episode20.暴龍王バカル 第八章 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

episode20.暴龍王バカル 第八章 











-----

第八章 七人のマイスター
マイスターテネブ(Teneb)は苦悶に陥っていた。


マイスターエルディル(Eldirh).. 彼女の正体は何者なんだ。どうして彼女は魔法を使うことができるのか! 彼女が天界人に見えるということなのか? それなら彼女が出した数々のアイデアはもしかしたらこの世の知識ではなかったのかもしれない。 いったい…いったい何者なのだ!!


エルディルはいつも最高だった。 7人のマイスターの中でも彼女についてこれる者はいなかった。 いつも研究が壁にぶつかるたびに、革新的なアイデアを出すのは彼女だった。 彼女がいなかったならこのゲイボルグのプロジェクトは夢を見ることすらできなかっただろう。 一方テネブはいつも彼女の天才的な発想の源が何であるのか疑問に思っていた。 それについて尋ねると彼女は“瞑想”だと言った。 テネブは自分にもその瞑想法を教えてくれないかと言って笑って済ませたが、その話を全く信じていない。 彼女のアイデアというのは、突然の思いつきというよりは発展した未来の技術のように見えたのだ。


実はこれまでテネブは彼女を疑う自分を恨んでいた。 彼女の優れた才能は自分自身からの強い嫉妬心だけではなく、尊敬心、さらには妙な恋心までも呼び起こしているということを知っていたからだ・・。そのため恋人のジャンヌに対して感じる罪悪感が常に胸を押さえ付けていたし、エルディルが持った才能が本物ではないと想像することで幼稚に慰めているという事実もよく分かっていた。 彼はさっさとこの混乱を終わらせなければならないと考えた。


そして彼は彼女の才能の正体を確認することになったのだ。 彼女に慎重にマイクロ監視ロボットを多数付けた。 もちろんこんな途方もないことを発見することになるとは夢にも思わなかった。 魔法だったとは!


テネブは真夜中にこっそりと研究所から抜け出してどこかへあてもなく歩いた。 取りまとめて出てきたタバコを口で噛んだ。 過去十年間一度も吸わなかったタバコだった。


<ふう・・三ヶ月ぶりに吸う外の空気がまさかタバコの煙だなんて。>


「何をそんなに苦しむの? タバコは脳の化学物質の分泌を促進させて創造的な考えをどんどん浮び上がらせてくれるのよ。」


「なんでお前の創造的思考のために俺たちの寿命を減らさなきゃいけないんだ?」


いつものああだこうだとマイスターラティとボールガンの言い争っているのが浮かび上がり、瞬間フッと間の抜けた笑いが出た。 その時だった。


「悩む事はない。 彼女はこの世界の人間ではないからだ。」


威圧的な声。途方もない大きさの影。テネブは振り返る前に怯えてしまい言葉がうまく出てこなかった。


「え..な.. あなたは?」


巨大な影はゆっくりと彼の前に来ると話を続けた。


「なぜ彼女は魔法を使うことができるのか…なぜ彼女は僕が知らない知識を知っているのか…なぜ僕は彼女を愛しているのか…」


テネブは少し落ち着くことができた。 暗殺者なら話しかける前に殺しただろう。 心が少し安定するとすぐに大きな疑問を感じた。 どうして僕を知っているんだ? その上エルディルに関する話は誰にもしたことがなかったのに。


「逆さになった都市の蜃気楼を見たことがあるか。」


「…?」


「太古の昔、輝かしい科学文明を発展させたテラという惑星があった。 そのテラが爆発する時都市の一つが離れ、とても長い時の間、異空間を漂うことになった。 それとともにあちこちから乗りこんだあらゆる生命体らの争いの場となってしまった。 それで皆そこを魔界と呼んだ。 その魔界が数百年前からアラド惑星に結着されている。 つまりどういうことか。」


天界人なら魔界に対する伝説ぐらいは皆知っている。 もちろん、逆さになった都市の蜃気楼は魔界であるという仮説であって確認されたことはないが…こいつはなぜ突然僕の前に現れ、僕にこんな話をするのだろうか・・ まさか?


「あなたが言いたいのは…。エルディル・・ そのエルディルが魔界人であり、彼女が伝えた知識は元々、古代テラ惑星の科学だということなのか・・?」


「誰もが7人のマイスターの首長と呼ぶことができるわけではない。まさにそういうことだ。 彼女の名前をよく考えてみるんだな。」


「エルディル...エルディル... エルディル(Eldirh)…ということはまさか……。ヒルダー(Hilder)!!」


使徒に関する伝説は天界でも有名な話であった。 魔界で起きた龍の戦争でバカルを退敗させたのは使徒たちだと。 もちろんそのせいでバカルが天界に降りてくることになったと使徒たちを非難する者たちがいないことはなかったが、大部分の天界人はいつかその使徒たちが天界に降臨してバカルを破ってくれることだけを願っていた。 それは天界人たち皆が共に胸中に抱いている巨大な信念であり、宗教であった。 もちろん7人のマイスターを始めとした新興勢力のメカニックたちは宗教ではなく科学の力を信じていた。


「使徒が.. いや彼女が使徒ならばなぜ僕たちを助ける?」


使徒の助けは驚きであり喜びになりえたが、理由がわからないのでそのまま受け入れることはできなかった。


「それは、君らを真に強くなる前に早く私を倒すようにするためだ。」


私を倒し… “私を”だと? 彼は再び目の前の大きな図体を見上げた。 そういうことか。 くそ。 こいつはバカルだ!


「僕がまぬけだったよ。 あなたがバカルだとは。 殺そうとするならあっさりと殺すだろう、何を考えている? いくら僕を脅してみようとしても他のマイスターたちの居場所は絶対吐かないから時間の無駄だぞ。」


懸命に忠告をしたが特に意味がないという事実はよくわかっていた。 バカルが僕のことを知っているならば他のマイスターたちも、そしてゲイボルグのプロジェクトも完全に露呈してしまったということになるのではないか!! こんなことが!!! もうすぐ全てが完成するというのに!!


「少しだけこらえてもらおう。 近い将来死ぬことになるだろうが、今ではない。」


「あなたの話は聞かない・・・」


「ゲイボルグのプロジェクトを止めてくれないか。」


「何? ハハハハハ。」


1297245350.jpg
笑いが込み上げてきた。 バカルというのはいつもこんなとんでもない事をベラベラとしゃべる奴なのか? 笑ってみると自分がバカルとのんびりとこうして話をしているという事実が本当に軽んじていてより一層大きく笑った。だが笑いに全てのことを納得させることはできなかった。 やはり何か不可解な点があったからだ。 僕について、ゲイボルグについてのことも知っているなら、なぜそのまま皆殺しにせず、あえて僕を訪ねてきたんだ?


「そのゲイボルグが完成されたなら、」


バカルの威圧的な声にテネブの笑いはだんだん失せていった。 バカルは一方的に自分の話を続けた。


「…私が本当に死ぬこともできた。 だが私はそのように死んではいけない。 まだ君らの種族全体が強くなったわけではない。 まして君ら7人のマイスターらさえそれほど強くないだろう。 ゲイボルグは厳密にいえば君らが作ったものではない。 結局それは古代テラの科学文明の力の一部。これではこの惑星の滅亡を防ぐことはできない…」


「滅亡? 今は星の声でも聞こえるのか。」


だがバカルの言葉が全て戯言ではなかった。ゲイボルグを提案したのもエルディルであり、プロジェクトが行き詰る度に解決策を出したのもエルディルだった。 そう。それはエルディルの成果なのだ。 エルディルが本当にヒルダーなら…


「今すぐでないなら、僕をいつ殺すんだ?」


「君らの研究を後世に遺す準備ができたらだ。」


「後世にだって? それが何の意味が…」


テネブは反問しようとしたが、それは本当に大きな意味があるということを悟った。 全てのことを知っているバカルがその気になれば、全ての成果たちの一切を消してしまうことは難しくないのに、それを残してくれだと?


「それは後世の人々が僕達マイスターたちの成果を分析して独自の技術で吸収することができるようにそっとしておけということなのか? ゲイボルグではなく、すぐにお前を倒すほどの技術が登場するのか?」


「それこそ最終的に僕が望むことだ。 ところで参考までにあなたが考える“まもなく”はかなり長い時間がかかることでは… 」


「結局何をしようとするつもりなんだバカル。」


「そろそろ私の話を聞く準備はできたか。」


バカルは淡々とその間自身の話を振り返っていた。 龍の惑星、ヒルダーとの出会い、魔界という所、使徒、ルークの予言、そしてヒルダーのしようとしていることと自分がしようとしていること。


テネブはただ静かに聞いているだけだった。 やがてバカルの話が終わると、テネブが静かに話す。


「全ての物語の根拠はエルディルが魔法を使うことができるということしかないな。 だが僕が信じようが話してくれたそれらはそんなに重要ではないだろう。 いずれにせよあなたはゲイボルグのプロジェクトを瓦解させるからな。 そうではないのか?」


「正確には違うが。 私が君にこういう話をするのは、さっきも話したが君らの研究成果を後世に残すことができる機会を与えるためだ。 もし断るならば、君らと一緒にこれまでの成果全てをなくし、再び君らと同じような者らが出てくることを待てば良いだけだ。 事実およそ百年前にも君らほどではないがかなりの成果を出した友人らがいた。 残念ながらその友人らは私の提案を断って跡形もなく消えた。 君らの成果は優れていて少し惜しいが、君らの種族も随分成長しているから今回は数十年だけ待てばいいと思われるしな。 さして大きな損失というわけでもないということだ。」


テネブは自身に選択の余地がないということを理解した。 それなら…


「わかった。 それでは二つ頼みがある。」


「聞いてみよう。」


「僕は死んでもいいから他のマイスターたちを生かしてくれ。 彼らが残って後日企てればいいではないか。」


「それはできない。 君らが凄まじい壮絶な最期を迎えてこそ後世に大きな伝説として残すことができるだろう。 それでこそ生き残った人々が熱意を燃やすのだ。悲惨なまでの悲劇的な演出が必要なのだ。」


「それなら…クリオも生かしてくれ。 僕たちの成果を後世に伝えるのに最も適した人物だ。」


「私は要求された頼みを聞き入れよう。 そのかわり彼が生き残って成果を整理することになるのだから君ら全員に多くの時間を与える必要はないな。 もう一つは?」


「ジャンヌ・・ 彼女が僕の子供を身篭っている・・ もう世に生まれてくる日は遠くなかったのだが、助けることはできないか・・」


「人間というのは本当におかしな動物だな。 自身が死ぬというのに自分の子供を生き残らせる為の話をすることに何の意味があるのだ? 理解できない。」


「それならこれはどうだ。 単にある日突然、あなたがマイスターたちを皆殺しにしゲイボルグを瓦解させると、後世の人々はあなたの情報網を恐れ、かえって継承しようと考えることすら難しくなるはずだ。 それなら僕が裏切り者の役割を自任しよう。 本来は成功するプロジェクトだったが、僕が裏切ったことで全てが水の泡となってしまったという話…こうすれば後世の人々は恐れることなく試みるだろう。」


「良い考えだな。 君の子供を生かしておくようにしておこう。 さらに要求はあるか・・?」


なぜないと思えるのか。 僕たちに苦痛を与えるのをやめてそのまま消え失せてくれバカル!


「頭の中が複雑だろう。 だがすぐに整理しておけ。君が準備する期間を三日だけ与えよう。」


バカルは空高く飛んで、もはや見えなくなったのにテネブは微動だにせず呆然と空を眺めているばかりだった。 彼の口には火をつけてもいないタバコが寂しそうにしていた。


バカルは正確に日にちを守った。


マイスターテネブはこれら全てが自身の背信のために起きたことであるように仕組み、証拠を残し忽然と消えて誰もいない所で自殺した。
マイスターボールガンは未完成のゲイボルグに乗って熾烈に抵抗し、ゲイボルグと共に壮烈に散った。
マイスターラティは続く喫煙と過労が重なった状態で、バカルの手によってゲイボルグが破壊される場面を見た瞬間の衝撃に耐えることができず、血を吐いて死亡した。
マイスタークリオはバカルの侵攻からかろうじて逃げた後、ゲイボルグの残骸を集め異空間に封印し、これまでの全ての研究結果をまとめ、後世に残した。
マイスタージャンヌはバカル軍の侵攻でプロジェクトが失敗するとその衝撃で早産してしまい、健康管理をしている間に全ての原因が自分の恋人テネブの背信であったのを知った後、絶望に陥りオードルイズに子供を残したまま自殺した。
マイスターオードルイズはプロジェクト失敗の後クリオを助け、ある日ジャンヌの子供を連れて忽然と姿をくらました。
マイスターエルディルはバカル軍の侵攻する二日前から行方が知らされていなかった。





第九章へ


関連記事
( 2011/02/10 17:51 )
マイスターって男メカの事だと思ってたけど女の人もいたんだね~・x・;
じゃぁメタルハートってなんだろ・x・?
[ 2011/02/11 09:59 ] [ 編集 ]
クリオの遺産!!
[ 2011/02/11 10:43 ] [ 編集 ]
>>ボン
メタルハートってのは超エリートであるマイスターになれなかった人達で新たに作り上げた地位であって、そこにいることで自分を満足させるために生まれた名称・・・

なわけねえだろーーーうぇえええええ

>>ソラきゅん
自分の愛用の武器も異空間に入れたのかな。
もしくはゲイボルグの装甲で出来た銃とか?!
[ 2011/02/11 12:19 ] [ 編集 ]
>>マイスターラティは続く喫煙と過労が重なった状態で、バカルの手によってゲイボルグが破壊される場面を見た瞬間の衝撃に耐えることができず、血を吐いて死亡した。

ワロタwwwwwwww

これ全部見て、マイスタ覚醒の意味が分かった!
[ 2011/09/21 14:36 ] [ 編集 ]
わろたとかひどすwwwwwwwww
メカの覚醒テキストがどんなだったかもう一度みてみたいです・・。
[ 2011/09/22 16:02 ] [ 編集 ]
7人マイスターとは関係ない奴だけど洗礼のヨハネも多分、魔界から来てるよね
天界唯一の剣士で魔法も使えるし。。まぁカルテル側ですけどね
[ 2012/03/04 15:36 ] [ 編集 ]
バカルの言ってるおよそ100年前にいた友人らって
カゴンの親父も含まれてるのかなw
天城の城主クエでカゴンの親父がバカルと交流してたみたいな事
言ってたし黒妖精の寿命は半端ないからな。
バカルも君らの種族って種族扱いで言ってるから
天界人のことではないしな
[ 2012/03/16 01:12 ] [ 編集 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。