episode20:暴龍王バカル 第三章 Arad is my life

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




( --/--/-- --:-- )

episode20:暴龍王バカル 第三章 











-----

第三章 預言者

その日もいつもと特別変わったことはなかった。 私はただ暇そうに魔界の空を飛んでいた。 暗い中でも新しくできた建物がかすかに見えた。 これは全てその建築家の創作した作品だった。 [ルーク]といったのか。 話をすることができない老人であった。 狂ったように建物だけ作る動きが、ぼければ生命体がどうなるかを一生懸命見せていた。


1296029438.jpg

ルークは建物を作り出すこと以外にも、時々だが魔界に電力が入ってくるようにした。 本当に魔界に火が入ってくるとは。 もちろんそれには容易ではない条件がついていたが。
“メトロセンターに住む[アントン]が寝ついた時。”
“その時にルークが電力を生かしておく余力があったら。”


高度を上げて街を見下ろしていたあの時も、偶然に電力が来た時だった。


<まばらに入ってくるあかりで都市をより一層歪んだように見せてあげるよ。>


火はちょっと入ってきたがすぐに消えた。 もう帰ろうと背を向ける瞬間、何か発見した。 いや、何か発見したようだった。


<火が入ってきた時、あの建物・・ 明らかに普通のとは違ったように見えたが…偶然なのか。>


先ほど火が入って来たのだから、メトロセンターに行けばルークを見つけることができるだろう。 私は全速力で飛んだ。


「おい、だんまり創作家。 電力をまた入ってくるようにできるか。」


ルークを発見するやいなや地上に降り立ちながら叫んだ。 だが、ルークは何も返事をせずにしていることを続けていた。


「私が何かを見たんだがね。 もう一度確認してみたいんだ。」


ルークは振り返ることもしなかった。 私の話が聞こえていないようだった。 私は自分の巨大な胴体をふわりと飛ばしてずしんとする騒々しい声をあげるとともにルークのすぐ前を防いで立った。 ずしんとする声は巨大な壁と鉄の塊にあちこち跳ねながら絶えず響きわたっていた。 メトロセンター全体が揺れた。私は発電機を示して言った。


「あの、邪魔して申し訳ないが、電気をちょっと・・ また入ってくるようにできないか?」


創作家が聞くことができたか否かは関係なかった。 私は言葉より圧倒感と丁寧さが伝えられるかどうかを望んだ。


ルークは初めてしていたことを止めて、静かに私を見上げた。 実際に“見た”というのは推測であるが。 中が覗き見れないメガネのために彼の目がどこを向いているのか分からなかった。 ただ私の方に顔を向けて立っていたというのが正確な表現だった。 彼はしばらく私を眺めるばかりだったが、やがてひげづらで覆われた口がもごもごと動いた。


「創作家は、私に言いたいことがあるのか。 そういえば、その建物は全てあなたが作ったものだな。」


ルークは私の方に向いていた顔を再び自分のところに持ってきてしばらく考えていると、そのままこつこつ歩いていっていくつかのスイッチを触った。 すると大きなモーターが回る音がし始めた。


モーターが回ることを確認した私は土地を蹴飛ばして、さっきの形状が見えた所に行った。 そこから周辺の空をぐるぐる回りながら、再び電気が入ってくるのを待った。 やがて遠くからジジジ、バンとけたたましい音が連続的に聞こえてメトロセンター周辺から順番に電気が入ってきた。


やっと確認することができた。さっきは鮮明に見られなかったどんな光景かを。


目の前で龍一匹がごうごう燃え上がっている火の中で首を長く伸ばし泣き叫んでいた。 建物の形と入ってくるあかりを利用して粗悪に仕上げた象徴的なイメージだったが、この絵を描いた者の意図は明らかだった。


“バカル、よく見ておけ。 これが君の死の姿だ。”


急に背筋が寒くなった気がした。ただこれが私を描いたという証拠はなかった。 ただ一匹の龍であるだけだから。 しかし魔界で龍族は私以外はおらず、私の知る限り私以外にルークが知っているドラゴンはこの宇宙に存在しなかった。 私がすぐに龍らの王になったではないか。


ところがそれだけではなかった。 龍が燃えて死ぬその絵の周辺には三種類の形があったが、それぞれに各々の生命体の死が描かれていた。



一つは形状が曖昧な何者かが洞窟の中で体が散らばって消えていた。
もう一つは脚が複数あるが、崩れる石の山に敷かれて死んでいた。
最後の一つは四つ足で歩く、口がにょきっと飛び出ている者がどこか別の空間に吸い込まれていって肉体がばらばらに裂かれていた。


私は彼らが誰なのかを知っていた。


<使徒らの死だと...あの創作家が預言者とでもいうのか?違う。単に狂っているだけだろう。>


しかし狂っているのは私であるように見えた。巨大になった何百個ものルークの顔が空を覆うと同時に、私に話をしているから。


「そうだ、君がそのように見たいというから見せてあげたが…。果たして君に耐えられることができようか…?」


もしかしたらこれは予言ではなく警告であるという気がした。 ヒルダーが使徒を魔界に集めている理由が正にこれだと..


ルークに帰って確かめてみようと思ったがやめた。 "だんまり"という行為は、あのダメな創作家としてはどんな尋問にも言い逃れるには最適の方法であると考えられたからだ。 実際そのように見れば、彼が実は物を言えないふりをしている可能性もあるだろう。


結局、自分で全ての事を調べなければいけない。





第四章へ


関連記事
( 2011/02/02 12:22 )
火と電気は同じなんですか?・x・
火○さんはエレクトリックスチールに進化できるんですか?・x・v
[ 2011/02/03 21:59 ] [ 編集 ]
  ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙t,
     彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r''ソ~ヾ:;;;;;;゙i,
     t;;;;;;;リ~`゙ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    i,;;;;;;!
     ゙i,;;;;t    ヾ-‐''"~´_,,.ィ"゙  ヾ;;f^!   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ト.;;;;;》  =ニー-彡ニ''"~´,,...,,.  レ')l. < おまえは何を言っているんだ
     t゙ヾ;l   __,, .. ,,_   ,.テ:ro=r''"゙ !.f'l.   \____________
      ヽ.ヽ ー=rtσフ= ;  ('"^'=''′  リノ
    ,,.. -‐ゝ.>、 `゙゙゙゙´ ,'  ヽ   . : :! /
 ~´ : : : : : `ヽ:.    ,rf :. . :.: j 、 . : : ト、.、
 : : : : : : : : : : ヽ、  /. .゙ー:、_,.r'゙: :ヽ. : :/ ヽ\、
  :f: r: : : : : : : : !丶  r-、=一=''チ^  ,/   !:: : :`丶、_
  : /: : : : : : : : :! ヽ、  ゙ ''' ''¨´  /   ,i: : : l!: : : : :`ヽ、
 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\
 ノ: : : : : : : : : : :丶   : : ::::::::: : : :   /: : : : : : : : : : : : : : : :\

[ 2011/02/04 06:48 ] [ 編集 ]
もう一つは脚が複数あるが、崩れる石の山に敷かれて死んでいた。
ロータスさんかな?
最後の一つは四つ足で歩く、口がにょきっと飛び出ている者がどこか別の空間に吸い込まれていって肉体がばらばらに裂かれていた。
村長か!

一つは形状が曖昧な何者かが洞窟の中で体が散らばって消えていた。
だれ?w

[ 2011/02/05 12:07 ] [ 編集 ]
最後のはシロコだな!
シロコって実はお姉さんなんやで、知ってた?
赤髪で長髪なんですハァハァ
[ 2011/02/07 12:06 ] [ 編集 ]
形状が曖昧な何者かが洞窟の中で体が散らばって消えていた。
これはシロコかな?
脚が複数あるが、崩れる石の山に敷かれて死んでいた。
これはロータス
四つ足で歩く、口がにょきっと飛び出ている者がどこか別の空間に吸い込まれていって肉体がばらばらに裂かれていた。
ディレジエかなぁ
[ 2012/08/15 16:18 ] [ 編集 ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。