その一帯はますます真っ黒な灰に覆われていった。

したときに元アラド大陸の前を喪失させた巨大な使徒の寂しくてみすぼらしい結末だった。

しかし、彼の犠牲は決して無駄じゃないんだろう...

[どこかを眺めている泣き目のヒルダー]

アントンが何百年も飲み込んできたエネルギーは、アントンの体を出て、その一帯の水を沸かせたし、

魚はホ倍を私の見せ浮上した。

巨大なアントンの遺体は海に完全にロックされてなくて
、その等が水面上に上がって徐々に固まっ感に応じて延々とけむたい煙を噴出する火山島がされて行った。

[アントンの遺体は、徐々に固まっ火山島の形態がされていった。]

昔から天界人の間に天界を苦しめた巨人が死んだ後、

島になった神話が伝わっているが、その巨人の名前は"ゼルヴァ"だった。

人々は海の真ん中の火山島で場所捉えた、ここの姿が

天界の神話の中のゼルヴァ姿に似ている"ゼルヴァ"に呼ぶようになった。

#。魔界への道

"魔界"の存在が知られているバック一日が遠いし

魔界に向かおうとしは、それぞれの組織がゼルヴァに集まっている。

天界の貴族と帝国が協力する"合同調査団"も組織のいずれか、

帝国のイザベラ皇女も数ヵ月間魔界探査を持続するところだ。

['魔界"を見るための大小の組織では、ゼルヴァに来ている。]

はぁ~~ ....もっと上品なテントはなかったのだろうか?

このところ滞在シンジ製法時間が流れたが、まだ不便だでしょう?皇女様。

そういえば...ベラントのボール招待して行った晩餐パーティーは本当に最悪でした。

そのフジュルグンハンカーテンよりはむしろ、ここゼルヴァのテントがより華麗するでしょう。

イザベラは意味なし呟きよう返事し遠くを見つめた。

すでにいくつかのヶ月目持続している魔界探査の進捗ニュースのほか

彼女が興味を感じているのは...おそらくないだろう。

自分と一緒に冒険家程度であろうか?

この地の端に届くほど、足元から伝わる残る気運が伝えられ

ひどい笑い声が響きまくるという。

そして、そこから時々見ることができる"魔界"への道、

"死者の城"を見ることができる。

[ゼルヴァどこかで"死者の城"を見ることができる。死者の城はどこにあるか?]

※以下の[死者の城ストーリー2編]は、1月14日にアップデートされます。

■"死者の城"ストーリー人物辞典

泣き目のヒルダー|第2使徒女性。?歳

魔界で起こっていること深くかかわっされており、第9使徒建設者ルークとは、頻繁に往来する。

魔界を以前の美しい場所にするためには、長い歳月の間、絶えず努力している。

皇女イザベラ|帝国の第3皇女。女性。20歳。

皇帝と母ジョセフィンの間に生まれた第3皇女に優れた話術と外交術の所有者である。

ゼルヴァに布陣している3個の重要な組織の一つである合同調査団を構成して魔界探査を乗り出している。

ネヴィロユルゲン|天界大家族家門のユルゲン家の首長。男性。46歳

歴史的なユルゲンの行一人の代表する程度に強大な権力を持っている。

幼い頃からエリートコースを踏んで育った他人を支配することに慣れている。



関連記事
( 2015/01/07 07:45 )


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。