episode20:暴龍王バカル 第五章 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

episode20:暴龍王バカル 第五章 











-----

第五章 龍の戦争
「生命水を一人で占めて魔界を牛耳ろうとするとは。 そのようなことは放ってはおけません。 バカル様。」


「魔界を支配するといいなさい…それがこの多くの支援軍が集まった理由に…なるんだろう? 本当にもっともらしいなヒルダー。 暴龍王が良からぬことをしそうであると。」


「いくらあなたでもここにいる使徒すべてを一度に相手にできるとお思いでしたか。 あなたらしくありませんね。」


「そうだ。 本来使徒全てと対立する意図はなかったんだよ。 まあ私が手を打つ前にあなたが私より先にあの年配の使徒の方々をあなた側に引き込んだのではないのか? 私が生命水を得るのに成功したなら今よりはさらに面白いことが訪れたのに。 しかし私は大して目立ったことはしていないのにこんなに早い対応をするとは心から感心したよ。 ヒルダー。」


「互いに無駄に力を浪費せずに、素直に降参して下さい。 後ほど魔界がまた別の惑星に到着することになれば、そちらで開放して差し上げましょう。 希望されるなら、元々おられた龍の惑星に送りかえして差し上げることもできます。 もちろんその時まで拘束させては頂きますが。」


「君は今魔界が結着してしまったこの惑星から離れさせていないね。 そうだろう? すでに数十年の間動かないでいるではないか・・ ここが計画を実現させる惑星なんだろう…? 私をだまそうとしてはいけないよ。」


余裕があるように反論しているバカルだったが、状況は明らかに良くなかった。 ヒルダーと魔術師たち、そして何より手ごわい使徒らに囲まれ退路がなかった。 空中はヒルダーの魔法陣で詰まっていた。


<私が創造した生命体らは全て死んだのか? 使徒らを相手にすることはできなかったんだろうか。 これは厳しい…>


バカルはルークの建物で見た火に焼けて苦しむ龍の絵を思い出した。 あのように虚しく死ななければならないのかと考える瞬間、バカルの頭にある考えがかすめた。


「ところで…度々降参しろとは言うがさっきから気にかかる事があってね。 明らかに殺す機会はあったのに殺さないでいるのは…」

「まだ私に慈悲の心が残っているのかも知れませんね。」


「’我々が我々を死に至らしめることはない…’ ’我々が我々を死に至らしめることはない…’ ‘我々が我々を…’」


バカルは自分のつぶやきでヒルダーの顔にかすかな歪みが表れたのを見逃さなかった。 彼は自分を囲んでいる全てに素早く見回しながら大きな声で言った。


「そんなはずはないでしょう。 あなたのその遠大な計画を台無しにしてしまう可能性のある者を、殺すことができる時に殺してしまうこと以外に選択肢はないはずでしょうに….」


突然のことが起きた。バカルは最後の言葉がまだ終わる前に跳ね上がると、大きな羽ばたき一つでカインに全速力で突進した。 バカルの長い咆哮が鳴り響いた。バカルを囲んでいる中でカインが守っている側だけ群れを成さずにカイン一人で立っていた。 当然のことだ。 彼は絶対無敵のカインではないか!


カインは自分に向かって飛んでくるバカルを見、右手を挙げて力を集めた。 大地は震え、周辺の軽い物体はこれに耐えられることができずに渦を巻きながらあちこちを飛んでいた。 気が弱い者たちは一度に気を失って倒れた。 一方、バカルの長い咆哮はいつのまにか気合の声に変わっていた。 バカルがカインにあたる直前、カインは気を集めていた右腕を振り回そうとした瞬間、ギョッとした。 そして自分に向かって全速力で飛んでくるバカルを一度見つめては、直ぐに身体を回してバカルを避けた。 それは退路を開いてくれた格好になり、バカルはすぐに目に見えない所まで遠く飛んで行ってしまった。


皆一瞬の出来事に呆然としていた。 ただバカルが飛んで行った方向を、そしてカインを、そしてヒルダーを、交互に見つめているだけだった。 カインも自らの行動が理解出来ないことのように、自身の右手をあちこち改めて見ていた。


「追撃するか? ヒルダー?」


イシス=プレイだった。 彼は集まった者たちの中で唯一空を飛ぶことができた。


ヒルダーはバカルが消えた方向をじっと静かに見つめて、イシス=プレイの質問にようやく答えた。


1296030476.jpg
「構いません。プレイ様。 あの速度ならば一歩遅れて出発するプレイ様が追いつくことはできないでしょう。 その上この魔界にはもうこれ以上行く所がないでしょうから、魔界の外へ逃げると思われます。 今日は彼の最後の日ではないようですね。 しかし彼の限りない欲は結局彼を破滅に追いこむことになるでしょう。 今日はこのまま撤退します。 皆様お疲れ様でした…。」


ヒルダーはこの日もやはり泣いているような姿だったが、この時だけは確かに気分が良かったのだろう。 永らく彼女が夢見てきた計画の第一歩がようやく歩みだしたのである。







※生命水
'飲めば永遠に生きることができる'という噂がある水(?)。 永遠水とも呼ばれているが、本当に液体なのか、どのような記録として残されているのか実体が確認されたことがない。 しかし第二使徒ヒルダーが魔界の生成初期の頃から存在していたことをみれば実体が何であれ'永遠の生命' を与える力はあるようだ。 これのためにバカルの龍の戦争と魔界会合など多様な事件が起きた。 現在はアイリスが永遠水に対する情報を持っていると伝えられている。





第六章へ


関連記事
( 2011/02/04 10:20 )
こういったわけでバカルさんが3次クロニクルを落とすのか!!
[ 2011/02/05 12:19 ] [ 編集 ]
つまり・・・どういうことだってばよ
[ 2011/02/07 12:21 ] [ 編集 ]
自分達ではトドメを刺せないから冒険者に・・・ヒルダーさん悪女すぎる><。
[ 2011/02/10 12:08 ] [ 編集 ]
テラ出身の方々は皆先見の明がありすぎて何を考えているのかわからんで・・。
[ 2011/02/10 21:47 ] [ 編集 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。