episode20.暴龍王バカル 第七章 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

episode20.暴龍王バカル 第七章 











-----

第七章 天界の支配者
その塔は本当に外部への通路となっており、アラド惑星の天界と繋がっていた。 時空間の境界をつなぐ工法は全宇宙で唯一ルークのみが可能なことだろう。 バカルは塔を過ぎながらあちこちに漂う途方もない数の死体を見た。 恐らく塔の通路としての機能を試してみたのだろう。 バカルはその塔を[死者の城]と名づけた。


死者の城を通じてようやく天界に逃げてきたバカルだったが、天界ではこれ以上逃亡者の役割をしなくても良かった。 そこにはバカルを相手にできるほどの者がいなかった。 彼はまさに天界の支配者となった。 ルークが他の使徒に死者の城の位置を知らせない限り彼の天界の支配を牽制されることはなかった。


バカルは一気にこの世界の構造を把握した。 下では大きな大陸アラド。上には逆についている魔界。魔界は過去数十年の間この惑星から動かなかった。 ルークは魔界とこの惑星を繋ぐ死者の城まで建設した。 この惑星はまさにヒルダーの計画を遂行するための"彼の"惑星であることに間違いなかった。 それならバカルのすべきことは明らかだ。


全てのことをヒルダーの思い通りにならないようにすることが重要だった。 ヒルダーの目的は最終的にアラド大陸なのだから、その途中に位置したこの天界を切ってしまえばいい。 すなわち、アラド大陸に通じる空と魔界に通じる死者の城を封印すればいいのだ。


すべきことがもうひとつあった。 天界からの魔法を完全になくすことだ。 そうすることでヒルダーが天界に来た時、彼女の強い魔法力をきれいに感知できるはずだ。


しかし天界で魔法をなくそうとするバカルの本当の狙いは別にあった。


<ヒルダーが望むのは使徒らの死だ…しかしカインが私を殺すことができなかったように、自身の手で使徒らを直接殺すことはできない。 彼女にその程度の力を持っているわけもない。>


<’唯一試練で向けられた刃だけが我々の心臓を貫き、偉大な意志の元に回帰させるだろう…’ まさかヒルダーはこの惑星の未開な生命体らを訓練させ、いつかは使徒らを倒すことができると考えているのか? たとえそれが可能だといっても数百年、数千年はかかるはずなのに・・?>


その時バカルの頭に一つの考えが浮かんだ。


<彼女が私を天界を支配するように配置させたのももしかしたら彼女の計画のうちということもあるだろう。 バカルという試練を与えて鍛練させる。 そう。このバカルほど彼らに耐えられることができない大きい試練であると・・・。 このままでは彼女の手にもてあそばれることになるだろう。>


<それなら全てのことを彼女の思い通りにさせてはいけない。 彼女の計画とは違う流れにさせるほどのズレを作ればいいのだ。 このような緻密かつ巨大な計画はほんの小さなズレでも崩れるものだ。>


バカルは大きな怒鳴り声とともに空の果てまで這い上がった。


1296030976.jpg
「未開な生命体らよ。 私は貴様らにあえて想像することもできない最大の試練を与えるから一度強くなってみろ。 貴様らに潜在能力があり、プライドがあるならば万が一の可能性があるだろう。 だが、それはヒルダーの予想を遥かに超えるものでなければならない。 そうしてこそヒルダーの計画のズレを作り出すことができる。 私はヒルダーが信じる以上に貴様らを信じてみる。貴様らがいつの日かカインとヒルダーを始末できる日を思い描いているという話だ!! だが、魔法のような一つの力だけに依存しては絶対に彼らに勝つことはできない。 他の多くの力が必要だ。 必ず貴様ら自身で何かを見つけ出さなければならない・・・!!!」


この時から天界では魔法が禁止された。
天界の暗黒時代と呼ばれる500年はそのようにして始まった。





第八章へ


関連記事
( 2011/02/07 11:52 )
こんな事実を知っていながらプレイヤーサイドなのは
もどかしいなぁ・・・。

ヒルダー(アイリス?)の手の上で踊らされっぱなしじゃないか・・!
[ 2011/02/07 23:01 ] [ 編集 ]
今アラドの話の進み具合は起承転結の転にいる気がします。
ヒルダーの計画を知る使徒に会いに行って冒険者側でこれからどうすべきなのか悩むところまで進ませるのが今回のアップデートの狙いなのではと思います。
だから新異界でバカルやオズマが登場するんじゃないかな~と思います。

関係ないですけど今回の新ダンジョン追加で急に使徒2人を一気に登場させるなんて予想外すぎる!
[ 2011/02/08 17:20 ] [ 編集 ]
このおっきい人(?)は・・・バカルさん?
[ 2011/02/08 21:10 ] [ 編集 ]
すごく・・・大きい(バカル)です・・。
[ 2011/02/09 09:38 ] [ 編集 ]
バカルさんの言うように、カインさえも倒せてしまうほど強くなるのが冒険者にできる事なんでしょうね・x・v
[ 2011/02/10 12:18 ] [ 編集 ]
どうなんだろう、冒険者達が直接倒せるとはあまり思えないんだよな~。
今まで倒してきた使徒ですら、地形の不利だったり色々と街の人々からサポートを受けて初めて倒せた設定だったし・・。
使徒が万全の状態でこっちが自分の力のみで倒せることなんて話の設定上あり得るのか疑問でございますです。
[ 2011/02/10 21:53 ] [ 編集 ]
バカルはいいやつだと俺は思った。
思いました
[ 2011/09/26 22:11 ] [ 編集 ]
また1人バカルに魅了された人間がここにいるのであった・・・。
僕もなんですけどねw
[ 2011/09/27 08:53 ] [ 編集 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。